kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93

<   2007年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

第一弾完成!

ふー、やっとひとつ出来上がりました。
今回の帰省の目的のひとつである『保育園グッズ作り』。
今日ようやく『布団袋』を完成させました。
a0079354_231666.jpg












お昼寝用の布団を毎週末持って帰って干さなくてはいけないらしく、それを持ち歩くのに使うかばん。
デニム地の生地にアイロンでくっつくフェルトを使ってアップリケをした。
王子様、ミッフィーに興味があるのかないのかは分からないが、あまり他のキャラクターを知らないせいか、数少ない知っているキャラのミッフィーには反応を示す。
著作権なんかは無視して使わせていただきました。
いつものとおり、遠目で見てください。近寄らないでください。

こういうグッズがあるからといって保育園が好きになるわけではないだろうが、せめてもの罪滅ぼしといでもいおうか。
カタカタとミシンを走らせながら複雑な心境。
お友達と仲良くやっていけるだろうか。
先生は王子様のことを理解してくれるだろうか。
心配する一方で、ちょっと息子から離れた時間を持つ開放感にも似た気持ち。

出来上がった息子よりも大きいバッグを見て私の母が言った。
「こんな大きいかばん持ってあの子保育園に行くんやね・・・。
なんか切ないなあ。。。」
わーそれを言わないでくれ。
私も同じこと考えてたんだから。

楽しい保育園生活が送れますように。
[PR]
by kumako-93 | 2007-02-28 23:15 | 手作り

満喫中

昨日はあまりに寒くて、実家に帰ってきたことを早くも後悔したが、今日はとても暖かい一日だった。
私も王子様も実家を満喫しております。

近所に公園があるのだが、ここが王子様にとってはツボスポットのひとつだ。
公園の中央に土でできた小山がある。
その坂道をとっとことっとこ走り降りるのが楽しいらしい。
滑り台もちょっと長めのローラー滑り台。
おやつを食べるためのベンチもあるし、道路がすぐ近くにあり、バスが何本も通る。

今日は暖かかったので、夕方大蔵谷の海岸に行ってみた。
砂浜はなく、砂利と木で整備されている。
自然保護団体の人が見たら眉をひそめそうだが、王子様にとっては格好の遊び場。
とりあえず坂道を登ったり降りたり。
a0079354_21484330.jpg











時間帯のせいか犬の散歩の人がやたら多い。
そして犬たちは皆服を着せられている。
a0079354_2150389.jpg











このとおり、とてもご機嫌。
a0079354_21502636.jpg













後ろに通っているのはたこフェリー。
私は持ってきたロモのカメラを構える。
しかし残念なことにフィルムがうまく巻き取れていなくて、1本はほとんど写っていない様子。
ゲージュツ的な写真が撮れたはずなのになあ・・・。
a0079354_21542069.jpg
[PR]
by kumako-93 | 2007-02-26 21:54 | 育児

どうして実家ってこんなに寒いの?

パラダイスにやってきました。
そう、実家です。

無事に着くことができたけれど、今回の旅にはいくつかハプニングがあった。

飛行機が比較的早い時間だったので、前日東京に泊まることにした。
土曜日夫の仕事が終わってからいそいそと出かけた私たち。
なるべく早く着いて夕飯の場所を探したり、ホテルの周りを散策したりしよう、と張り切っていたのだが、美女木ジャンクション近くで
「バーン!!!」
とものすごい衝撃音。
一瞬隕石でも降ってきて、うちの車に運悪く命中したのかと思ったほどだ。
王子様がお稲荷さんのお供えをいじったりお水をこぼしたりしたばちが当たった!?
しかしそうではなく、車の上につけているボートみたいな物置(名称は知らないが)が強風で開いてしまっていたのだ。
しかもその中からこの前スキーに持っていったそりが飛んでいってしまった。
それも高速道路で。
私も夫もかなり動揺したがなんとかハザードを出して、路肩みたいなところを徐行し、一般道に出てやっと止まれた。(ちょっとした渋滞を作ってしまいました。すみません!)
不幸中の幸いでそのボート状の物置は割れていた。割れていなければ昨日の強風で幌のように風をまともに受けて車が横転していたかもしれない。
実際そういう現象でトラックが昨日横転したというニュースをテレビで見た。

その足で近くのオートバックスに行って物置をはずしてもらった。
なんとか事なきを得たが、かなり時間のロス。
結局ホテルの横のオフィスビルみたいなところの食堂街でうどんを食べた。
東京まで行ってうどんかよ・・・。
でもこれが飛行機に乗る当日なら、絶対乗り遅れていたところだった。


当日の飛行機も整備点検で2時間ほど到着が遅れた。
でもそのおかげで王子様は飛行機の中でぐずることなくすんなり昼寝タイム。

終わりよければすべてよし。

今日からしばらくゆっくりします。。。
ちなみに今日の実家の気温は8度。
家の中とは思えない寒さ。
ウォームビズですか!?
エコとは無縁の人たちなんですけど・・・。
それでも母は
「ぜんぜん寒くないやん!」
と強気の姿勢。
そりゃあばばシャツやらももひきやらそれだけ着込んでいれば寒くないでしょうよ。
[PR]
by kumako-93 | 2007-02-25 21:54 | つぶやき

困った人・・・

都会の片隅のバーで、カウンターに座った女がとなりの男に向かって伏せ目がちにつぶやく。
「困った人・・・。」



そういうことでは全くございません。
そう、この困った人は間違いなくうちの王子様。

最近自分のしたいことがはっきりしてきた。
それをやらせないと泣いて怒る。
こういうのを『自我の目覚め』とかいうのかもしれないし、それは成長の証かもしれない。
でも、色々良いように考えようとしても、やっぱりどうしても面倒くさいことこの上ない。

洗面所での水遊びとか、庭のお稲荷さんに備えてある水やご飯を触ろうとすること、夕方暗くなってからお外で遊びたがること、水たまりでばしゃばしゃやって靴をびっちょんちょんにしてしまうこと、パソコンのマウスやキーボードをめちゃめちゃに触りまくってフリーズさせてしまうこと、紙パックの牛乳をぎゅっと押さえて辺り一面牛乳だらけにしてしまうこと。。。

数えあげたらきりがないのだが、目下一番困っていることは、自分で家の鍵を明けたがることだ。
家に帰ってきて鍵を開けようとすると、絶対に横から「あー!あー!!(オレにやらせて!!)」とお声がかかる。ここでやらせないと必ずイナバウアーで泣くので(2007年までイナバウアーを引きずっているのは君くらいよ!)、仕方なく鍵を渡す。
幼い子供にとって鍵というのはかなり難しい作業のようで、まず鍵穴に入れるのに一苦労。やっと入っても手首を使って回すのがまた難しい。できないけど私が手伝うと怒る。
王子様に気付かれないようにさりげなく手伝いつつ、やっと開いたとしてもなぜか「あー!!(まだやる!)」とまたああでもないこうでもないと鍵を抜いたり回したり。
勝手にやってくれていたらまだいいのだが、鍵の高さは王子様が背伸びしても届かないので、その間ずっと抱っこなのだ。
下手すると10分以上寒風吹きすさぶ中王子様を抱っこしてドアの前で耐えなければならない。

心の狭い私には、毎回繰り返されるこの作業を「成長の過程だわ。ふふふ・・・。」と微笑んで過ごすことがどうしてもできないのだ。

あー早くこの時期が過ぎて欲しい。。。

お稲荷さん物色中。
ばちが当たっても知らないよ!
a0079354_13543690.jpg










水たまりで靴を濡らすので、長靴を買ってみました。
お気に入りの様子で、晴れているのに長靴を履きたがる。
[PR]
by kumako-93 | 2007-02-24 13:56

年の功

今日は4月から王子様が通う保育園の健康診断の日だった。
本当は仕事が始まったらしばらく実家に帰れないので、ちょっと長めに帰省したかったのだが、この日があるので実家に帰る予定をずらした。

それなのに本当に健診にはついていない。

前にもらった資料に「2時から3時半の間に来て下さい」とあったので、今日は昼寝を早めるために早起き作戦実行。
こてっと寝ていただくために午前中はずっと外で遊ばせた。
その甲斐あってか、12時過ぎにはあっさり就寝。
やったー、これで3時くらいに連れて行けば完璧。。。

実際保育園に3時過ぎに着いた。


それなのに、そこにいた小児科医はぷりぷり怒っている。
まわりにいる保育士の空気も凍りつくほどだ。
「先生が待っているので、早く早く・・・」
と時間通りに来たのになぜか急き立てられる。
先日の1歳半健診で懲りた王子様は服を脱がされるだけで泣き出す。
本来子供をリラックスさせてくれるはずの小児科医は泣き出した王子様を見て明らかに不快な表情でふーっとため息をついた。
それを感じたのかは分からないが、王子様は一層おびえて激しく泣いてしまった

その後の保育士と医者のやり取りをこっそり聞いて推測するに、おそらく医者側は3時までという条件を出したようだ。それを保育士が間違えて3時半までと記載してしまったらしい。
3時までというつもりで来た医者は、3時を過ぎても仕事が終わらないということで怒ったのではないかと思う。
確かに昼休みを利用して来ているのだから、遅れるのは彼本来の仕事に差し障るだろう。
でも、時間を守ってきた私や息子には非はないはずだ。
あんな態度を取られるなんて納得できない。


育児休暇を取ってから息子を通じていろんな人と接する機会があるが、違う立場で見てみると、自分がいかに嫌な人間だったかが見える。
特に幼い子供と接するときは、今日の小児科医のように
「もー、泣いてばかりでうるさいなー」
という態度だったように思う。
自分より立場の弱い人に対して偉そうな態度で接していたかもしれない。

反面教師じゃないけれど、もっとこうすべきだなとか、この人のこういうところは見習わないとな、ということがたくさんあった。
そういうことを気付いて次に生かせることができれば、この2年もブランクではないかもしれない。

子供を生んでお腹の皮は哀しくたるみ、おっぱいは不思議なほどにぺったんこになり、夫の愛情は全て子供に移ってしまったが、『年の功』といわれるような年齢の重ね方をしていきたいものだ。。。
[PR]
by kumako-93 | 2007-02-22 22:07 | 育児

マイブーム

ふー、やっと終わりました。

この2週間ほどはまっていたもの。
それは・・・



『デスパレートな妻たち』というアメリカのテレビドラマ。
まだシーズン1しかレンタルされていないので、シーズン2はしばらくお預け。
シーズン1がいいところで終わったので、早く続きが見たくて仕方ない。

息子が生まれてから、起きている間は自分の見たい番組を見ることができなくなった。
(すごく小さい頃は授乳しながら昼ドラを見てたりしたんだけど)
9時からのドラマを見ようと思っても、9時に寝てくれているとは限らない。
録画してみようという気力もない。
そういえば学生の頃はドラマが好きで、シーズンごとに必ず決めて見ているものがあった。
登場人物の気持ちになって、涙したり怒ったり。
終わりの予告まできっちり見て、次の週が来るのが待ち遠しかった。
野球のシーズンでドラマが休みになったりすると、野球なんてなくなればいいと思ったりもした。
それがいつの頃からか分からないが、ドラマに入り込むことはなくなった。
大体1時間じっと集中してみていることがまずない。
10分を過ぎた頃から他の事をしながら見出す。
ついにはテレビの前を離れる。

入り込めるような面白いドラマがなくなったのか?
はたまた純粋な心を失ったのか?


久々に続きが見たい!と思った連続のドラマ。
話の主になる筋があり、それを取り巻く人たちのいわゆる副となる筋も丁寧に描いている。
ここ2週間ほど息子が寝るやいなやいそいそとDVDのリモコンを取り出していた。
NHKのBSでシーズン2を放送しているらしいが、途中から見るのももったいない。

4月までおとなしく待つことにしよう。

余談ですが、このドラマのスーザンの顔がどうしても『ビバリーヒルズ高校白書』のドナの顔と重なって仕方なかった。彼女が大人になったらこういう感じなのかしら・・・、とずっと気になっていたのだが、ネットで調べて全くの別人と判明。
そう思ったのは私だけ?
[PR]
by kumako-93 | 2007-02-21 22:12 | つぶやき

弱肉強食!?

今日お昼を外で食べたら、近くに面白い公園を見つけた。
面白いといっても手の込んだ滑り台があるとか、立派なアスレチックがあるとかそういうのではない。
遊具は地味な滑り台、砂場、それとこちら。
a0079354_17502471.jpg










a0079354_17503970.jpg












うちの王子様、この揺れる遊具が好きで近くの公園でも必ず乗る。
今までコアラとかゾウ、パンダなどどっちかというと草食動物っぽい優しい感じのものしか見たことがなかった(パンダは実は凶暴らしいけど、あくまでイメージ)。
でも今日の公園にあったのはライオンとトラ。
これってどうなの?って言いたくなった。
しかもライオンはものすごいシャギー入ってる。

ホントどうでもいいんですけど、無視して通り過ぎることができませんでした。。。
[PR]
by kumako-93 | 2007-02-20 17:56 | 育児

瀕死のおかーさん

クレヨンハウスのブッククラブから今月の絵本が届いた。
申し込むと月に2冊ずつ送ってくる。
本当は図書館にでも行って借りてくれば時間もつぶれるしお金もかからないのでいいのだが、一度行ってあの静寂の中で王子様がいつもどおり「あー!!」と叫び、変な汗をかいて以来行けなくなってしまった。
今月は『ゾウのボタン』と『でんぐりでんぐり』。
『でんぐりでんぐり』は主人公の男の子と猫やらゾウやらが一緒にでんぐり返りをしてごろごろ転がるというお話。
読んでやると王子様、きょとんとした顔であまり惹かれるものはない様子。
そうか、でんぐり返りを知らないなとおもい
「でんぐり返りはね、こうやるんだよ。」
と見本を見せてやった。

でんぐり返りなんて何年ぶりだろう。
10年?いや20年?
調子に乗って2回転がった。


・・・死ぬかと思いました。

たかがでんぐり返りで、と笑った方、布団の上ででもやってみてください。

首は痛いし、回った衝撃でか頭はくらくらする。
背中がうまく丸まらなくてばったんと倒れたせいで腰や背中も痛い。
いや~、運動能力っていうのはどんどん衰退しているんですね。

ちなみに王子様は横でげらげら笑って喜んでいた。
でもおかーさん、あなたのリクエストにはもう二度と答えられません!!
[PR]
by kumako-93 | 2007-02-19 21:48 | 育児

久しぶりの手作りおやつ

昨日作った型抜きクッキー。
こういうさくさくしたクッキーってバターの量が多いのとなんだか面倒くさそうイメージで敬遠していた。
王子様もそろそろ形を見て喜ぶかなあ、と思い作ってみた。
意外と簡単。ワンボールでできる。
ハンドミキサーを使わないので王子様の昼寝中でも作れた。

a0079354_19493386.jpg












a0079354_19495345.jpg











お、あなたは耳から食べる派ですか・・・。
今回は目や口をつけず、形だけだったので大喜びとまではいかなかったが、アヒルのクッキーを歩いているように立てようとしていた。
意外と簡単だったのと楽しかったので調子付いてネットのクオカショップで新たな型を購入。


ネットといえば、春から通う保育園の準備が色々あって、かばんなどを作らないといけないらしい。
どうせつくるなら!と裁縫魂が目覚めてしまい、ネットで色々購入。
でも届くまでに数日かかり、その熱が冷めてしまった。
やらなきゃやらなきゃと思いつつ部屋の片隅に布が放置されている。

4月までにできるかしら・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2007-02-18 19:55 | お菓子

子供の変化

最近時々ママ友がうちに遊びに来てくれる。
私が風邪を引いたり王子様が調子が悪かったりで、3週間くらいぶりに昨日遊びに来た。
わずか3週間というのに、子供の変化に驚いた。
二人の距離が近い!
今までは二人いてもそれぞれが部屋の遠い位置でまったく別の遊びをしていて、お互いのことは知らん顔だったのに、昨日はかなり接近。
もちろんまだ『一緒に遊ぶ』というレベルではないものの、かなりお互いに意識している様子。
相手の遊んでいるおもちゃをじっと見つめたり、時には奪ってみたり。
王子様が絵本を開こうとしているのをお友達は閉じようとしたり。
育児センターのようなところだと相手の親を気にして
「こらこら、お友達のを取らないで!」
とすぐ声をかけてしまうのだが、気を遣わない友人なので黙って見ていられる。
相手のおもちゃを取ろうとしたり、相手を押しやったり。
保育園に行っていないので同い年の子供と触れ合うことは少ないのに、どこでそんなしぐさを見てたんだろう?

子供の成長はつくづく面白い。
先に先に前進あるのみで、後退することはない。

でも一緒にいるとその前進のスピードがとてもゆっくりに感じてしまう。
もっとじっくりゆっくり子供に添えられるといいんだけど。
なんせいらちな関西人なもので・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2007-02-16 15:08 | 育児


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧