kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:つぶやき( 162 )

クリスマスケーキの哀しい思い出

ケーキに関する思い出話。
昨日クリスマスケーキの話を書いて思い出した。

大学生の頃、彼氏もなくわびしいクリスマスを一人で過ごすのは寂しすぎる、どうせ寂しいなら金儲けでもするかという貧相な考えの下、クリスマスケーキを作るバイトというのをやったことがある。
場所は某パンメーカーの工場である。
ただでさえ凍えそうなクリスマスの夜。
工場の中はケーキが痛まないようにかなり寒かった。
バイトの女の子が数十人はいただろうか。
集まって説明を聞き、特に適正とかはなくなんとなく割り当てが決まっていった。
確かスポンジケーキはすでに出来上がっていて、それに土台のクリームを塗る係、デコレーションをする係、イチゴを乗せる係、プレートを乗せる係・・・という流れ作業だった。
私はなぜか土台のクリームを塗る係になった。
これ、けっこう大変な作業で、右手を肩の高さくらいに上げて左手でろくろ(?)を回しながらきれいに塗っていく。それを何十個、イヤ100個は超えていただろうか。
夜中ひたすらクリームを塗りろくろを回す。
一番時間がかかる作業なので、休みなくフルでクリームを塗りまくった。
肩こりなんてしたことないけど、あの数日は肩ががちがちに凝った。
イチゴ乗せ係にはイチゴ乗せ係の苦労があったのかもしれないが、見ていると私たちの作業よりは楽そうに見えた。
というか、全体の中で私たちのグループが一番大変なように思った。
数年前にやった正月の神社での巫女のバイトも、かわいい子は正面のお守りの売店に配置されたのに私は裏のぱっとしないおみくじの係だったことをなぜか思い出した。
今で言う『負け組』というやつだろうか。

夜中に1回1時間休憩が入り、カップ麺が一人1個支給された。
暖かくてありがたかったが、後で明細を見ると休憩の1時間はきっちり時給から引かれていた。
よくもまあ10年以上も前のことを細かく覚えているもんだと、思い出しながら自分でも驚いている。

数日後、事務所にとりに行ったバイト代はなくしたコンタクトを買ってほとんどなくなった。


kumako22歳の寒すぎる冬のことでした。。。
[PR]
by kumako-93 | 2008-12-28 00:37 | つぶやき

今はまっていること

人はなぜ、赤ん坊ができると編み物がしたくなるんでしょうか・・・。


本屋に行くと編み物の本の中でも「ベビーの・・・」というような本がたくさん並んでいるので、急に始めたくなるのは私だけではないようだ。
私も少し寒くなり始めた頃からなんだかうずうずしだして色々編んでいる。
モチーフ編みをつなげるブランケット(これは大物過ぎて今ちょっと中断してるけど)
ブーティ
帽子
ブーティは結局足の大きさが合わずに片方しか編まず。
今は帽子を一生懸命編んでます。

大人物と比べて小さいので早く編める、とはいえ、私のスピードでは1つのものがなかなか出来上がらない。
洋裁との違いは、進むスピードが遅くて辛気臭いこと。
しかも見栄えもいまいち。
それなのに少し時間が空くと引き寄せられるかのごとく手にとって始めてしまう。
「楽しいの?」そう聞かれると答えに困ってしまうけど、中毒のようなものなんです、これは。
しかも、材料費もけっこうバカにならない。
買ったほうが絶対安いんだけど、なぜか始めてしまうんですね~。

そういえば、王子様のときもやっぱり帽子を編んだんだけど、やっと出来上がってかぶせてみるとかつてないような拒絶をされて一度も使わなかった。
まだそこまで自己主張のないうちに作っておかないと・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2008-11-28 10:46 | つぶやき

初イケア

ちょっと前のことですが、イケアに行ってきました!

雑誌なんかで最近よく見るイケア、ずっと行ってみたかったんだけど近くに店がなくて行けなかった。
やっぱりあの価格帯が魅力なんでしょうか。最近どんどん新しい支店ができているみたい。
調べてみると神戸にもできたというので帰省のときに行ってみました。

王子様はおばーちゃんに任せてふぅちゃんとお買い物。

店に入ると通路から一番目に付くところに激安商品が山のように積まれている。
そういう激安商品を見すぎて金銭感覚が麻痺してしまったのか、ふつうの陳列棚に目を移し700円の食器を見て
「高っっ!!」
と思ってしまいました。これって店の戦略に逆行してますよね?私だけ??

収納はかなり使えるなあという印象。
家を作る前に出会っていれば・・・。あの収納システムを使ってみたかった。
でも、家具とか食器とかは
「頑張ってるけどおしい!!」
という感じのものが多かったような気がする。
まあ、この値段だから仕方ないんでしょうね。

この変な金銭感覚の麻痺のせいで、結局はあまり買うこともできず。
でも王子様のおもちゃ(木のレールとかおままごとの道具)は安くてかわいいのがありました。

本当は王子様のおもちゃをしまう収納棚が欲しかったんだけど、ご存知の通りイケアでは自分のことは自分でしないといけないんですよね~。
つまり、あの巨大な倉庫から、自分の欲しい棚が入った重いダンボールをカートに積み込んで、それを車まで運んで・・・。
ふぅちゃん連れでそれはとても無理な話でした。
しかも、関東まで送ろうとすると送料のほうが高くなってしまうんじゃないでしょうか。
やっぱり、家から車で(運んでくれる人を連れて)行かないとだめみたいです。
近日中に関東にも新しい支店ができるというのでまた人が落ち着いた頃行ってみようかと思っています。

私が必死でお買い物しているころ王子様は・・・
a0079354_1144016.jpg










a0079354_1145369.jpg










もちろんポートライナー。
おばーちゃんと一緒に3周したらしい。
今でも時々
「ポートライナーのった!おかーさんはお買い物!」
と言ってます。
あなたが電車を好きなようにおかーさんはお買い物が大好きなのよ。。。
[PR]
by kumako-93 | 2008-11-14 11:17 | つぶやき

まとまりもなく・・・

王子様神戸に行く、シリーズ第2弾をお伝えしようかと思ったけど雨が降ってなかなか外出できないのでまた後日。

子供は3~4歳くらいになると「なんで?」「どうして?」と聞くという。
けっこううっとおしい、という噂であったが、どうやら王子様もこの時期に突入したようなのだ。

王子様の場合は「どうして?」じゃなくて「どんな~~?」。
例えば、車があるとする。
「車だねえ」
「どんな車?」
「赤い車、かな」
「どんな赤い車?」
「・・・大きい赤い車、だねぇ」
「どんな車?」
「・・・・」
「どんな赤い車?」
とまあ、万事こんな感じ。
最後には
「ええい!車は車じゃいっっ!」
と正しくない母は言いたくなってしまうのだ。

たびたびこちらが「うーん」と考えてしまう「どんな~~」が飛び出すのだが、こっちが真剣に考えて答えを出しているのに、その間に次のことに興味がうつっていたりして。
王子様は質問してるくせにそんなに本気で答えが欲しいわけではないようだ。


今日王子様が昼寝をせずに夜早く寝てしまったので、県民による違いを色々指摘した番組を見た。
そしたら、宮崎ではカルピスをコーラで割って飲むらしい。
それを聞いて思い出したけど、私はカルピスを牛乳で割って飲むのが好きだ。
それってけっこう一般的?
あと、手巻き寿司の具に、納豆とシーチキンのマヨネーズ和えを一緒に乗せるのも好き。
人に言っても「えーー!?」と信じてもらえないんだけど、納豆がまろやかになっておいしいと思う。前に回転寿司のネタとして、その二つの海苔巻きがあって「私だけじゃなかったんだ・・・」感動したのだが、次行くとメニューから消えていた。どうやら人気がなかったらしい。
イナゴやハチの子を食べる人たちもいる。
そういえば、ミャンマーでは道端で虫みたいなのを屋台で食べ物として売っていた。

なんだかまとめることもできないけど、納豆とシーチキンは一度試してみてください。
[PR]
by kumako-93 | 2008-10-24 00:41 | つぶやき

エイジングの恐怖、そのとき私は・・・

年に何度か
「このままではいかんっっ!」
と焦るときがある。
何を焦るかというと、ずばりエイジングなんですね~。
いつもどおり鏡を見ながらお化粧なんかをしているときふいに『エイジングの恐怖』とも言うべき波が襲ってくる。
「あーこんなところにもシミが・・・。ホーレイ線も目立つ。毛穴も開いてるわ・・・。」
などと考え出し、
「このまま私はおばちゃんになっていくんだ・・・。このベルトに乗っかったお腹も二度と痩せることはないんだ・・・。」
と人生終わった、みたいな考えにたどり着く。
ここで「ま、いっか」と諦めることがまだできない往生際の悪い私はどうするかというと、翌日化粧品を買いに走るんですね~~。

いつも行く化粧品のコーナーのお姉さん。
一生懸命仕事をしている彼女には悪いけど、見ていると本当に面白い。
化粧品販売の人らしく、必須ワードは『ハリとウルオイ』。
「今のお肌の調子はどうですか?」
と問われ、
「乾燥が・・・」
と答えると、自分のことのように困った顔をして
「そうなんですね~~~」
と相槌を打つ。(なぜか販売員の人って「そうなんですか」じゃなくて「そうなんですね」といいますよね、最近)
そして一瞬考え、
「そうすると・・・」
と商品をカウンターに並べだす。いつも彼女の記憶力に感心するのだが、一つ一つの商品についてまったくかむこともなく作用と効果をペラペラと説明。
「角層だけではなく真皮層にも働きかけてお肌を活性化させます!!」
がキメ台詞だ。
ホントかよ!?と信じてはいないものの「ほーーー、そうですか」と素直に出された商品のいくつかを購入する。
いいの、実際効くかどうかよりもお手入れするかどうかで不安が少し遠のくのだから。。。

いつものそんなエイジング恐怖に打ち勝つべく、先日も化粧品コーナーに足を運んだ。
いつものお姉さんが対応してくれる。
お腹が大きかったことを知っているので、
「今日はお子さん預けられてきたんですか? ああ、おばあちゃんに。でもいいですよね、少しでも預かってもらえるとゆっくりできますよね。」
から始まる。
そしていつもどおり商品の紹介をしてくれた。
説明しながら
「お子さんがいるとなかなかできないと思いますが・・・」
という言葉が入る。あまりに何度も何度もそう言われたので、
「あの、わたし、そんなにひどい状態ですか??」
と聞きたくなったくらいだ。
彼女は今月出るクリームの予約をどうしても取りたかったらしく、
「売り切れると困りますので、お子様がいてなかなか来られない場合でしたら御自宅に御配送もできますが・・・」
とまで言ってくれるが、なんかそこまで言われるとこっちもがんばらなきゃ、という気持ちになって(何をがんばるのか?)今度来たときに買いますとお断りした。おそらく売り切れることはないだろうし、売り切れていたらほかの物でも大して変わりはあるまい。
「何かお肌のことでお伺いしたいことはありますか?」
完璧なセールストークだったけど、最後に敬語の使い方がちょっと変だ。おしい!

そうして買ったパックシート。
クリームにしろ美容液にしろ、エイジング恐怖の波が来てる間は一生懸命使うんだけど、あるとき波がパタッと引いてしまうとだんだんサボるようになって最後までちゃんと使ったためしがない。
パックシートも一枚いくら、とか思ってしまうとなかなか使うことができず、結局時間が経ってしまって変性してるんじゃないかという状態になって大掃除のとき泣く泣くゴミ箱へ・・・。

そんな私には確実にエイジングが進みつつある。
「ま、いっか」と諦めないようにしないとね。。。
[PR]
by kumako-93 | 2008-10-11 10:41 | つぶやき

わびしい誕生日

自己申告ですが、今日は私の誕生日です。

主婦の誕生日ってわびしいものですね。
お祝いしてくれる人もなし。っていうかそれ以前におしゃべりする相手もない。
ケーキは買ってきてくれるかどうか分からないけど、ないと余計に哀しいので王子様も食べられるクリームの乗っていないのを自分で作ろうかと思ってます。

誕生日といえど、いつもと同じ日常。
同じ時間に起きてシンプルすぎる朝ご飯を食べ、なかなか食べない王子様を叱り、めそめそ泣いているところを歯磨きさせ・・・。
そんなどたばたしている間もふぅちゃんは爆睡。
そりゃそうです。昨日は夜中の4時まで起きてたんだから。。。

何も欲しい物はないの、ただ1つ、私のお願いはただ1つ。(まあ、買ってくれるというならなんでもいただきますが)
久しぶりに飲みたい!!!
でも哺乳瓶を嫌がってミルクを飲まないふぅちゃんのせいで、このとってもお金のかからないお願いさえかないません。

今の私にとって、『王子様がトイレでうんちすること』が日々の生活の中での最大の喜び。
『ふぅちゃんが抱っこしたあとベッドに降ろしても起きないこと』が一番ツイテると思える瞬間。

うすうす自分でも感じておりましたが、こうやって文字にするとさらにわびしさがつのる。
いやいや、これが幸せというものなのよ、と自分に言い聞かせる。

イタリアンでも食べながらワインを飲み、1年に1回は海外旅行に行き、週末は泊りがけで東京にお買い物、たまにはエステでマッサージを受ける・・・
そんな生活ができるのはいつのことなんだろう?
え?20年後!?
それまで元気でいられるかしら。
再春館製薬に「関節痛のおクスリのサンプルちょうだい!」と電話してるかもしれません。。。
[PR]
by kumako-93 | 2008-08-29 11:27 | つぶやき

バトル再び・・・

恐れていた『夫VS実母バトル』がくすぶり始めた予感。。。
王子様のときは本当にひどかったこのバトル。
病的神経質な夫と、かなりいい加減な母の不仲でかなり参りました。
それこそ涙涙の毎日。
それから3年、母が頻繁にうちに手伝いに来てくれるようになり、お互いの性格も分かってきて大丈夫だろうということで今回も里帰りをせずに出産することにしたのだ。

最初悪印象→仲良くなる、という月9的な人間関係はほとんどありえないということが分かりました。

王子様のときよりは随分マシ、とはいえ、なにかにつけて夫への不満を漏らす母。
確かに夫の人を食ったような言い方は手伝ってくれている母に失礼、ということも多い。私も腹が立つことがしばしばある。でも私も母の了解の悪さ(母に限ったことではなく、この年代の人に共通するものかも)にはイライラすることも多く、夫が厳しいのも分かるような・・・。
「あーそうなの」で済ませれば丸く収まるようなことにもいちいちけんか腰で、でも直接言い返すこともできず、昼間いないときに「あの言い方はどうの、この言い方はどうの」とあれこれ私に言ってくる。私に言われても・・・、私は心穏やかに育児に専念したいんですけど。。。
手伝いに来てくれている、と感謝する気持ちはあるし、ここで今帰ってしまわれても困るのだが、実の母には私も何かと言いやすくてすぐに喧嘩になってしまう。

はー、ちょっと憂鬱です。

と今日は出産レポからすこし外れた話題になってしまいました。

ふぅちゃんのお風呂。
a0079354_141071.jpg











a0079354_1411514.jpg











王子様はお風呂のたびにギャーギャー騒ぎまくってましたが、ふぅちゃんは全く泣くこともなく足を伸ばしてとても気持ち良さそうにしています。
本当に赤ちゃんによって違うものですね。
[PR]
by kumako-93 | 2008-07-03 14:06 | つぶやき

初夏の夜長に悩むこと

お腹が急に大きくなってきた。
足もむくんでだるいし、恥骨もますます痛い。
夜は苦しくてなかなか寝付くいい姿勢が見つからない。
食欲はあるのに一度にたくさん食べると苦しくて後悔(でも食べちゃうんだけど)。
腰痛も少し出てきた。

生まれたら生まれたで大変ってことは分かっているけど、早く産んですっきりしたいというのがホンネです。

生むといえば、結局『無痛分娩希望』とバースプランを出した。
無痛の場合、いざ出産というときまでは暇らしく、雑誌を読んだりDVDを見たりしてもいいという。母親学級で「好きなDVDを持ってきてください」と言われた。

そう言われて今ちょっとそのチョイスに困っている。

映画やドラマって見たことないものは当然ハズレもあるわけで。
メモリアルな瞬間なので、できればハズレは避けたい(っていうかメモリアルな瞬間にDVD見てんなという気もするが)。
かといって暇つぶしな訳だから、見たことあるものも気が進まない。
出産なので、ホラーとか人を殺したりするものもやめておいたほうがいい気がする。
ものすごい感動作で、自分の出産そっちのけで感動して涙を流す、というのもどうかと。
時々は看護婦さんや家族が入ってくるだろうから、あまりラブシーンが多いのも気まずい。
といってもあまりにバカバカしくてげらげら笑っているのもなんだかなーという感じ。
ちなみにハイビジョンでイルカとかクジラとかに癒されるのは苦手。
シリーズ物であまりにはまってしまい、出産後ただでさえ寝不足なのに続きを見たくて徹夜、というのも避けたい。

そうやって色々考え出すと、何を持っていっていいものか見当がつかなくなってしまった。
大体、どれくらいの時間がかかるのかしら。。。何本持っていけばいいの?
結局様子を見に来た王子様の趣味でアンパンマンとかを見せられそうな予感もする。

こうやって迷って選んだ究極の1本が、当日レンタル屋になかったらショックなんですけど。

苦しくて眠れず、こんなことを延々と考えている私です。。。
[PR]
by kumako-93 | 2008-05-27 16:29 | つぶやき

トイレに入って考えた

先日とある和食屋さんへ行ったときのこと。
トイレに入るとトイレットペーパーにピンクや緑できれいな柄が書かれていた。
久しくこういうトイレットペーパーは見なかったけど、柄付きのトイレットペーパーってこの世の中に存在する物の中で最も無駄な代物のワースト5に入るんじゃないだろうか。

そういえば私が子供の頃は、デパートやこぎれいなファミレス以外の外ではトイレは我慢しようと思えるくらいに外のトイレというのは汚いものだった。
特に駅。
よほどの緊急事態がない限り、駅のトイレは避けたいものがあった。

でも最近、本当にどこでもトイレってきれいですよね。
高速道路のサービスエリアなんかでも常にお掃除が行き届いていて、トイレットペーパーもある。私はトイレに入って用を足すまでペーパーの有無について確認を忘れることが多いので、ペーパーが補充されているのは本当に助かります。
デパートのトイレなんか、トイレとは別にパウダールームなるものまで完備されていて、至れり尽くせりだ。

ただ、なんとなく『やり尽くした感』があるというか、最近は「これはいらんだろ~」と言いたくなるような物もあったりする。
例えば音姫。
付き合い始めの異性に放尿の音を聞かれたくないわ・・・なんていう恥らう乙女には必要なものなのかもしれないが、ある程度年齢がいった頃から「おしっこするのに音が出るのは当たり前」と開き直ってしまい、音姫は必要ないと思うようになった。
必要ないと思っているのにもかかわらず、御丁寧に便座に座ると自動的に音が鳴るトイレもある。座っている間中ずっとだ。
それこそ「私はここにいますよ。けっこう長居してますよ。」と主張するようなものではないか。あれはやめていただきたい。
あと、便座の紙カバー。
あれって普通は使うものなんででしょうか?
便座が見た目に汚れているトイレはまず入らないとして、私はミクロの汚れはあまり気にならないのであの紙のカバーはほとんど使ったことがない。だって舐めるわけじゃないし、きれいな日本のトイレにお尻でちょっと乗るくらい、何を気にすることがあるのだろう。
外国に行くと便座がないトイレというのもけっこうあったりして、あの時は空気椅子をしながらトレーニング不足の自分の脚力を恨めしく思う。たまにそういうトイレには靴のまま便座に乗っかり、和式状態で用を足すという人がいると聞くが、滑って落ちたときのショックの大きさを想像すると少しばかり太ももが便座に触れようが、空気椅子を私は選ぶ。

反対に昔は「いらんだろ~」と思っていたけど、使ってみると意外と快適というのがウォシュレット。
ただ、ウォシュレットの機能の中の『乾燥』というのは不要と思います。

自分で書いておきながらなんですけど、今日の記事こそ世の中の最も無駄なものかもしれない・・・。


あ、つけたしですけど、おばーちゃんが昨日帰ってからも王子様のトイレトレーニングは一応続いています。
おしっこは一日のほとんどをトイレでできている。
そろそろ布パンツに替えてもいいなと思っているのですが、なにしろ大きいほうをまだ言わないので。毎日快便のホカホカうん○が布パンツにべったりというのはどうかしら・・・と悩んでしまうおかーさんでした。
[PR]
by kumako-93 | 2008-05-08 14:29 | つぶやき

バースプラン

早いものでもう8ヶ月も半ば。

昨日は産婦人科の主催する母親学級に行ってきた。
本当なら二人目なのでこういうものに参加する必要はないのかもしれないが、王子様のときと病院が違うので内容も少し違っていて興味があったのだ。

王子様のときは確か、入院準備とか心構えなんかの他に呼吸法とかを少し教わったような記憶があるが、結局あの陣痛の中呼吸法がうまく実践できるわけもなく役には立たなかった。
出産のことだけでなく、生んだ後のこともなんかもやがかかったようであまりはっきりと覚えていない。覚えていることといったら、陣痛室から分娩室までの移動が地獄のようだったとか、生まれる瞬間枕元で夫が「あ、出た」とボソッと言ったこととか、その夫がカメラを病室に忘れて写真を写せなかったこととかだ。(いきみでひどい顔になっていたからそれは正解だったかも)
赤ん坊にどんな肌着を何枚着せていたかとか、お風呂の入れ方とかも3年経つと忘れてしまうものなんですね~。
どうなることやら・・・。

病院が違うからか、世間の流行があるのか、今回母親学級に行ってみると『バースプラン』というものを自分である程度決めることができるようになっているらしい。
無痛分娩がいいとか、計画分娩がいいとかから始まり、産む体位も元来の砕石位ではなく四つんばいとか横向きとか何かに寄りかかりながらとか、色々。
勉強不足の私にはどの体位がいいかなんて皆目見当も付かない。
『一番楽な方法で生ませてください』
と書いて提出したいところだ。

最初は友人の話を聞いたりして無痛分娩がいいかななんて思っていたのだが、通っている病院は無痛なら日を決めて促進剤を使うらしい。
お産の経験なんてまたあるか分からないし、王子様のときの大変さはほとんど忘れてしまったのでここにきてまた自然分娩で行けるような気もしてきた。

名前を決めないといけないというのもあるし、あと2ヶ月は悩みの多い日々になりそうです。
[PR]
by kumako-93 | 2008-04-29 06:21 | つぶやき


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧