kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

出産! ~産院による違い~

今回の出産は、王子様とは違う産院を選んだ。
王子様の出産のときに医者の対応がちょっと『?』ということがあったり、産婦人科なのにHPを見ると美容系のことを色々手広く始めたようで、それにもちょっと不信感があったりしたからだ。

出産なんて何事もなければどこの病院でも同じじゃないのか、と思っていたが、案外そうでもないようだ。

ふぅちゃんを産んだ産院は、割と無痛分娩を多く扱っていて、麻酔科の先生も常勤している。前の病院では産科の先生が麻酔もかけてくれるそうで、一緒の時期に入院していた人たちはほとんど普通分娩で出産していて、無痛を選択した人はたった一人だった。
彼女の話を聞いてびっくり。最後のほうは麻酔が切れてきて、会陰切開の傷を縫うときには痛みがあり、「痛いです」と訴えたが「もうちょっとだから我慢して。出産の痛みがなかったんだから最後少しくらいは痛みを経験してもいいんじゃない?」と言われた、と。
気持ちは分からないでもないが、その言葉はどうなのかと思った。

大きい違いは母乳のケア。
王子様のときは出なくて苦労したが、産院はほとんどおっぱいのことに関してはノータッチ、という感じだった。しかも飲む前と飲んだ後と体重を測定して、一度にどれだけ飲んだかをチェックし、体重計のところにあるノートに書き込むことになっていた。当然まわりのお母さん達がどれくらいおっぱいを飲ませているかが一目瞭然で分かる。
入院中はそのノートに書き込む数字が『0』とか時にはマイナスとかだった私は、他の人たちが順調に数字を増やしているのを見て深く落ち込んだ。
今回の病院は、最初は糖水やミルクを足すという方針ではあるものの、毎日ベテランの看護師さんたちがおっぱいのマッサージをしてくれた。張りが一番ピークのときはその容赦ないマッサージが声をあげてしまうほど痛かったが、里芋の湿布をしてくれたり「今は痛いけどでるようになるわよ」と不安を取り除いてくれたりして、おっぱいに関しては本当にありがたかった。
しかも体重測定も必要なく、結局入院中赤ちゃんの体重は知らなかったくらいだ。

あとは細かいことだけど、前は食堂のテーブルの数が少なくて、合宿のように他のお母さんたちと同じテーブルでおしゃべりしながら食べていたが、今回は食堂が広くて気楽に一人でゆっくり食べることができた。私のように人見知りな性格の人にとってはこれも良かった。

今回のお産は快適で回復も早く、この産院を選んで本当に正解でした。


ふぅちゃんの寝姿。
a0079354_14594552.jpg










同じ頃の王子様の写真を出してきた。
a0079354_14595759.jpg









赤ちゃんはこの『おっさん寝』が好きなのでしょうか。
なんだかこうやって見るとふぅちゃんはずいぶんしもぶくれ。
私に似ている、とたまに言われるのはこのほっぺのせい?
[PR]
by kumako-93 | 2008-07-04 15:03 | 育児
<< 出産! ~産後の安静度は?~ バトル再び・・・ >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧