kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

クリスマスプレゼント

サンタさんの存在って何歳くらいまで信じているんだろう?

本当は本人の意向をさりげなく聞きつつ一応はサプライズでプレゼントを用意するべきなんだろうけど、近くに親戚がいるためにそれぞれがプレゼントをくれる感じになっている。
結果「おばあちゃんには○○、おばさんには××、おじーちゃんは△△・・・」と王子様もあれこれほしいプレゼントを考えているらしい。
なんだかそれも夢がないので
「じゃあおばあちゃんがサンタさんに○○ってお願いしてくれるって。」とそれぞれがサンタさんに代理で頼んでくれるという形にしてみたが、どう考えてもややこしい。サンタからも「まとめてくれよ、この時期いそがしいんやから。」と言われそうだ。
この方針で行くと、サンタさんがいないという事実に気づくのもけっこう早いような気がする。


そういうわけでいろいろうれしいプレゼントをもらったわけなのだが、私からはカードゲームを2種類。
そのうちのひとつはヘビのゲーム。
トランプのサイズのカードにヘビの頭、胴体、しっぽが描かれている。色も5種類くらいに分かれている。カードを引いて同じ色のところにどんどんつなげていき、ヘビの姿が完成するとそのヘビが自分のものに。最後に一番カードを多く持っている人が勝ち、というとても単純なゲームだ。
簡単なので王子様もすぐにルールを理解することができて私と二人でやってみた。
カードを引く順番も守れるし、王子様が勝ち、私が勝ち、と順調に何度か勝負をした。
そのうちに私が長いヘビをゲットしたりして、私の勝ちが何度か続いたくらいからちょっとおかしくなってきた。裏向けたカードをめくっていくので、勝たせてやることも出来ないんですよね。
次の勝負で私がもらえるはずのヘビを欲しいと言い出した王子様。
え?っと思ったが「じゃあ今回だけね」とそのヘビをあげた。
そうすると次の勝負でも。
ハイハイと聞いてあげたらよかったのかもしれないが、私昔から相手が子供でも手加減して勝たせてやるっていうのがなんか気に入らないんですよね。大人気ないですが。
「真剣勝負なんだから、そういうのはなしよ」と言ったらもう大変。荒れて荒れて。
結局それ以来そのゲームはしていない。

でも考えてみたら、私もけっこうな年齢まで同じようなことをしていたなあ。
ズルまではしなくても、自分が勝てるまで勝負を続けようとしたり負けるとすねてみたり。

たぶん多くの子供が経験することなんだろうけど、いくつくらいになると真剣勝負できるようになるんでしょう。

お年頃か近頃ちょっとしたことでキーキー荒れる王子様。
「そんなことしてたらサンタさんが・・・」という手も今や通用しなくなってしまった。
また『又三郎』の出番でしょうか。。。
[PR]
by kumako-93 | 2009-12-31 00:13 | 育児
<< とんだお正月 元気なお嬢様、新幹線に乗る >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧