kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93

<   2006年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

欲張りとはこういうこと

記事書いていたらパソコンがフリーズして全部消えてしまった・・・。
あー口惜しい。。。

車でうちから少し行ったところにモデルハウスがあるのだが、その家の前に似合わない水色のポリバケツがぽつねんと置いてある。
そのバケツが気になって仕方ない。
どうしてか?
うちのバケツが庭から消えたから・・・。
あんな大きなものなくすはずがないのに、いくら探しても出てこない。
きっとこの前の風の強い日に飛んで行ったに違いない。
でも「あ!このバケツうちのだわ!!」というほど特徴のあるものでもないので、うちのものと確信が持てず持って帰れずにいる。
だってもしかしたらそこの家のものかもしれない。
あんなバケツ盗ったなんて思われてもしゃくに障るわ。
そんなもんくれてやるぜ!!
って、いらない?


通販生活のカタログが届いた。
ああいう類のカタログって買わなくても見ているだけで楽しい。
(そのうちに見てるだけの域をすぐ超えてしまうことになるのだが・・・)
何を買おうかしら・・・。
寒くなるので、毎日の公園通いに備えて防寒具が欲しくなった。
婆シャツともも引き(インナースパッツというらしい)のページを折り返した。
でもそんなばっちり決めた日に絶対事故なんかには遭いたくないなあ。
救急救命室のナースが私の服をはさみでじょきじょき切りながら叫ぶ。
「先生!患者は三十ウン才女性、血圧100の60、意識は清明、後頭部と右腕に擦過傷があります!
あ!先生大変です!!この方婆シャツを着用されています!!」

そんな辱めを受けるくらいならひっそり死にたいわ・・・。
(擦過傷では死ねませんね、きっと)


実家から両親が来て普段できない窓拭きをしてくれた。
例の鳥がぼんぼん当たりまくる窓です。
a0079354_21565177.jpg
















a0079354_2157595.jpg
















もー、手伝いっていうよりじゃましてない?




庭の片隅に柿木があった。
父が家から持ってきた『高枝切りバサミ』で実を取ってくれた。
a0079354_21583972.jpg

















1個ずつ食べること!!
[PR]
by kumako-93 | 2006-10-31 22:01 | 育児

準パラ終結・・・

楽で楽しい日々はあっという間で、今日の午後両親が帰っていった。
またすぐ会う用事があるが、見送るのはなんだか寂しい。
息子が生まれる前はこんなことはなかった。

「○○クンが(息子)昼寝したら帰るわ。」
という母の言葉を聞いていたのか、いつも昼ごはんを食べるとうとうとしだすのに、今日は粘りに粘ってなかなか寝ようとしない息子。
起きたらきっとじーちゃんばーちゃんの姿を探すだろうなあ。
なんだか切ない。

人手があるうちに、と息子の衣類の整理をした。
衣替えや小さくなったものをしまわなくちゃ、とずっと気になっていたのだ。
新生児の頃の股の下でボタンを留めるものがたくさん出てきた。
なんだか捨てる決心がつかず、「次の子が生まれたら・・・」とあるかどうか分からないことのためにとっていたが、見てみるとおっぱいで襟元が黄色く変色し、洗っても落ちないものばかりなのでこの機会に思い切って捨てることに。
いや、捨てるのはなんだかもったいないので、やっぱり床でも拭いてから捨てることにしよう。
ほとんど着ていなくてきれいなものだけコンテナに入れた。
3分の1くらいの量になった。

あの時は重くて腱鞘炎になったくらいだが、今見てみるととても小さい。
洗うと襟元がくるっと表側に反り返ってそこが口元に当たり、反射でずっとおっぱいを探す口になってたっけ。
おっぱい出なくて苦労したなあ。
去年の冬はずっと家にこもりっぱなしで私もストレスたまってて、正月の2日から夫と大喧嘩したなあ。でもアカチャンホンポでくじ引き引いたら黒毛和牛が当たって機嫌が直ったんだった。

色々思い出した。

a0079354_15123895.jpg




















かわいいわ~。
食べちゃいたい。

a0079354_15132078.jpg




















この頃は痩せてました。

a0079354_1514240.jpg


















この頃の写真を見ると、寝てるものばかり。
やっと目を開けているのを見つけた。

a0079354_1514391.jpg



















う~、この笑顔がたまらん・・・。
今でも笑うとこの顔に歯を足したような顔になる。


はー、準パラの余韻から抜け出して早く夕飯の用意しなくちゃ。。。
[PR]
by kumako-93 | 2006-10-30 15:19 | 育児

いっちょまえに・・・

今までも何度かうちの家に私の両親が遊びに来るということはあったのだが、今回息子の反応が明らかに違っていた。

これまでは祖父母がいても「おかーさんおかーさん」でなかなか私から離れることはなかったが、今回は違う。
何をしても褒められるのがうれしくて、自分から祖父母にアピールに行く。

いつもはお風呂に入って牛乳を飲んで、「ネンネ行く?」と聞くと、行く~!とさっさと2階に上がりたがるのだが、祖父母が来てからは遊ぶのが楽しくて仕方がないらしく、ネンネに行きたがらない。
私が「ネンネ行く?」
と聞いても知らんぷりを決め込む。
違う遊びを始めて話をはぐらかそうとする。
ちょっと眠い素振りをするのだが、一生懸命起きていようとする。

なんだかいっちょまえの子供の反応みたいではないか。

最近考えていることがちょっと分かったり、大人の真似をしたりして面白い。

a0079354_2353782.jpg


















登るのはいいけど、下でフォローするのはけっこう大変なのよ。

a0079354_2362146.jpg













滑り台も『真っ逆さま』じゃなくて、上で自分でお座りできるようになりました。

a0079354_237439.jpg














なんでも口に入れるのは昔のままです・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2006-10-29 23:09 | 育児

準パラ満喫中♪

準パラ満喫中です。

言葉が足りませんでしたが、『準パラダイス』は、実家がパラダイスとすると親がこっちに来てくれることなので、パラダイスほどではないけれどかなり楽できる、ということで準が付いているのです。
だから、実家に帰ることは『純パラダイス』ということです。

どっちでもいいって?

今日はまず父と一緒に庭の手入れ。
父は庭仕事はきっちり丁寧にやる人なので、草ぼうぼう荒れ放題窓から見たくない景色だったうちの庭もすっきりきれいになった。
私も草むしりを手伝う。
草を取る用の鍬を初めて使ったのだが、先人の知恵に感動いたしました。
今まではしゃがんで細かい雑草を一つ一つ抜くしかなかったのが、柄の長い鍬なので立ったまますっすっと鍬を手前に引くだけであらかたの雑草は取れてしまう。
あとは少し残った根を手で取るだけ。
こんな便利な道具がいまだかつてあったであろうか・・・。
あったのでしょう。私が知らなかっただけで。
あんなに面倒だった草むしりがぱぱっとできてしまった。
これがあればこれからもちょくちょくできるかもしれない。
(多分しないんだけど)
伸びた枝や枯葉も取ってもらい、見違えるようになった。

居眠りしながら昼ごはんを食べ終わった息子を寝かしつけ、一人アカチャンホンポへ。
一人の買い物っていいですね~。
いつもなら適当に手に取ったものをポイポイかごに放り込むところを、あれにしようかこれにしようか吟味しながら選ぶ。
ま、結局肌着やらおむつやらBFやら、買うものはいつもと一緒なのだが。。。

息子が寝ている間に夫と二人でラーメンを食べに行く。
背油たっぷり濃厚しょうゆ。
う~ん、思いっきり体にもダイエットにも悪そうですね。




ん?
準パラだけど、なんか内容はおかーさんの域から全然抜け出せていない私。
なんだかなあ・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2006-10-28 22:11 | 育児

またまた 準パラ入りま~す♪

奥さん、『家族』っていうドラマ見てます?
私も用事しながらなのでみっちりは見てないが、子供がかわいそうという気持ちで見ていられない。誕生日忘れてしまうなんて~~。おかーさんひどすぎるよ・・・。


今日も足元の悪い中近くの公園へ。
いろんなところを転げ回り、いつにもまして泥んこになる息子。
まわりのお友達はもう少し大きい子が多いせいか、息子のように汚い子はいない。
なぜか顔までどす黒くなっている。
なぜ?

ここでみっちり2時間遊ぶ。
日に焼けるのが嫌で体育館の部活に入った私なのに、どうして今こんな目にあっているんだろう。。。
卒乳して以来、夜よく眠るようになったからか、今まで11時には我慢できず昼寝していたのがお昼を食べてから寝てくれるようになった。
でも、昼ごはんを食べながら寝ていたりする。
どうして子供って食べながら寝てしまったりするんだろう・・・。
でもあの顔はものすごいかわいくてついついベッドに連れて行くのが遅くなってしまう。

ここで発表いたします!!
わたくしkumako、今週末なんと・・・・



準パラに入りま~す!!!

今日の夕方私の両親が車で遠路はるばるやってきた。
いつも電車で来いと言っているが、車はポイポイ必要なものを放りこんで来られるので楽だというのだ。
うちの母、車の助手席に座るとものの5分で寝てしまう。
いつの日かボケて徘徊とかしてしまうようになったら車に乗せろ!がうちの合言葉である。(そんな家族どうかと思うが)
そしてそのDNAは確実に私に受け継がれている。
うちの車、ちょっと特殊なので知っている人が見たらすぐ分かるのだが、
「昨日見たよ!なんか助手席でぽっかーんとしてたね」
とよく言われるのだ。

母は時々会っているが、父は2ヶ月ぶり。
めずらしい人がいる、という感じでいつもとちょっと違う息子。
こんなに小さくてもいっちょまえの子供みたいな反応で面白かった。


というわけで、数日間ですが満喫させていただきます!!
[PR]
by kumako-93 | 2006-10-27 23:31 | 育児

花よりダンコ

どうやら日本ハムが優勝したらしい。
たまたまチャンネルを回したら「44年ぶり2度目!」という字幕スーパーが見えた。
へー、44年ぶりってすごいなあ。

野球やサッカーにはほとんど興味がない。
日本シリーズをやっているということについ3日ほど前に気付いたくらいだ。
「え?何年か前からプレイオフっていうのができて、そういえば日ハム優勝って言ってたけど、これからプレーオフするのかと思った。」
夫に鼻で笑われた。夫だって野球はほとんど見ないというのに。
セ・リーグがどっちでパ・リーグがどっち、ということも全く覚えられない。
大体選手が知らない人ばかり。
松井・松阪を最後にそれ以降の人はほとんど知らない。
日本ハムの選手も新庄以外誰も知らなかった。
だって「腹立つのり!」と言っていた時代の人だから。

子供の頃甲子園に親と一緒に行ったり、オリックスが強かった時代はにわかファンとなってグリーンドームに行ったこともある。
まわりの人と応援で盛り上がったが、実を言うとイチロー以外知らなかった私です。
どうか許してください。

どこかが優勝すると、デパートやスーパーで優勝セールがある。
全品3割引とかだったら行ってもいいが(なぜか高飛車)、たいていああいうのはワゴンに乗ってる商品だけで、欲しいものはほとんどなかったりする。
日本ハムが優勝したら、ハムがやっぱり安くなるのだろうか。
中日が優勝するよりかは主婦にとってはうれしいことかもしれない。


こんな私にも将来夢がある。
息子を連れて東京ドームに野球観戦に行くことだ。
あそこで飲むビールは旨そう!(結局それかよ!!)

でも問題が1つ。
いったいどこのチームを応援すればいいのだろうか・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2006-10-26 23:54 | つぶやき

更年期!?

ハイ、次の方どうぞ~。

先生、最近よく汗をかくんです。
今日なんか掃除機かけてたら暑くて暑くてのぼせてしまって・・・。
公園に行ったときもそうでした。
それと、息子のちょっとした行動にイライラして、またしかってしまいました・・・。

は~そうですか。
症状からしますと、更年期障害と思われますね。
え?そんな歳じゃないって?
そう思われがちですけどね、けっこう若い方でもあるんですよ。
最近は男の更年期障害も注目されてるんですよ~。





ちがうんですよ~。
私まだ若いしぃ~~。

原因はうちの暖房。
昨日寒かったので我慢できずつけてしまったのだ。
うちの暖房、家全体を暖めるものでつけても2週間くらいしないと暖まらない。
その反対も言えて、消してもかなり長いこと暖かい。
冬はつけたり消したりするほうがコストがかかるらしく、ずーっとつけっぱなしだ。
おかげで外から帰ってきたとき寒くないのがいい。
廊下も暖かいので冬、トイレに行く夫に「私の分も行っといて!!」と言わずにすむ。
(私だけですか?)
廊下においてあるみかんを誰が取りに行くかで争いにならずにすむ。
(うちだけですか?)

でも、けっこう予測してつけないと今日みたいにまた暖かい日があると暑くて暑くて・・・。
暖房をつけながら窓を開ける、みたいな意味のないことになってしまう。

明日からの天気、どうなるんだろう。
そろそろ11月だから、もうちょっと寒くてもいいんですけどねー。
公園の毛虫どもが死滅する温度になってほしい。
ホント今すごいんです。注視すると気持ち悪いくらいいっぱいいるんです・・・。
農薬嫌いの義母にはナイショだが、私的にはむしろどんどん消毒してもらいたいくらいだ。


あ、ちなみに息子をしかってしまったのは、昼ご飯食べながらうとうとしているからもうそろそろ眠いのね、と寝室に連れて行ったとたん覚醒し、それから寝付くまで1時間半かかったからでございます。
おかーさんお腹空いてたからイライラしてたのよね・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2006-10-25 17:35 | 育児

どうでもいい話

今日はリトミックの日。
フリースタイルを信条とするわが息子は、先生の「ママのお膝の上にのってお話を聞いてね~~」という言葉を全く無視し、とことこどこかへ旅立ってしまう。
そういう時は全く後ろを振り返らない。
20人ほど同じくらいの年齢の子供が集まっているのだが、ほとんどの子がお母さんのそばでいい子にしている。どうしてみんなあんなにいい子ばっかりなんでしょう。私のしつけのせい?

そのなかで、歌を歌いながら子供を抱っこしリズムをとりつつ歩く、というのがあった。
その歌が「まつぼっくりの歌」。
まつぼっくりがあったとさ~♪ころころころころあったとさ~♪
みたいな歌。
先生は「若いお母さんは御存じないかもしれないわね・・・」
とおっしゃっていたけど、そんな歌知ってました?
私は知らなかったが、同い年のお母さんが知っていたのでおそらく私たちが子供の頃に流れていた音楽なのだろう。
大体子供の頃、私はもっと下品な歌ばっかり歌っていた気がするなあ。
おてて~つないで~夜道を行けば~♪
あのおなじみの歌の替え歌で、
おててんぷら つない出目金 
夜道を行けばばたん~~♪
というのをよく口ずさんでいた。
これをこの前歌っていたら、夫が
「ばばたんって何?」
と聞いてきた。ばばたんといえば、もちろん『うん●』のことですわよ。
これが方言ということにとっても驚いた私。
私が幼少時を過ごした地域では『ばば』とか『ばばたん』という別名があった。
その当時、飼い犬のうん●の始末をする、ということはまったくなかったし、野良犬もまだ歩いていたため、公園やグラウンドには犬の糞がたくさんあった。
家の近くのグラウンドは特にたくさん犬の糞があったため、子供たちの間では『ばばたん球場』という屈辱的ともいえる名前で親しまれていた。
「それじゃ、馬場さんっていう名前の人はいってみればうん●さんってことだよね。」
と夫。
そうなんです。あの地域に生まれてしまったせいで、馬場さんはとっても嫌な思いを色々してきたに違いありません。
子供のとき『志村』と『馬場』という名前でなくてよかった、といつも思っていた。
(志村は志村ケンからです。全国の志村さんと馬場さん、すみません)
あとは数え歌で、
いちにぃ サンマのしっぽ ゴリラのむすこ 
なっぱ はっぱ くさった とうふ
というのもあった。
これももしかして地域限定なのかしら・・・?

話がしもへしもへとついつい行ってしまう私の記事であるが、「まつぼっくりの歌」っていうのは知らなかった、という話でした。
いや~、お里が知れるってこのことですね・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2006-10-24 20:58 | 育児

写真で綴る平成の王子様

昨日2台目の自転車を購入。
息子と乗るために補助椅子をつけたものをちょっと前に買ったのだが、週末家族で出かけるときに私と息子が自転車、夫が伴走という『kumakoヨットスクール』状態になっていたので。
2台あれば夫も汗だくになって走らずにすむ。
私的には横から「オイッチニ、オイッチニ!!」と掛け声をかけるのもなかなか楽しかったのだが。
これでちょっとそこまでサイクリングに出かけられるね。
最後のヨットスクールを楽しみながら近所の自転車やへ。
自転車ってけっこう高いんですね。


買った足で公園へ。

やっぱりうちの子、天才かもしれませんわ。
ドリブルがうまいんですの~。
末はサッカー選手ですの。
a0079354_151287.jpg












こら!それは反則でしょ!!
a0079354_1512259.jpg

















アスレチックもスイスイ。
このあと網に足がはまり、ぶーたれることになるのですが・・・。
a0079354_15131854.jpg

















見よ!我が家の白馬に乗った王子様!!
そういえば気品がにじみ出ているではありませんか!!
いや~、育ちのよさは隠しようがないですわ・・・。
a0079354_1514234.jpg
















と思ったら落馬~~!!
a0079354_15144441.jpg














でもうちの王子様、おやつがあれば立ち直れるんです。。。
a0079354_16554630.jpg
[PR]
by kumako-93 | 2006-10-23 15:16 | 育児

コネ子がんばってます!

実家から栗の渋皮煮が届いた。
母は毎年丹波から栗を送ってもらい渋皮煮を作っている。
今年は栗が不作だそうで、少ししか分けてもらえなかったらしい。
夫は栗とか芋とかそういうのは苦手のようで、たいてい私が一人で食べる。
そのまま食べてもおいしいのだが、先日コネ子を発掘して以来パン作りに凝っているので、今日は栗パンを作ることにした。
そういえば先日コネ子でパンを作ったときのこと。
イメージではパンの中にコロコロの栗が混じるものを想像していたのだが、最初に栗を入れたら完全にペーストになって生地に練り込まれてしまった。
どの時期に加えたらいいんでしょうか・・・。
そうそうその時に強力粉やら砂糖やらを次々投入し、さあ、これで2時間待つだけ!と思いふとコネ子の周りを見ると、茶色い粉が・・・。
肝心のイーストを入れるのを忘れていたのだ。
ひえ~~と思いコネ子の中を覗き見るとすでに生地は一塊にまとまってしまっている。
こりゃあダメだ、と『取り消し』というスイッチを押してみたがコネ子は全く無視。もくもくと作業を続けている。
コンセントを抜いても、次に入れるとまた作業の続きが始まってしまう。
どうやらうちのコネ子、熱中すると周りの声が聞こえなくなってしまう性格らしい。
でもこの『取り消し』スイッチ、こういうときに取り消しにならないとしたら、どういう場面で使うものなんだ?
こうなれば失敗覚悟でここにイーストを入れてやれ!とこねている途中で投入。
しばらくして見てみると、生地の外側にイーストの顆粒がそのままくっついている。
これはダメだな・・・・。

それがこのパン、意外と成功でした。
ちゃんと発酵してふわふわになったし、おいしかった。
さすがコネ子、いい仕事してますね~。

a0079354_13435485.jpg















今日は生地に栗を練りこまず、中に包んでみた。
生地は水の代わりに牛乳を入れたもの。
べたーとして見た目はちょっと悪いが、味は上々。
焼きたては格別だ。
ちょっと味見、と思いあっという間に1個食べてしまった。


食欲の秋。
私のダイエットはいつ始まるのだろう?
[PR]
by kumako-93 | 2006-10-22 13:49 | 手作り


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧