kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93

<   2006年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

『輝け!第34回日本気まずいこと大賞!!』

美容院

若い頃は美容院に行ってシャンプーしてもらうとき、手はお腹の上で組むのがいいか、気をつけの姿勢がいいのか悩んだことがあった。
ある店ではシャンプーのときのタオルを細くたたみ、くるっと輪にして折って口と目を覆い、鼻をその輪の部分から出すという方法をとっていたのだが、ちょっとずつタオルがずれてそのうち目は完全にタオルの上に出て、鼻と口が覆われずいぶん苦しんだこともあった。
今なら姿勢なんてなんでも気にならないし、そんな苦しい目にあったら「ねえねえタオルが変なんだけど・・・」と言えるが、あの時は恥ずかしくて言えなかった。
乙女だったのだなあ・・・。

ゆうた母さんが美容院のことを書いていて思い出したことがあった。

『輝け!第34回日本気まずいこと大賞!!』があったとしたら、ベストテンには入りそうだと思うこと。
それは、昔行っていた美容院の美容師さんと違う場所で偶然会うことだ。
引っ越した、とかいう正当な理由がある場合は除く。
また、1~2回しか行ってないけど、という場合も除く。

私はその気まずいことを経験したうちの一人だ。

今住んでいる街に引っ越してきてかれこれ7年。
7年前、雑誌に載っていた広告か何かを見てその美容院に行ってみた。
美容師さんを変えたり選んだりするのは、恋人と付き合ったり別れたりすることと同じくらい難しい、と言っていた人がいる。
そこまでではないが、かなりそのチョイスは難しいと私も思う。
ものすごく年季が入ったおばちゃんがやってそうな「おしゃれの店 タミエ美容室」なんていう看板がかかっているところにはまず入ろうとは思わない。
やたらとアバンギャルドな人が出入りする店もどうかと思う。
私的には「あまりダサくもなく、さりとて入るのに気が引けてしまうくらいおしゃれでもなく」というのが美容院を選ぶ基準だ。
人見知りの傾向がある私にとって、美容師さんとのトークも時に高い壁となることがある。
じーっと黙って、雑誌すら取ってくれなかったりするのも困りものだ。
かといって、話の合わない人と何時間もしゃべり続けなければならないのも苦痛だ。

その美容院は、比較的若い夫婦二人でやっていて(私よりちょっと年上か?というくらい)、切ってくれるのは旦那のほうだった。
その店はいつも比較的空いていて、予約なしで行ってもたいていすぐにやってくれ、待っても20~30分、という感じ。
黙りすぎるでもなく、しゃべりすぎるでもなく、ちょうどいい感じ。
「こういう感じで」と雑誌の写真を指差して指定しても、そのような感じになることはなかったが、まあそれでも私に似合うようにしてくれることが多かったので、特に不満はなかった。

5年くらい通ったある日、いつものように雑誌を指差し、「今日はこういう感じでパーマを」とお願いしたのだが、どういうわけかものすごいパーマになってしまった。
ロングヘアの当時なぜそう思えたのか今となっては分からないが、鏡をぱっと見て思ったのは
「・・・サザエさん・・・!?」。
美容師さんの表情からも「あー失敗した」というのが見て取れた。
そこで、
「パーマ強すぎたりイメージが違ったら、やり直しますよ」
的なコメントがあったら多分今も通っていたと思う。
しかし彼はそのときこう言った。

「・・・あ、でも、かわいいですよ・・・」

でもってなんなんだ!?

その一言でここはやめようという気持ちになってしまった。
まあ確かに、美容師のフォローとしてはそう言うしかなかったのかもしれないが、それはあまりに自分の仕事に対して不誠実なコメントではないか。

それから約1年。
その店のこともその美容師のことも忘れていた頃、あの忌まわしい事件は起こってしまった。

産休に入って間もなく、家に食べるものが全くなく、お腹もすいていたので弁当屋に出かけた私は、その店で偶然彼と会ってしまったのだ。
偶然というのが正しいのかどうか、後ろを走っていた車が私の車に続いて入ってきたので、あれは絶対むこうは私だと気付いていたと思う。
(私の車は車体の上にカヌーみたいな物入れ(?)を積んでいて、あまり他にはいないので)
店で彼のことを認識した私はおよそ0.5秒の間にどうするべきか考えた。
そしてその結果、狭い店の中で気付かないふりを決め込んだ。
だってどうすればよかったのか?
「あー、あのときのパーマが気に入らなくて他に変えたんですよ」
とも言えない。
この弁当屋にいるのだから、「引っ越したんですよ」とも言えない。
「どうもー、お久しぶりです。」
とどうにか言えたとして、お互いにすごく気まずい気持ちになるに違いない。
そう思ってかばんの中に入っていた単行本を読み、気づかないふりをした。
あんなに弁当が出来上がる時間が長く感じたことはなかった。

気付かないふりをしたけれど、気まずい気持ちはけっこうあとまで残った。
あのときどういう行動をするのがベストだったのか、今でも答えは見つからない。
[PR]
by kumako-93 | 2006-09-30 21:07 | つぶやき

カルシウム効果で・・・

公園で問題発生・・・!

ママの派閥同士で争いが起こっている!?
はたまた新入りがいじめられてる!?

いえいえ、そんな恐ろしいことではございません。
息子が遊びに行く時間以外は人っ子一人いない公園なので、世間で言う『公園デビュー』見たいな状態では全くない。
息子が行く時間に公園に遊びに来る子供たちは大体3~4人。
ほとんどが息子より数ヶ月大きい子達だ。

大体9時半頃に遊びに出かけるのだが、10時過ぎになると『おやつタイム』が始まるようになってしまった。
息子にはまだ市販のおやつはあげていない。
別に手作りにこだわっているわけではなく、お腹がすけばバナナとかパンとかを適当に与えることもあるのだが、せんべいやクッキーの類は与えたことがなかった。
虫歯になれば嫌がるわが子を歯医者に連れて行くのが面倒だし、一度おいしいお菓子を知ってしまうとそれを要求してくるのを断るのも面倒だ。
そういう親側の理由で与えていなかったのだが、人のを見ると食べたくなってしまうらしい。
連れてきている親も、うちの息子が欲しがるのでダメと言うわけにもいかず、「あげてもいいですか?」と私に聞いてくださる。
ダメというときっと泣くだろう。
今日乗り切れても毎日のことだから、毎日公園に来て泣かれるのはつらいなあ。
おやつを持ってきている子の親も気を遣うだろうなあ。
そう思って甘くなさそうなお菓子をもらってみた。
初めての市販のおやつ。

もちろん喜んだ。

「もっともっと」とせがみに行く。
持ってきた子よりたくさん食べたんじゃあないだろうか。
もー、ひもじい子みたいだからやめてちょうだい。
こんなもらってばっかりも申し訳ないので、これからうちも持っていかないとダメなんだろうなあ・・・。
そのせんべいにはカルシウムがたっぷり入っているらしい。
カルシウムはイライラを抑えるという。
その効果ですぐにかんしゃくを起こしてポイってなんでも投げてしまうのが直らないかしら・・・。
「あーー!(おかーさんもこれ食べたらイライラしないんじゃない?)」と息子が言った気がした。
[PR]
by kumako-93 | 2006-09-29 22:25 | 育児

ないものねだり

なんだかバイオリズムがいまいち・・・。
いつもそれは突然やってくるのだが、最近『予兆』があるような気がしてきた。
それは、やたら買い物したくなること。

今回も数日前からクオカでケーキの材料を注文したり、ヨガウェアを買ったり、私の部屋で食器やタオルを買ってみたり・・・。
それが予兆だったのかもしれない。

昼寝の時間が足りなくて夕方ぐずぐずがひどい息子。
下手に出て機嫌を取ろうとするが、何をやってもどうやっても怒ってぐずり、持っているものを投げる。
そのうちにこっちも「人が下手に出てりゃー調子に乗りやがってーー」とイライラ。
息子はぐずり、母はイラつく。イラついた母を敏感に感じ、さらにぐずる。
あー最悪のスパイラル・・・。

私以外の子育てをしている母親全員が偉く見える。
根気と体力、これに尽きますね。
あいにくわたくしはどちらも持ち合わせておりません。

時間がほしい。
雑草の生えない庭がほしい。
音のしない強力なハンドミキサーがほしい。
家の前に新宿伊勢丹があってほしい。
愚痴を全部吸い取ってくれるスポンジがほしい。
虫の出ない家がほしい。


息子の前ではいつも幸せだと感じられる私でいたい。


なんだか今日は調子が出ません。
とっとと寝ることにします。
[PR]
by kumako-93 | 2006-09-28 22:44 | 育児

準パラダイスから愛をこめて・・・~のりお編~

実は今、わたくし準パラダイス(以下準パラと略)にいます。
ぐふふ、とっても毎日が楽チンで楽しいの。
こんなのひさしぶりぃ~。

さて、なんだか分かりますか?








そうです、数日前から私の母親が遊びに来ているのです!
子供が生まれる前は実家にほとんど寄り付かなかった私。
実家に帰る暇があったら旅行へ行くわ、と年に一度の夏休みも海外旅行に使っていた。
しかし、実家とは桃源郷である、と子供が生まれてからひしひしと実感している。
なにより子供を預けても気兼ねがないし、罪悪感もない。
それよりはワンランク落ちるが、実家から親が遊びに来るのもかなりうれしい。
親が来る前日なんて、息子に「明日おばーちゃん来るんだよ~。うれしいね~~」と何度も話しかけ、ワクワクしながら寝た。
運動会の前日、体操服を枕元にたたんで置いて寝る子供のようだ。

親が来たら部屋の掃除して、庭の草むしって、ケーキ作って、パン作って、お裁縫もして、雑貨屋にゆっくり買い物に行って、息子の服のお買い物にも行って、、、といろいろいろいろ考えていたがいざ来てみると何から手をつけていいものか分からず、まだほとんど実行には移されていない。
時間をむだに使ってしまっている。

昨日は母にイカリングを作ってもらった。
イカが旬のようですね。スーパーに行くと海なし県の私の街でもイカがたくさん出回っている。
子供のとき好きだったイカリング。
マヨネーズをつけて食べる。
うーん、おふくろの味。(ってほどのものでもないけど)

でも自分ではしないだろうなあ・・・。
だって、だって、あの油がはねるの、どうにかなりませんかね。
かなりの覚悟と戦闘態勢が必要だ。
おかげで台所の床に点々と油のシミができてしまった。

いつ帰るのかは聞いてないが(聞けないというのが正しい言い方かもしれない)、あと数日、楽させてもらいます。

今日公園に行ったときに転んで、鼻の下をすりむいてしまった息子。
でも、転んで顔を打って、なぜ鼻はほとんど無傷なのに鼻の下をすりむいてしまったのか?
おでこもちょっと赤くなっていた。
本来一番高い鼻を打ちそうなものなのに・・・。
ハナガヒクイ・・・!?
いや、これを言及するのはやめておこう。


雨が上がってすっきり晴れたので、車でちょっと遠くの公園へ。
a0079354_21564681.jpg


















うーん、なかなかゲージュツ的ではないですか。

a0079354_21573154.jpg












お里が知れるから、やめてちょうだい!
[PR]
by kumako-93 | 2006-09-27 22:01 | 育児

煩悩多きヨギーニ

昨日スーパーでおいしそうないわしがあったのでそれを買った。
バーミックスで食パンからパン粉を作るときにパセリ、にんにくを合わせて砕き、3枚におろしたいわしにかけてオリーブオイルをたらし、オーブンのグリル機能で焼く。
息子には塩コショウを少なくして、同じものを食べさせた。
めずらしくお気に召したようで、「くれ!くれ!!」と催促される。
ところがいわしは小骨が多い。
大人ならそのままいけるが、大事な息子の喉にでも刺さったらえらいことだ。
「骨が喉に刺さって痛い!」なんていうことを「あー!!」だけで表現するのは不可能だろう。
いくらおかーさんだってそんなことは理解できないに違いない。

お腹が空いていわしを要求する息子の横で必死でいわしの小骨を除く私。
ベルトコンベアーに乗って流れてくる小さな部品から不良品をはじく仕事をしているみたいだ。

次は小骨の少ない魚にしよう。


今日はヨガの日。

インストラクターの気分によって(テンションが低いのはいつも同じなのだが)ガツガツ難しいポーズを盛り込んだメニューの日と、リラックスやストレッチが中心のメニューの日がある。
大変なときはポーズをとるだけで精一杯なのだが、ストレッチが多い日は色々考え事をしてしまう。
「~を伸ばしてぇ~。伸ばしているところに息を吸って酸素を送ってぇ~~」
そこだけに酸素を送るなんて難しいな。大体酸素は血液に乗って全身にめぐるんだからそれは不可能だな。
「どこが伸びているか、どこが縮んでいるか、どこの筋肉を使っているか、自分の体に聞いてみてぇ~~」
そういえばのび太君がドラえもんに「自分の胸に聞いてみろ!」って言われてたなあ・・・。
帰ったら息子が寝ててくれてたら楽だなあ。
夕飯私が行った後もちゃんと食べてるかなあ。
天気予報で明日も雨って言ってたっけ。公園行けないわ。何して遊ばせようかなあ・・・。
そうこうしている間にふとおならがしたくなる。
このヒーリングミュージックだけが静かに流れている空間でおならしたら目立ちそうだな、それはけっこう立ち直れないほど恥ずかしいかも。
そう考えているとますますおならが出そうになる。
お尻にきゅっと力を入れて必死で我慢。
「吸ってぇ~吐いてぇ~~」
ヨガとかピラティスでは呼吸というのが非常に重要だ。
でもこの呼吸法というのが私はすごく苦手。
真面目に吸ったり吐いたりしているとそのうち過呼吸になってくらくらしてくる。
それを通り過ぎると眠くなってくる。
ピラティスのDVDを買って家でやっていたことがあったが、バックに流れているアルファ波バリバリの音楽のせいもあいまって、最後まで起きてやり遂げたことがない。

どうやらヨガのデトックス作用よりも私の煩悩が大きすぎるようだ。
無の境地にはなかなかなれない。
[PR]
by kumako-93 | 2006-09-26 21:49 | つぶやき

行き当たりばったりでしたけど・・・

今日は1日調子よく遊んでいたのに、昼寝の時間が短かったからか眠くなるのが早く、お風呂に入ったあともあまりに眠かったらしく、最後はぽろぽろ涙を流しながら大泣き。
一日の終わりにあんなにぽろぽろ泣かれると後味が悪い・・・。

週末行った温泉、こんな感じでした。
a0079354_21432838.jpg












これ、息子の寝るときの基本姿勢です。
私もよく人に起こされて「今起きるから!全然寝てないよ!」という姿勢を見せたいときにこの格好をします。

a0079354_21441031.jpg














あなたのおかげでなかなか準備がはかどらないんです!

a0079354_21453967.jpg












翌日行った近くの遊園地。
我が家のマイブームのふわふわドーム。
ここにもでっかいのがあった。
遊園地と行っても温泉地の近くにあるかなりさびれ系のやつだ。
昨日はけっこう人がいたが、おそらく平日なんか目を覆いたくなる惨状であろう。
ステージではふたりはプリキュアとかいうアニメのショーをやっていたが、息子は全く理解できず興味なしのご様子。
できれば大人になってからもあれ系のものには興味を持ってほしくないものだ。
「おかーさん、温泉じゃなくて秋葉原に行きたい」と言われたらおかーさんは泣いちゃうよ。

a0079354_21492228.jpg










いまどきこんなお化け屋敷あったんだ・・・。
しかもよく見ると、隣にホラーハウスという西洋版お化け屋敷が・・・。
同じ商売を隣同士でやってて大丈夫なのだろうか?

a0079354_21522550.jpg












お疲れ様でした。
[PR]
by kumako-93 | 2006-09-25 22:00 | 育児

さぶいぼのタンゴ

温泉に行ってまいりました。
といっても近場の車で1時間くらいで行ける所だ。
この旅行、前々から予定していたものではなく、つい1週間くらい前に友人から「今温泉にいるよ」というメールをもらい、「たまには私たちもゆっくりしたいね~」という話になり、急遽空いているところをネットで探した、という行き当たりばったりの旅。
けっこう空いているものですね。
1週間前というのに、わりと普通の名の通った旅館も空いていた。
不況なのかしら・・・。

子供のころ、夏休みに1年に1回の家族旅行を毎年していた。
行く先は~方面という感じで大体しか決めず、2日前とか前日にいろんな宿に電話をかけまくる。
それであいていた所が行く先になるのだ。
毎年そんな調子だったから、旅行というのはどこの家でもそんな感じだと思っていた。
結婚して新幹線の予約発売日と同時に予約に走る夫を見てとても驚いた。


話はそれたが、この連休ゆっくりできたかというとそれはどうだろう。
子供がいてゆっくりとまではいかなかったが、幸い貸切の家族風呂が空いていて人には気を遣わずにすんだ。
温泉旅館で問題は夕飯だ。
なんで旅館の夕飯にはかならずちっちゃい鍋が付いてるんだろう。あの青い固形燃料で燃やして「消えた頃にお食べください~~」ってやつ。
昔からあれはつき物でしたっけ?
あれを触ってひっくり返しはしないかと注意するのはしょうゆやらお皿に気を使うのとはレベルが違う。
できればあの鍋はやめて頂きたい。
子供がいるときはあの豪華の食事もまったく価値はなく、むしろ使い捨てのパックにつめて出してもらいたいくらいだ。

右手でご飯を食べつつ、左手で子供を制しつつそして右手で子供にご飯を食べさせる。反対側には同じ動きをする夫がいる。夫婦の見事な連係プレーでどうにか食事を終わらせ、
「可及的速やかに食器を片付けてくださいっっ!」とフロントに電話をした。

お布団の上でひとしきり遊んで、やっと息子を寝かしつけた。
ここからが私の『夜のお楽しみ』だ。
といってもコンパニオンやヌードショーを呼ぶわけではない。
部屋においてあったパンフレットにコンパニオン、芸者の下に『酌婦』というのがあって、ものすごいおばちゃんが写真に載っていた。これでは手酌のほうがいいのではないかと思ってしまう。コンパニオンの成れの果てということか。。。

話はそれたが、昼の間にマッサージの予約をしていたのだ。
どうやら予約の電話の口調からすると、中国の施術師のようだ。
子供ができてから、抱っこしたり公園で運動したりする機会が増え、体が凝ることが増えた。
オヤジのようだが、ホテルに泊まったり旅館に行くとマッサージを頼むのが最近の楽しみになってしまった。
下手な人に当たったりしたら最悪だ。
痒いところにすんでのところで手が届かない感じとでもいおうか。
どうしようもない欲求不満だけが残ってしまう。

昨日も今日の人はうまいかしら、、、とドキドキしながら8階の施術室へ行った。
中国は山東省の出身とおっしゃる全先生。
とてもにこやかで優しい感じのお方。
昼間息子と一緒のところにお会いしたので、私に子供がいるのは覚えていらした。
「コドモ、ナンサイカ」
日本語はかなり達者だが、時々なぜか乱暴な口調になる。
マッサージはかなり上手で、中国4千年の歴史を感じさせる。
力もちょうどよく、強いのだが痛気持ちいいといった感じだ。
両手はもちろん、時には軽やかにぱっと跳ねて背中の上に乗り、両足や膝でぐいぐいと揉んでいく。

私は特異体質のようで、人よりかなり立毛筋が過敏らしい。
ちょっと触られるとたちまちざわ~っと『さぶいぼ』(とりはだの意)が立つ。
とっても気持ちよかったのだが、右側の背中をぐいぐい揉まれると右半身にさぶいぼがざわざわ~、左の腰を揉まれると左半身がざわざわ~、両手でお尻の下の辺りをぐいぐいやられると両方の下半身にざわざわ~~っという感じで60分立毛筋が鍛えられっぱなしであった。

あっという間に60分の全身コースが終わった。
翌日ももみ返し(強くももまれた後に起こる痛み)なし。
温泉や料理や部屋はいたってフツーの宿であったが、このマッサージはもう一度受けてみたいと思わせるうまさだった。


行き当たりばったりにしてはけっこう面白い連休でした。
[PR]
by kumako-93 | 2006-09-24 20:43 | 育児

小ネタですけど・・・

面白い記事があったので。

出身地を推測できる「ばんそうこう」

そういえば子供のとき絆創膏のことなんて呼んでたっけ。
やっぱりバンドエイドかなあ。

私は18まで神戸に住んでいたが、その後は大学で北陸に行き、北関東へお嫁に来た。
父は北陸で母は京都で育った。
夫は北関東の出身で、学生時代を東京で過ごした。
兄は学生時代を北陸で、その後北海道、沖縄と転々としている。
北陸の大学でも、地元出身の人は少なく、日本中のさまざまなところから集まっていた。

だからなのか、ばんそうこうとも言うし、バンドエイドとも言う。サビオとも呼んでいた気がする。キズバンもカットバンもなんか聞いたことがある。さすがにリバテープとは言わなかったが。

地図を見てみると、北陸はばんそうこうなので、父が言ってるのを聞いていたのかもしれない。
でもどうして奈良はぽっかりそこだけリバテープなんだ?

赤ちゃんの夜泣き薬は『樋屋奇応丸』。
カンムシシシハキコマッタナ~♪ヒヤヒヤヒヤノヒヤッキオーガン♪
大人になってからやっと意味が分かった。

ちなみに、仏壇は「お仏壇~の~浜や~~♪」っていうのが普通だと思っていたが、夫に言わせると「おぶつだん~は~はせがわ~~♪」が常識だそうだ。
でもこれ、微妙にメロディーというか調子が似ている。
こういう波長を聞くとお仏壇を買いたくなるのだろうか。

昔好きだった『探偵ナイトスクープ』という番組で、アホとバカの境界はどこか、というテーマで取材していて、確か愛知県のあたりでここの家はアホだけど、隣はバカで、ここが境界だ~という結論に至っていた。
けっこう面白くて、確かその年の放送なんとか賞なんかを受賞していたと思う。
あの番組、毎週見てたけど、小枝のパラダイスシリーズっていうのが特に好きだった。
もしかしてそっちでまだやってます?
関東ではたぶん放送していないと思うんですけど。

こういうどうでもいいことを追ってる人って仕事が面白いだろう。
ピタゴラスイッチの仕掛け作ってる人とか。
[PR]
by kumako-93 | 2006-09-22 12:17 | つぶやき

意志の弱いわたくしです

今日も行ってきました。保育園の見学。
保育園ってほとんどが駐車場なしなので、今日は先日買った自転車で行ってまいりました。
風を切って調子よく走り出したものの、しばらくすると足が重くなってきた。
補助椅子に足が当たらないようにかなりの『がに股走行』なので、大腿の外側の筋肉を使うらしく疲労が・・・。
有酸素運動だ~とばかりにスーハースーハー大きく息をしてみる。
不審者と思われたかもしれない。
これもダイエットのためだわ、と思いつつ我慢してこぐ。

今日は公立でごく標準的な園であった。
季節柄、運動会の練習をしていて自由に遊ぶ姿は見られなかったが、年長と思われる子供たちが鼓笛で行進していたり。
もし自分の子にあれをやられたら、運動会でカメラを片手に号泣すること間違いなしであろう。
「この辺の子達が同じくらいの年齢ですよ」
と指された先の子達を見てびっくり。
すごくしっかりして大人っぽい(?)。
おやつの時間もヨーグルトとバナナとレーズンを合わせたもの(よかった、手作りで。)を自分で食べて口の周りがサンタクロースみたいになっていた。
すごいな~。うちの子はまだ私がほとんど食べさせているから。

ここも候補に入れておこう。

行きでかなり疲れてしまったので、帰り行き倒れないか心配であったが、どうにか家に到着。
息子に
「お友達も食べてたおやつだよ~」
とバナナにヨーグルトを混ぜてやったが、一口目からべぇ~と吐き出す。
どうやらちょっと見せたくらいでは成長したりはしないらしい。

はぁ~それにしてもいい運動だったわ。
汗もいい具合にかきました。
と思いつつ帰りのコンビニで買った甘い炭酸のジュースを飲む。
シュワっとしておいし~!

私のダイエットなんてこんなもんです・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2006-09-21 12:23 | 育児

アホな失敗

今朝息子は虫の居所が悪く、ずっとぐずぐず言っていた。
いつもは朝『おかあさんといっしょ』を見ている間に化粧をして洗い終わった洗濯物を干す、という作業をするのだが、今日は天気もよかったし、息子が寝ている敷布団のタオルケットを干そう、という気になって洗っていたらテレビの時間に間に合わず、テレビを消してからの作業となってしまった。
遊んでいるところをそーっと抜き足差し足で洗濯機のあるところに行って干していたが、2分と経たないうちに「あー!あーー!!(あれ?おかーさん、なんでいないの?の意)」と言い出し、仕方なく干している場所に連れてきたが足元にすがり付いてギャーギャー泣いている。
これがマンションなら「虐待してるみたいです!」と隣人に通報されてしまうかもしれない。
でも放っておくと臭くなるから、泣き声を無視して続けていたが、あまりにうるさいので抱っこして干すことにトライ。
左手に息子、右手に洗濯物を持ち、左ひじと小脇で息子を挟み、その左手でピンチをつまみ、右手の洗濯物を・・・・
って、できるかーい!!
1枚目で挫折。
仕方なく息子をまた下に降ろした。
1回抱っこしてもらったのにまた降ろされたものだから、泣き声はさらに大きくなる。
見たら鼻水と涙で顔がぐしょぐしょだ。
心を鬼にしてさらに作業を続け、やっと終えて息子を抱き上げたが、あまりに泣きすぎたために息子自身もパニックになっていて全然納まらない。
そういえば昨日行った保育園で、水曜は朝から園庭を開放していると聞いたわ、それに行ってしまえ~、と取るものもとりあえず車に急ぐ。
靴やら自分のかばん、家と車のキーもとりあえず助手席に入れて、息子をチャイルドシートに乗せなくちゃ、とドアを閉めたところであれ?なんか違う・・・。
ありゃ~、ドアがロックされてるじゃないの~~!

そうです、むちゃくちゃ久しぶりにやってしまいました。
免許取立ての頃も一度やったことがあったんだ。
そのときはJAFを呼んだ。でも私は会費を払っていなくて、同情していた友人が会員だったので、その友人が運転していたことにしてただであけてもらった。せこい私ですみません・・・。もう時効ですよね。
どうやらむずがる息子を抱えつつキーやら荷物やら持っていたせいで、かばんか体にキーのロックが押されてしまっていたらしい。

しばらく「・・・・・」とたたずんでしまった。
泣いていた息子は私が焦っているのを見て、泣いている場合じゃないと思ったのか泣き止んできょとんとしていた。

結局義妹が隣家にいたのでそこにお邪魔し、お願いして夫の職場まで行って家のキーをもらってきていただいた。


帰ってきた夫に詳細を話すと
「○○君を(息子)中に入れたときじゃなくてよかったね」
確かに~~。
今日はけっこう暑かったから、そんなことになってたら大変でした。
『1歳男児、アホな母親のせいで重症』なんて新聞に載るところだったわ・・・。

a0079354_22452497.jpg
[PR]
by kumako-93 | 2006-09-20 22:45 | 育児


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧