kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

癒えぬ筋肉痛

休みはうれしいが、子供を連れての長距離移動はできれば避けたいものだといつも思う。
でも『実家でのパラダイス』のことを考えると、一時的な苦労はしかたないと今年も実家に帰省した。

今回はふぅちゃんと私の二人だけ。
王子様はおとーさんが夏休みだったので念願の寝台特急に乗るべく一足先に出かけていたのだ。
王子様とバイバイをするのは初めてではないが、いつも私が「行ってくるね。いい子でね。」と見送られる側だったので出かける王子様を見送るのが寂しくて寂しくて。
私が寂しがっていると
「おかーさんはあとでふぅと一緒に飛行機で来てね。ボクが迎えに行ってあげるから。我慢してね~~」
と。いつの間にこんなしっかりしたことを言うようになったんだ。
こうやって段々私の元を離れていくのかしら、と思うと余計に寂しくなりウルウルきてしまった。

ふぅちゃんも一人っ子気分を満喫して普段貸してもらえないおにーちゃんのおもちゃを独り占めにしていたがどこか張り合いがなく遊び相手もいないせいかいつもより早くに寝てしまった。

翌日私の半日の仕事が終わってから空港へ。
空港まで寝ずに、飛行機の中で寝てくれたらいいなと思って出かけた。
新幹線ではずっと通路をうろうろうろうろ。
しょっちゅうしりもちをついたり転ぶけど助けを出すと「触らないで!」と怒るので後からただただ付いて回る。地面についた手をちゅーちゅー吸っているが見なかったことに。
時間も遅かったのでモノレールに乗るくらいに寝てしまった。
ふぅちゃんは王子様のときから使っている大きな布のスリングが嫌いらしいので今回お尻のところがメッシュになっている輪っか状の抱っこ紐を使ってみた。
これが大失敗で、一番小さいサイズにしたのに長すぎてただでさえずりおちそうになるわ、安定性が悪くて結局両手で抱っこしないといけないわ肩に食い込んで痛いわで変な汗も含めて汗だくに。
化粧もすっかり落ちてかなりすごい形相になっていたのだろう。モノレールの中でボックス席を涼しい顔で占領していた若い女の子が私の顔と今にも落ちそうな子供、大きなかばんを見てハッとした様子で椅子においていた自分の荷物をよけてくれた。
そのまま寝てくれるかと期待したが、空港に着いたところで起きてしまった。

最悪にも寝足りず機嫌の悪い状態で飛行機へ。
もちろん満席。時間が遅めのせいか子連れはほとんどいない。
隣は明らかに子供はいなさそうな若い女性。
ふぅちゃん、足が短いくせになぜかどういう体勢にしても足をぐいっとのばして隣の女の人の腿を蹴る。こっちを向いたりあっちを向かせたりとにかく色々試してみたけど、故意としか思えない感じで足を伸ばしてやっぱり蹴る。
ごめんなさい、ごめんなさいと謝りつつ左手でふぅちゃんの足を制しつつ右手で抱っこ。しかもふぅちゃんの足がシートとか私の足とか下に付くと「イヤだ~~」と暴れるため宙に浮かしていなければならない。
狭いし慣れない環境のせいかいつも以上にごそごそ暴れてますますご機嫌が悪化していく。
やっとシートベルト着用サインが消えたため立ち上がって抱っこし、あやそうとするととたんにCAがやってきて「危険ですので座ってください」と。
分かります、そう言うのが決まりなのは。
でもこの状況見たら、ちょっと大目に見て欲しいと思うのは私のわがままだろうか。
仕方なく座るとまた暴れだす。
おやつをあげてみたが、静かになったのはホンのひと時でまた「もういらない!」とぐずりだした。

ぐずったといっても特に大きな声で泣くとかではなかった。
たまに「ふぇ~」とか「ぎゃ~」とか、私的にはたいしたぐずりではないと思ったのだが(親になるとかなり閾値が高くなりたいていのぐずりは平気になる)、ちょっとした声を出すたびに斜め前の男がチラチラとこちらを見る。非難なのかチラ見の目的は分からないが、「あの子かわいいな」という視線では明らかにない。まあ、数年前までは私だって睨む側でした。でもこっちも色々努力はしているんですわ。
「あの客、注意したのに立ってるよ」と裏で言われているかもしれないが、少しでも迷惑にならないようにまた立ち上がる。立ち上がってゆらゆらすると少し心地いいようだ。
そう思っているとまたシートベルト着用サインが。
これほど長い1時間は初めてでした。

でも王子様の顔を見るとその疲労感も吹き飛びました。
神戸でも相変わらずハイパーなんとかのおしゃべりで忙しいようでしたが。

どうやら寝台特急に乗る前におとーさんにおもちゃを買ってもらったよう。
「何を買ってもらったの?」
と聞くと、
「あのね、おもちゃ屋さんに行ったの。そしてね、ハイパーなんとかを買ってね。おとーさんがおかーさんには内緒と言ったんだよ」
と簡単に暴露した。フン、私に秘密を作ろうなんて10年早いのよ。

私の元を去るのはまだまだ先だ、と少し安心したおかーさんでした。。。
[PR]
by kumako-93 | 2009-08-15 00:18 | 育児
<< お盆にやってきた者とは・・・ 母の悩み >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧