kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:つぶやき( 162 )

癒しとは ~善人と極悪人のはざまで~

少し前の事ですが、友人とある歌手のコンサートに行ってきました。

歌手?シンガーソングライター??
コンサート?ライブ??
ネット?ウェブ??

おばやんには最近どの言葉を選べばいいのかよく分かりません。
そしてたびたびウィキペディアで調べたりします。

そうそう、その人はデビュー25周年らしく。
その人の歌を聴くと、中学の時仲の良かった友人を思い出します。
当時光GENJIが最盛の頃だったのだけど、私はなぜかあの人たちをちょっと恥ずかしい、と思っていて。まわりの女子には言えなかったけど。
私はビートルズにはまっていた頃。友達のお姉さんのLPをカセットにダビングしてもらいよく聴いていました。ちょうどCDとLPの移行期でした。

今年の春ごろ、偶然その人の曲を聴く機会があり、あまりに懐かしくて思わず笑っちゃいました。
人ってあまりに懐かしいと、泣くというより笑ってしまうものなのかも。
そして調べたら、アルバムを出したところで25周年記念のコンサートツアーをやっているとか。

速効チケットをとりました。

近くの会場に聴きに行ったら、生歌ってやっぱりいいですよね。
あまりに良かったので、最終日のチケットも取って行ってきました。

人は十分に癒されるとすごくいい人になるみたいで。。。
ライブに行った後しばらくは毎日心穏やかで子供たちにも優しく、夫にもニッコリの人に。

ただ、6日目の夜にスイッチがプチって切れた音がして、その後しばらくは反動で極悪人に。すべての事が腹立たしくなってしまいました。
どうやら、週に1回くらい聴きに行ったほうがいいようです。

どうも最近、新しい音楽を聴いてみたりするよりも、昔聴いたものを聴き直してその時代に浸る、みたいな傾向があって。
それはまさしくおばやんの始まり。。。

あとタオルハンカチを持つようになり、連続ドラマが見られなくなり(録画も無理、DVDが出たら見ればいいと開き直る)、ブルマーの如くガードル履いてないとスースーして落ち着かなくなるとこれはもうおばやんの完成形だ。

あ、私もう完成しちゃった…。


そうそう、その歌手は来年もやるって言ってたので、またその時は癒されに行きたいと思います。

ちなみに久しぶりにその人の歌を聴いた後、懐かしくなって例の中学時代の友人にメールしてみたら宛先不明で返ってきました。
そんなもんです。
[PR]
by kumako-93 | 2011-12-13 00:59 | つぶやき

パンダ

パンダ~!

ついに行ってきました。

実は獰猛な生き物だというけれど、あのコロンとした丸さがたまらなくかわいい。
売店も周囲の店もパンダ尽くしで、レンタル料は高いけど、それなりの経済効果はあるんではないだろうか。

パンダ不在のとき、その場所にかわりにレッサーパンダが入れられていて、役不足と思わずにはいられなかったけど、そのレッサーパンダ達はパンダが来てかなり目立たない場所に追いやられていたのがなぜか哀しかった。
レッサーパンダ的にはそのほうがいいのかもしれない。
[PR]
by kumako-93 | 2011-11-03 01:09 | つぶやき

家電好きが狙っているもの

私は電化製品が好きだ。

電化製品に限らず、「これがあったら楽かも。おいしいかも。たのしいかも。」と思わせてくれるあれこれが好きだ。
まさにテレビショッピングのいいカモである。

今までにもたくさん買った。
買ってよかったもの、失敗したものがたくさんある。
一番よく使っているのはフードプロセッサー、コーヒーメーカー、パン焼き機。
買ってはみたものの、使わず棚の奥にしまってあるもの。
ミキサー。これは王子様が「ミックスジュースが飲みたい!どうしても作りたい!」というたっての希望で、私も朝野菜やフルーツのジュースを飲んでダイエットをしようかと思って購入。
結果、王子様はやっぱり店のジュースほどなめらかにならない食感がどうしてもイヤだと飲まず、私も朝からジュースを作って、ミキサーを洗うほどの余裕がなくやめた。後で、と思ってジュースが乾いちゃうとなかなか取れないんですよね。
メランジュールロボ。これは機械でパンの生地をこねられるという優れ物。けっこう最初は使っていたんだけど、途中でパン焼き機を買ったら食パンも成形パンもパン焼き機のほうが発酵までしてくれて簡単ということでお役御免に。仕事始めたら成形パンはなかなか作れませんし。
ドーナツメーカー、ワッフルメーカー。うーん、単純にドーナツはミスドのほうがおいしい。ワッフルはあの凹凸を洗うのが面倒。食洗機ではテフロン加工が取れてしまう気がして。鯛焼きも作れるプレートもあるんだけど、完全に買ったほうがおいしいし、あんこをその少量のために買ったり作ったりするのは非現実的。
あとは自動お掃除機。
発想はいいんですよ。意外ときれいにもなるし。
ただ、やっぱり掃除機はかけてくれてもお片づけをしてくれるわけではなく。その前段階であるお片づけをしないと、掃除機も自由に動けず、また変なものを吸いこんでしまったりつまづいて止まってしまったりで。まず片づけをしてくれるロボがほしい!
子供たちがもう少し大きくなったらまた登場するかもと、捨てずにしまってあります。

今けっこう気になってるものがいくつかある。
私が気になってるということは高率に買ってしまう可能性が・・・。

一つはスロークッカー。
欧米では各家庭に1個はあるという、関西人のたこ焼き器てきな家電らしい。
朝この鍋に放り込んで6~8時間後、煮込み料理が完成しているという。
働いている私にとってはかなり魅力的だ。
不安要素も少しあって、実際朝下ごしらえをする時間があるのかどうかということと、スイッチを入れ忘れた時の喪失感ったらないな、ということ。夕方帰ってきて、さぁ!と鍋のふたを開けた時のあの「しーん・・・」という感じ。忘れっぽい私なので、絶対に何度かやってしまうに違いない。
結婚した時に、10分ほどガスで煮込んでその余熱で何時間も保温することによって調理をする、という鍋を買って、その当時はよく使ったんだけど、一回失敗して開けるのがちょっと(っていうか半日くらい)遅くなってしまった時に、きれいに腐っていたことがあり、それ以来トラウマで使わなくなってしまった。多分40度とかその微妙な温度が、菌にとってはパラダイスだったのでありましょう。

もう一つはスープメーカーなのですが、よく考えたらスロークッカーがあればスープも作れますよね。

あー魅力的。帰ってきて一品出来てるってすっごくいいと思うんですけど。。。
誰か持っている方がいたら教えてください。
[PR]
by kumako-93 | 2011-09-11 23:34 | つぶやき

縁日で その2

翌朝のこと。

ご飯を食べたあと子供たちと一緒に金魚のえさをあげに行きました。
水槽に「おはよ~」と話しかけて覗き込んだのですが、しろちゃんがいません。
もしかしてまた元気がなくなった?と水車小屋の裏とか水草の間なんかを探しましたが、その姿が見えません。神隠しにあったようなものです。
夫に聞くと「浮いてるんじゃない?」と残酷な返事です。でもやっぱり浮いてもいないのです。

そのとき私の隣にいたふぅちゃんが声にならない声で私のことをはっと見ました。
ふぅちゃんの手のそばを見ると、しろちゃんが床でぴちぴちしているじゃないですか。

あまりのことに私は動転して何ですくえばいいんだろう、濡れたハンカチとかがいいのかなと「キャーキャー」叫びながらあたふたするしかできません。
見かねた母が素手でぽいっと水槽に。あっさりしたもんです。

そういえばご飯を食べているときに「ピチャン」という不思議な音がしたんですね。
「何かの水漏れ?」と私と夫がいろいろ探しましたが見つからず、結局風呂場のシャワーから水滴が落ちたのかな、ということになりました。
あとから考えるとあの音はしろちゃんが水槽から飛び出た音なのでした。

しかし不思議です。
水槽にふたはしてあったのですから。端に餌を入れたりろ過システムのスペースはありましたが、最大で2cmほどの隙間です。そこからどうやって飛び出たのだろう・・・。

後でよく見てみたら、しろちゃん、外に出てしまっただけではなく、夫が開けたドアの扉に20cmほど引きずられたようで・・・。転々と弧状にうろこが床についていました。
あーー、かわいそう。。。しかしつぶされなくてよかった。

こんな大惨事にもかかわらず、しろちゃんは水槽に戻った後も普通に泳ぎ回っています。ただうろこが剥けてしまっていて痛々しい。うろこって再生したりするのでしょうか?

王子様はこの事件のことを早速絵日記に書きました。
しろちゃんの絵をかいて横に「ぴちゃん」というコメント。しろちゃんの口がへの字に曲がっています。

本来であれば飼いたいと言った王子様が餌をあげたり世話をするべきなのですが、結局やっているのは私です。
とはいえ、私もだんだん情が移ってきてかわいくなってきました。だって、二匹は金魚のくせに私がご飯をくれる人というのをすでに知っているらしく、私がそばを通ると水面に出てきてパクパクします。我が家で私のあげるご飯をこんなに喜んで待ち望んでくれるのはこの子達だけだわ、と思うとかわいさもひとしおです。



金魚がうちに来てしばらく経ちましたが、
「世話をするから!」なんて言ってた王子様ですが、結局せっせと餌を上げたり水槽を洗ったりしているのは私。
子供ってそういうものですよね。金魚以外の動物を許さなかったうちの親の気持ちが分かるようなきがする。
[PR]
by kumako-93 | 2011-09-06 22:25 | つぶやき

縁日で

少し前の事です。

町の夏祭りをやっていたので行ってきたのですが・・・。
お祭りの金魚すくいなんていうものをまだやっているのですね。
王子様がみて「やりたい!」と。親的には金魚を飼う設備も持ってないし、6歳の息子が無策で挑んでもあんな薄っぺらい紙はすぐに破れるし、どう考えても無駄だろう、と思ったのですが、思い起こしてみれば私だって幼いころ、お祭りのたびに金魚やらひよこやらを連れて帰ったもんです。
そしてひよこは家の中に入れることを許されず朝になると死んでいた、ということが何度か。。。珍しく金魚は割と長い間家にいました。
まあ、そろそろ生き物を飼うというのもありかなと思いやらせてみたら、予想通り、薄っぺらい紙は一瞬で破れ、そしておじさんが網で金魚を2匹、おなじみのひも付きのビニール袋に入れてくれました。
後から王子様、「あのおじさんが持っていた網ってすごいよね。あれですくいたい!」と無邪気に言っていましたが、そんなことしたら商売あがったりです。。

その日は夕方でお店も閉まる時間だったためバケツの中で一晩我慢してもらいました。

翌日開店時間にホームセンターへ。
最近では『金魚飼育セット』なるものが何種類もあるのです。
そして私はあのぶくぶく泡が出るエアーは必須アイテムと思っておりましたが、最近では『ろ過システム』があればエアーは不要とのこと。
数あるセットの中で真ん中くらいのランクのものをセレクト。(さかなクン監修です)
ほかに水草、水車小屋の飾り(王子様リクエスト)、下に敷く砂利、カルキ抜き、餌を購入。家に帰って暑い中説明書と格闘してなんとか金魚のおうちを作りました。

さっそく王子様、赤い金魚を「きんちゃん」、白地の金魚を「しろちゃん」と名づけました。あまりに安易なネーミングです。

水槽に2匹を入れると、きんちゃんは元気に泳ぎ回っていますが、しろちゃんは水車小屋の陰に隠れてあまり動きません。
付録の「飼い方ガイド」によると、数日は餌をあげないほうがいいとありましたが、ためしに少し餌をあげてみました。きんちゃんは元気に勢いよく食べていますが、しろちゃんは食べようとしません。
そのうえきんちゃんがしろちゃんの尾びれやおなかをつんつんつついたり、水槽は広いのにわざとくっついて泳いだりしています。
ネットで調べてみると、「いじめている」「弱いほうが病気」「産卵のしるし」「メスへの求愛」などというコメントがありましたが、どれが本当なのかはわかりません。

もう少し調べてみると、水を塩水にすると免疫力を高めてよい、とありましたが、0.5%の塩水だとすると、水槽に100g以上の塩を入れないといけないのです。なんだか恐ろしい気もして躊躇しましたが、しろちゃんを見るとやっぱり元気なく動きません。

少し弱気に70g位の塩を入れてみました。

そして翌日。あの元気のなかったしろちゃんがなんと元気に泳ぎ回っているではありませんか。そしてえさもぱくぱく食べています。
恐るべし、塩水パワー。

きんちゃんは相変わらずしろちゃんにちょっかいを出していますが、前日とは別人(別魚?)のように軽やかに逃げ回っています。

これで一安心です。

ところが珍事件はこれから起こるのです。。。
[PR]
by kumako-93 | 2011-09-05 22:17 | つぶやき

我が家の新入り

家を建てて7年ともなりますと、色々なところにガタがくるものです。

例えばウッドデッキ。
工法などによって寿命は様々だと思いますが、うちのは少し前から基礎の木が腐って歩くとたわむところがあったため、今修理中です。
例えばカーポート。
これも既製品ではなく木で作ってもらったのですが、雨水が少しずつ木に浸透していたらしく、触るとぐらぐらしたので、新しいものに変えました。
地震の前に変えておいて本当に良かった。
しかも柱の幅が大幅に広まったので、車の出し入れが楽。
今までは切り返し切り返しでやっとこさ入れていたので、車を入れてから買い忘れたことに気がついても「また今度」とあきらめることがしばしばでした。

あと洗濯機…!

この洗濯機には何かと苦労させられました。
最初からトラブルが多く、ただ外国製だったので近くに修理ができる人がおらず、そのたびに隣の県にある修理屋さんから来てもらい、出張費だけで2万円ですよ、2万円…!
こういう出張費って、会社が払うべきものなんじゃないかと今でも思うんですが、どうなんでしょう。
あとドラム式は叩き洗いのためかタオルが半端じゃなくゴアゴアになるんですよ。
そのためタオルはいつも乾燥機。
夫が「洗剤が残っている…!」とヒステリックに叫ぶので仕方なく普通の洗濯コースの後にもう一度すすぎコース。そして乾燥機。
何時間かかるねんっっ。それに電力消費量すごいし。。。
念願の国産・縦型フツーの洗濯機をゲットいたしました。
今までのドラム式は建て付けだったので、上の台を全部ぶちぬきました。

フツーであることがこんなに素晴らしいとは。。。
洗濯が1時間以内に終わるんです。
洗える量も多いし。



最近つくづく思うのが
「見た目で選ぶな。中身で選べ。」ということ。

私の人生、ことごとくこれで失敗してきました。
そろそろ学習したいと思っています。
[PR]
by kumako-93 | 2011-08-17 23:26 | つぶやき

解放感

お久しぶりです。

やっと終わりました!

今日仕事の試験があって、この数カ月時間を作ってこまごま勉強していたのでブログを更新する時間が全くなかったのです。ブログどころか、家も荒れ放題だしご飯もお惣菜で済ませたりすることも。(逆に子供たちに喜ばれたりして微妙な気分になる)
それもやっと今日終わりました。

出来は全然で、この私が久しぶりの東京で試験の帰りにお買い物にも寄らずまっすぐ家に帰ったくらいで。。。
落ち込みましたが、一人で久しぶりにお酒を飲んで『アグリ・ベティ』を見たらなんだかまた明日から前向きに行こうという気持ちになりました。
今の日本に起きている色々なことを考えると、こんな試験に受からないくらい屁でもないという感じでしょうか。

『アグリ・ベティ』私のお気に入り海外ドラマです。

久しぶりにツタヤに行ったら新しいドラマがたくさん出ていて、また寝不足になりそう。

というわけで家事業もさぼれるだけさぼっている私ですが、子供たちは生きています。

また小出しに色々出していきます。
明日からまた月曜日、ぼちぼちがんばります。
試験が終わったら、、、と色々リストにしていたことを少しずつやっていきます。
[PR]
by kumako-93 | 2011-08-08 00:00 | つぶやき

原発事故と私たちの生活

原発事故から2カ月。
今になって隠していた色々なことが明らかにされています。
事故当時「絶対大丈夫です。私が保証します。」とテレビで堂々と言っていたどこかの准教授、最近は全く見かけなくなりました。

テレビでもメルトダウンの事が出て少しまた原発事故の報道をするようになりましたが、当時に比べるとこっちがびっくりするくらいあっさりとした報道です。もう終わったことという認識なのか、何をどうやっても仕方ないというあきらめなのか。。。

色々なことが隠ぺいされていたり、現場では必要な検査もせずに過酷な環境の中作業員が働かされていたり。
日本は先進国と思っていましたが、この現実を目の当たりにすると本当に唖然としてしまいます。

関東地方でもお茶などから基準を超える放射性物質が検出されているにも関わらず、福島の野菜が規制解除されるというどう考えても矛盾することが起きています。
県によっては検査自体を拒否しているとか。
基準値以下の野菜も、これ以上ないっていうくらい洗浄してから検査しているのでしょう。

大体暫定基準値はいつ通常の基準値に戻るのでしょうか。


スーパーに行くと関東産の野菜や肉、果物がいつも通り並んでいます。
関東以外の野菜は欲しくても簡単には手に入りません。
せめて検出されたベクレル数を表示するとか(基準値以下でも)、他の地方のものも並べるとか、選択できるようにしてもらいたいと思います。

事故以降、子供に食べさせる野菜はなるべく西のものをと思い、週に1度宅配される野菜を注文しています。前から違うところで注文していましたが、その会社の対応は政府の規制に準じるということだったので今は他の会社に変えました。

空気中の放射線量が時々テレビでも報道されます。私たちの住んでいるところではすでに事故前の数値とほぼ同じということです。
でもこれもからくりがあって、下がっているのは地上20メートルのところで計測している数値です。
ただ私が住んでいる県は割と良心的だと思うのですが、県のHPで20メートルの数値の下のほうの分かりにくいところに、地上80cmの数値も載せています。
80cmではまだ事故前の2~2.5倍くらいの数値が続いています。
地表はもっと高いでしょう。

放射線は事故がなくても色々なところから受けているもので、0にする必要はないということは分かります。
空気中も、野菜も、魚も、単独では基準値以下ということですが、トータルいくらか、となると不安になります。以前ホウレンソウが規制されたとき「年間~キロのほうれん草を食べないと基準値以上にはなりません」といっている人がいましたが、あれを聞いて心底びっくりしました。
空気も吸わず水も飲まず、ほうれん草だけを食べている人っているのでしょうか。
0にしようとは思いませんが、いつまで続くか分からないのでマイナスの貯金というか、減らせるところでなるべく減らしたいと思っています。

200キロ離れているところでもそんな感じです。
考えると本当に疲れるので、半分はあきらめているという感じでしょうか。

昨日ニュースで、福島の方たちが独自で保育園の表土を入れ替えているというのを見ました。
大切な子供を、放射線の脅威にびくびくしながら育てなければいけない、その心労を思うと本当に気の毒で涙が出ました。
無茶な基準値にも納得いきませんが、基準値以下だからいいのではなくて、学校などは少しでも低くする努力をするべきと思います。

正直今3月11日に誰が何を言ったか言わなかったか、ほとんど興味がありません。
そんなことは終息した後に検証をすればいい問題と思います。

今は海を含めて汚染の程度がどのくらいかを隠さず公表し、生鮮食品はすべて放射線の検査を行い、値は表示する。
かなり長く続くことを想定すると基準値はもう暫定値を使わず元に戻し、基準を越えたものは出荷しない。農家には出荷できなかった分を補償する。
財政的に苦しいのはあるでしょうが、こうすることが数年後の日本の農業を救うことになると思います。

数年後、こうやって心配したことが杞憂に終わることを心から祈ります。
[PR]
by kumako-93 | 2011-05-25 22:56 | つぶやき

女の終わり

タオルハンカチを使うようになったら女も終わりだ・・・・。


言いえて妙な格言である。・・・違うか。

他にも『女の終わり』を示唆することはいくつかある。
・お店の人に簡単に苦情が言える
・テレビに向かって一人でコメントする
・化粧をせずに外に出られる
・眉毛を書くのを忘れる
・『音姫』を使わずに用をたす
などなど。他には何でしょうか。

さて最近『女の終わり』というか『おばちゃんの始まり』であろうということを一つ見つけた。

それは
『デパートの北海道展が大好きなこと』だ。


私も数年前まではほとんど興味がなかったはずなのに、最近は『北海道展』の文字をみると妙に気持ちが高ぶる。
特に最近はビールをよく飲むので珍味系がお気に入り。
数の子入りのワサビ漬け、タコワサビ、ホッキ貝の海藻サラダ、いくらのしょうゆ漬け、たらこ、松前付け・・・。
こう書いているだけで唾がわき出てくる。
スーパーでも売ってるけど、全然味が違いますよね。

先日もそれが目的ではなかったけれど、デパートに行ったときに偶然『北海道展』のポスターを見て心から「ラッキー!」と思いました。
平日の10時過ぎに駐車場がほぼ満車って時から、「これはもしかして・・・。」と期待しておりました。
エレベーターに乗りこみ、まず最初に催物会場の階のボタンを迷わず押す私。
珍味はほとんど試食する。

上記の珍味系とぶっといアスパラ、おしゃぶり昆布(子供たちが大好き)、ROYCEのチョコがけポテトチップス、マルセイバターサンドを購入。
もちろんもっともっと欲しいものはあったけど、今自分もふぅちゃんもちょっと体重を気にしているので自制心を振り絞りやっとのことで会場を後にした。

雲丹とかカニとかいくらが乗った海鮮弁当が人気で、行列ができていたけど、あれってそんなに並ぶほどおいしいですか?
電車で食べると多分すごくおいしく感じるとは思うが、雲丹もカニももっと新鮮なほうがおいしいに決まってる。ビジュアルに負けて何度か買ったことはあるが、家で食べると期待はずれだった。

会場は人生の酸いも甘いも知り尽くしたような熟女たちでいっぱいでした。


北海道展。
アドレナリンに負けてけっこうな出費だ。
おいしいけどお値段もそれなり。
若者が少ない理由はそれもあるのかもしれない。
私なんか最近、どうせカロリーを摂取するならおいしいもの食べたいと半ば捨て鉢です。
[PR]
by kumako-93 | 2011-05-15 23:40 | つぶやき

おじいちゃんのこと

おじいちゃんが亡くなりました。
95歳でした。

最後に会ったのは今年のお正月。普段は実家の近くの少人数の施設で生活していました。ゴールデンウィークで帰省していて、1回は会いに行っておこうと思っていましたが、それができなかったことがちょっと後悔です。

元々は京都で住んでいたので、正月とお盆に遊びに行ったことをよく思い出します。

父方の祖父母は福井にいて、多分同じくらいの頻度で帰省していたと思うのですが、なぜか京都のおじいちゃんの家のほうが思い出すことがたくさんあります。

遊びに行くと私たち兄弟を近くのショッピングセンターの本屋に必ず連れて行き、一人2冊ずつ本を買ってくれました。大きくなってから聞いたのですが、うちの父が「おもちゃは買うな、本ならいい」と言っていたそうです。
おじいちゃんの家のテレビはチャンネルがボタン式(ピッて押すもの)で、うちの家はまだ回すチャンネルだったので「すごい!!」って思った記憶があります。
お菓子が好きで、家にはいつもそばぼうろがありました。
家のお風呂の傾斜がけっこう強くて、すごい熱いお湯でそろそろ入っていたのにその傾斜のせいで滑って一気に首まで熱いお湯につかることになり息が止まりそうになったこと。
遊びに行くと近くに住んでいた同い年のいとこと一緒に遊ぶのがすごく楽しかったこと。
家の近くにできた喫茶店に連れて行ってもらい、『ピラフ』っていうものを初めて食べたこと。
成人式の着物も買ってもらいました。

すごいちゃっちゃかした人でうちの母としょっちゅう言い争いをしていたこと。


近い人のはずなのに、おじいちゃん自身の事はあまり知らなかったと改めて思いました。
貧乏な農家に生まれ、その貧しさから抜けようと一生懸命勉強したそうです。
戦争に行ったとき、「こんな戦争で死ねるか」と思い、できないのに「トラックの運転ができます」と志願し、前線を避けて後方支援隊になったということは亡くなった後で知りました。その時代そんな人がいたんだと驚きました。
おばあちゃんを早くに亡くし、色々と困難の多い人生であったようです。

小さい頃はたくさん遊んでもらったけど、歳をとってからは耳が遠くコミュニケーションを取れなかったということもあり、また憎まれ口ばかりをきいて自分の体調の事ばかりを言っていたので、最近は少し足が遠のいていました。

連休で帰省をしていたので、お通夜もお葬式もどちらも出られて最後に送ってあげられてよかった(よかったというのも変かもしれませんが)です。

95歳、長い間お疲れさまでした。
[PR]
by kumako-93 | 2011-05-06 00:41 | つぶやき


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧