kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93

<   2007年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

七夕の願い事、訂正します

この前保育園の七夕の願い事に
「海外旅行に行けますように」
と提出したんだけど、ここで訂正いたします。

『将来おじーちゃんになりたい』
これが今年の私のお願い事です。


私は実家が遠いので、そう頻繁というわけではないが、時々帰省したときや母がうちに来たときなんかに王子様の面倒を看てもらうことがある。
おばーちゃんによって違いがあるかもしれないが、一般的に言っておばーちゃんは皆孫に献身的だ。ぐずっても癇癪を起こしても実に気長に接する。
そういうおばーちゃんを見ていて、最近実感することがある。それは、

  私はおばーちゃんにはなれそうもない

ということだ。
自分の子を一人面倒みるのでさえ大変だし、たまには逃げ出したいと思うことだってあるのに、あんなに献身的に孫を看る自信がまったくない。
しかも、そんなに尽くしても
「おばーちゃん、きらい。ママがいい」
なんて悪態つかれる可能性だって大ありなのだ。
その上実の娘からは
「お母さんのやり方違う!!」
と文句を言われたりもするのだ。

その点おじーちゃんはお得だと思う。
おばーちゃんと一緒に孫を看ることはあっても、単独で、ということは格段少なくなると思う。
もし夏休みなんかで孫が遊びに来ていても、ちょっとしたときにゴルフの打ちっぱなしなんかに出かけても
「あー、おじいちゃんまた出かけてるの」
くらいですむ。
たまにどこかに遊びに連れて行ったり、虫取りや釣りを教えてやると、『デキるおじーちゃん』の名を欲しいままにすることだろう。
(あくまでこれは一般論で、運動会の日に雨が降ったことから、孫が泣き止まないことまですべておじーちゃんのせいにされ、家の女どもにアレコレうるさく言われ、石のように黙ってやり過ごさなければいけない家庭を私は知っているが、そういう例外は除く。)

今のところ私には男の子しかいないので、うちのおばーちゃんよりはまだマシだろうが、男の子の母にはまた違った苦労がつきものだ。
そう、嫁姑の問題。
同じ孫でもどっちかというと『嫁のもの』色が強く、何事にも気を遣う。
ほんの2~3回甘いお菓子をちょっとだけあげただけで
「もー、おばあちゃんは甘いものばっかりあげて・・・」
と恨みがましく言われてしまう。

その点おじーちゃんはいやらしい目で嫁を見たりしない限り、あまりトラブルになったという話を聞かない。
虫は苦手だけど、一緒に日曜大工くらいは教えてあげられるよ。

七夕に間に合ってよかった。
神様、お願いしますね。
今回は却下しないで下さい。

注) おじーちゃんが国家のため会社のため家族のため、自分を犠牲にして働いてきたのに・・・とおっしゃるかもしれません。もちろんそれは承知しています。あくまで孫との関係において、に限定した話です。。。
[PR]
by kumako-93 | 2007-06-30 22:56 | つぶやき

アホな母親の願い事

数日前のこと。

保育園の先生がお迎えのとき、
「もうすぐ七夕なんで、お願い事を書いてきてください」
と言われた。誰のですかと聞くと(よく考えたら王子様のに決まってるけど、王子様はまだおしゃべりできないから)
「誰のでもいいですよ。いくつでもいいです」
ということだったので、家に持ち帰って考えることに。

夫に聞くと
「元気に毎日通えますように」。
王子様のことを我が命とかわいがり、咳をひとつしただけでそわそわと心配し、夜中に鼻血をちろっと出しただけで自分が眠れなくなってしまうおとーさんらしい願い事だ。

王子様に聞いてももちろん答えが帰ってくるはずもないので、代わりに考えてみた。
王子様が一番今したいことといったら・・・。
「おやつをお腹いっぱい食べてテレビを思う存分見ること」
よし、これだ。これに違いない。

そして私。
「早く王子様がおしゃべりできますように」
「王子様が一人で勝手に遊んでくれて、ゆっくりお茶できますように」
「友達と泊まりで遊びに行けますように」
「10キロ痩せますように」
・・・
いろいろ願い事はあるが、どれもなんだかアホな母親的願い事ではないか。
結局色々考え、
「海外旅行に行けますように」
と書いた。短冊に書いてもどうせ聞き入れられない願い事なんだから、
「早く言葉が出ますように」
なんて書いてもしょうがないし、
「病気をしませんように」
と書いてもどんな心配性の両親なんだ、と思われそう。
「海外旅行に行けますように」
これは一見自分勝手でアホな願い事に見えるが、その裏を読むと家族で仲良くというのも込められているし、もちろん健康でなければ行けないだろうから、王子様が元気で、という意味もある。その上私の本当の願い事も含まれていて、一石二鳥どころか三鳥、四鳥にもなるのだ。
ま、本当にそんなに深く考えたかどうかはさておき、この3つの願い事を紙に書いて翌日提出した。
どんな七夕飾りになるのかしら・・・。

数日後、またお迎えに行ったときに先生に言われた。
「あ、七夕の願い事、今回は王子ちゃんのを採用しておきました!」

ちょっと~~。
恥ずかしいじゃないですか~。
あの願い事の裏の裏まで読んでくれました!?
でも
「王子のじゃなくて私のを採用してください!」
とはとてもいえませんでした。。。
[PR]
by kumako-93 | 2007-06-29 14:49 | 育児

保育園が終わったら

昨日王子様が保育園から『おれんじ組だより』というものをもらってきた。
王子様、1歳児クラスでおれんじ組というんです。

6月にして第1号なので、どういう頻度で出ているお便りかは分からないが、おれんじ組が毎日どういうことをしているかということと、全員についての一言が載っていた。

・ 朝登園すると、タオルを自分のタオル掛けにかけたり、かばんをロッカーにしまったり。カレンダーにシールを貼ったりしている。
・ 砂遊び、滑り台、山登りなどの外遊びをしている。
・ トイレでのトレーニングを始めたり、布パンツで過ごしたりしている子もいる。(王子様は多分トイレに座るくらい)
・ 一人でスプーンやフォークを持って食べられるようになってきた。
・ 少しずつお友達の名前と顔が一致してきたよう。片言で呼んだりする子もいる。保育士にも自分の意思を伝えようと一生懸命な姿が見られる。

王子様の欄には
「保育所に慣れ、ニコニコ笑顔で登所できるようになりました。「あい!」の返事がかわいいです」
とあった。

慣れるまで時間がかかったが、どうやら楽しんで通っている様子だ。

いつも3時半くらいに迎えに行くのだが、それからまっすぐ家に帰るのは断固拒否。
公園に寄ったり、電車を見に行ったり、どこかでもうひと遊びして帰るのが習慣になっている。
王子様が今はまっているのが保育園の近くに今春オープンしたショッピングモールで、その方向感覚にびっくりしてしまうのだが、車で走り出すとそのモールの方向を指して
「あー!!(あっちへ行って!!」
と注文をつける。
昨日は違う公園に行こうと思っていたので、違う方へ曲がったらさあ大変。
ずっとギャーギャー言っていて、公園に着いて遊具を見ても降りないと首を振る。
仕方なくモールへ連れて行った。

そこではまず、おもちゃ売り場へ。
ここにプラレールの電車とレールがいくつか遊べるように置いてあり、そこで電車で遊ぶ。
隣にプラレールがガラスの中に飾ってあって、運がよければ新幹線なんかが走っている(平日は電池が切れていることも多い)。
そこでひとしきり遊び、おやつを食べにフードコートへ。
一応保育園で食べては来るのだが、量が少ないのかそれだけでは夕飯まで待てずにグズグズ言うので、少しだけ食べさせる。
お茶とおやつは持ち込み。
たまーに私がコーヒーを買うこともあるが、どうせ王子様は食べ終わったら私のことなんて待たずに遊びに行ってしまうのでたいていは私はそこにあるサービスのお水を飲む。
プラレールに飽きたら、1階の本屋へ。
トーマスの本とか電車や飛行機の本を思う存分眺める。
(一応本をきれいに扱うように気をつけてます)
次にエレベーター、エスカレーターに乗りまくり、
「あーー!!(帰らないー!まだいるーー!!)」
と暴れるところをおかーさんに横向きで抱えられ、車へ連行、というのがいつものパターンだ。

夫には、何も買わずにお店に悪いんじゃない?と言われるが、私もおばさんになったもんです。何の罪悪感もありません。
(時々は買い物もすることもありますよ、時々は)
[PR]
by kumako-93 | 2007-06-28 13:58 | 育児

読み終わった本のこと

さっき本を読み終えた。
死亡推定時刻』というミステリ。
あまりにもリアルで、明日の朝の米をとぐことも忘れ、入り込んでしまった。

これ、面白いからドラマか映画になるだろうな、と思ってネットで見ていたら、どうやらすでにドラマ化されたらしい。やっぱり。
いつも面白い本を読んだら「私がドラマ化するなら・・・」とキャストをアレコレ考えたりする。
実際はそんなことはありえないのだが、面白いと思った本がドラマ化(映画化)されることはけっこうあったりして、実際のキャストと自分の考えたそれを比べてみて
「いや~、あの役はこの人じゃないでしょ」
と思ったりするのも面白い。
たいていぴったり!ということはなく(おそらく事務所の意向なんかが強く反映していて)、見てもがっかりすることが少なくない。
「読んで面白いと思った作品がドラマ化されて楽しみにしていたのに、見てみたらがっかりした」
ということが多いのは、そのせいじゃないかと思う。

実際こういう冤罪はほとんどないんだろうと思うが、調べる人も裁く人も人間。
『ありえない』ということはないんじゃないかと思うと薄ら寒くなった。
こんなに大それた事件ではないとしても、小さい罪で無実の罪に問われる日が来ないとは限らない。
そんな時、この国の司法制度を嘆いてもどうにもならない。
おそらく冷静にということは無理でも、最悪の事態は避けられるように賢くありたいとつくづく思った。

陪審員制度、そのうち本当に始まるということだが、なんかこの話を読んでしまうとますます人を裁くなんてできないなあと思ってしまった。

あ、米はとぎました。読み終わってから。
[PR]
by kumako-93 | 2007-06-26 23:35 | つぶやき

ドキドキしたもう1つの訳

先日反省してから夕飯はがんばって作っているが、そういえば最近パンやお菓子はあまり作っていない。
王子様が保育園に行き始めておやつを食べてくるというのもあるが、どうも暑くなってくるとパンやお菓子を作るのが億劫になってくるというのがあるようだ。


先日王子様を保育園に送り出し、家に帰って急いで夕飯の支度をして映画を見に行った。
映画ってどうして見る時間があるときに限って見たい物をやっていないんだろう。
見たいものがあるときは見に行けないのに。
先日も『パッチギ!2』を見に行きたいとずっと思っていたのに、不評だったのか通常それくらいなのか、あっという間に終わってしまい見逃してしまった。

ラジオでえらく褒めていたので『ゾディアック』を見に行ってみた。
恐がりの私は映画館の中でタオルハンカチ(普通のハンカチではないところが年齢を物語っている)を握り締め、時に目を覆いながら見る。
心拍数上がりまくり。
内容はさておき、私は映画の『音』が好きだ。
靴がコツコツ鳴ったり、話すときの唾の音、紙がこすれる音・・・。
そういえばこういう音って日本映画ではあまり強調していないような気がする。
言葉の発音の仕方の違いだったりするのかもしれないが、なんかこういう音を聞くと
「あー、映画見てる」
という気分に浸れる。

映画はスリリングだったが、実は
「ガスの火止めてきたかな」
という心配事がむくむくとわきあがってきていまいち映画に集中できなかった。
最近絶対止めてきていると思うんだけど、もしかして無意識であっちの鍋を火にかけたかも・・・と多分ありえないことを考え出すといてもたってもいられなくなることが時々ある。

でもその1%の可能性のためにせっかく見に来た映画を無駄にすることはできず、当然『一時停止』にすることもできず、「帰ったら家が燃えずにありますように」と暗闇の中で祈ることしかできなかった。

ちゃんと燃えずにありました。
はーよかった。。。
[PR]
by kumako-93 | 2007-06-25 11:38 | つぶやき

雨の前に

今日は家族で山のふもとにある公園へ。
昨日夕飯を外で食べたとき、お店の人から『公園情報』をゲットしたので早速行ってみたのだ。

a0079354_1753501.jpg











a0079354_1754840.jpg














a0079354_17542333.jpg














a0079354_17543636.jpg












ながーい滑り台が3つもあり、木でできた遊具がいっぱい。
通常アスレチックはまだ王子様くらいの小さい子には無理なことも多いが、ここには『よちよちとりで』というのもあって、これはかなり気に入ったようだった。
池のいかだ乗りにも挑戦。
面白くて何度も乗っていた。
楽しくて仕方がない、ということは表情から分かりますよね。。。

帰りにキッズルームのあるお好み焼き屋へ。
ここは個室が多くて、部屋に滑り台やおもちゃ、絵本、テレビなどがあり、子供連れにはもってこい。
a0079354_17583745.jpg













お店を出ると外は雨。
雨が降り出す前にたくさん遊んでおいてよかった!
[PR]
by kumako-93 | 2007-06-24 18:00 | 育児

自由人はしつけのせい?

友人の家に遊びに行った。
大学のときに同級生だった友人で、私は遠い県に嫁に行き、彼女は大学のある県に残ったのでそれ以来友人の結婚式で会ったくらいなのだが、数年前旦那様の転勤で我が家から1時間くらいのところに引っ越してきた。
偶然子供が2ヶ月違いという事もあって、ときどき遊んでいる。

今回は初めて彼女の家に遊びに行った。

2ヶ月違いなので、すでに2歳になっている彼女の娘さん(Hちゃん)は人見知りは少しあるものの、たくさんおしゃべりをしていた。
うちの王子様は相変わらず「あー!」が中心。
ご飯を食べに行っても良い子ちゃんにしているHちゃんとは対称的に食べ終わったらさっさと一人で椅子を降り走り出す王子様。
ご飯のあとちょっと寄り道をして展示してある飛行機を見せてもらったのだが、そこでもあらぬ方向へふらふらと走って行って帰ってこない。
私はいつものことだったが、おとなしい女の子を持つ彼女の旦那様にはきっと
「もっと厳しくしつけろよ~」
と思われてしまったと思う。

でも一つ一つのことにいちいち怒っていたら本当に一日中怒ってないといけないんだもの・・・。追いかけたら面白がってもっとどこかへ行ってしまうし。
お互い疲れてしまう。
それともあまり厳しくしていないから自由人になってしまっているのかしら?

Hちゃんは女の子らしく、家にあったボールプールの中から王子様に『おいでおいで』をしたり、私達が帰ってから「○○く~ん」と王子様の名前を呼んで泣きながらお昼寝したそうだ。
2ヶ月大きいだけで、この感情の発達はどうだろう!

ちなみに王子様は、ボールプールには入らなかったし、お別れのときもちゃちゃっとバイバイをしただけ。
つれないなぁ・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2007-06-23 17:11 | 育児

”その日”は案外早くやってきた

そういえば最近王子様の保育園について触れていなかった。
便りがないのはいい知らせ、というけれどその通りで、先週の月曜日からはずっと休まず登園している。
保育園が楽しくなってきたようで、家を出るときも
「さぁ、せんせい(保育園のこと)行くよ!」
というと自分でテレビを消してすんなり玄関まで行くし、保育園の教室の前に先生がいると
「あーー!!」
と歓喜の雄叫びを上げ私の抱っこから降りる。
(自分で歩いて行くというのはしてくれないんだけど)
そこで靴を脱ぎ、先生に伴われて自分の靴箱にそれをしまい、そこでバイバイ。
今日なんか私にバイバイするのも忘れて教室の中に直行しそうになったので
「王子様、バイバイ!」
と声をかけるとチラッとこっちを見て(体は教室のほうを向いたまま)
「あ、いたの?バイバイっ」
と実にかるーいノリで手を振った。
あっさりとしたものです。
こうなるとは聞いていたけど、聞いていたけどおかーさん少し寂しいわ・・・。

でもまあ、楽しそうなのが何より。
そうやってあっさりバイバイできた日は私も心が軽い。

先日近くの遊園地へ行った。
田舎なので大きい遊園地はないが、この子供向け遊園地、かなりおすすめです。
まず全ての乗り物が1回50円。(幼児はタダ)
よくスーパーなんかにあるお金を入れるとしばらくぐいーんと動くようなのは1回10円。
スーパーで100~200円かかると、途中で降りられたりすると「もーもったいない!」となるけど、10円だったら気持ちも大きくなるというもんだ。
日本最古の木馬なんていうのもあるのだが、それも1回10円。
『日本で一番安い遊園地』に選ばれたらしい。
もちろん乗り物自体はすごくしょぼいし種類も少ないので大人が行くところではないが、子供を遊ばせるのにはもってこい。(子供って同じものに何回も乗ったりしても楽しいみたいだし)
ハイシーズンの休日なんかは親子連れでごった返している。
(といっても並ぶほどではないところがまたいい)
去年は乗り物に乗せると泣いたりしていたが、今年は興味のある飛行機と園内を走るミニ機関車に乗ることができた。
ここの遊園地、昔は市が運営していたが財政難で今はどこぞのNPO法人が赤字でやってくれているらしい。
a0079354_948466.jpg














a0079354_949697.jpg














a0079354_9491925.jpg














『ワンマン』って、バスじゃなくて君のことでしょ・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2007-06-22 09:51 | 育児

汗と青梅と高枝切りバサミ

今日は久々にジムに行こうと思っていたが、断念。
ジムに行く前にへろへろになってしまったのだ。

夫の実家との境目辺りにある梅の木。
そこに大きな梅がいくつもなっていて、地面に落ちてつぶれているのもあった。
「もったいないな~」
と思いつつ、でも一応夫の実家の木なので遠慮していたのだが、どうもあちらの家の方たちは梅を取っているのは見たことがない、ということで思い切ってもらっていいか聞いてみた。
二つ返事でOKをもらい、あらかじめ買っておいた高枝切りバサミを取り出した。
(OKもらう前に用意してました。。。)
説明には切った枝や身をつかんで下まで降ろせる、とあったのだが、これがけっこう難しい。
すぐにぽろっと落ちてしまう。
ハサミを持ちながら落ちてくる実をハッとつかむという恐ろしく瞬発力を要する芸当は私には無理だった。
無残にも地面に落ちて傷がつく梅たち・・・。
地面に毛布(犬用の外で使うもの)を敷いてみたら、という義妹の提案があり、毛布を借りた。
その毛布の上に落としたり、うまくいってハサミでつかんできたり。
長いものの先を操るのは想像以上に難しく、ものすごい腕の筋肉使いました。
暑かったので汗びっちょり、腕へろへろ。

でもそのおかげで、けっこうたくさん梅が収穫できました。
a0079354_13385427.jpg













我が家では梅干は食べないので、梅酒にする予定。
あ、いや、少しは梅シロップにして王子様にも飲ませてあげますよ。。。
量が許せば、ホワイトリカーや焼酎、泡盛と黒糖なんかで漬けてもおいしそう。

あー、待ちきれない。
でも本当は数年間熟成したほうがおいしいんですよね。

それよりこんなに汗かいて作業をしたら、昼間からビールが飲みたくなってきた。
そんな欲求を実行してしまわないように、なるべく冷蔵庫を開けないようにしています。
[PR]
by kumako-93 | 2007-06-20 13:43

ホンモノって、そもそも偽者じゃない!?

今朝起きたら『神様の重力のスイッチ』はいつもどおり『中』に。
あーよかった。

結局夕方くらいまでけっこうな二日酔い。
夕方県民会館で『ぐーちょこらんたん』のコンサートがあったので、王子様を連れて行ってきた。会場には何百組の親子連れであふれていたが、さすがに御前様で飲んだくれて二日酔いで気分最悪という母親は私ぐらいであったろう。

1時間ぐーちょこの4人(4匹?)と歌のお兄さん、お姉さんが来た。
歌のお兄さんお姉さんといっても、テレビに出ているゆうぞうお兄さん、しょうこお姉さんとは全くの別人。このあたりはやはり地方の哀愁を感じさせる。
この偽のお兄さん、実は一応ちょっとした有名な人らしく
「みんな~こんにちは~~!坂田おさむだよ!ホンモノです!!」
と自ら言っていたが、会場の反応はいまいち。
ホンモノと言われても、あなた誰?という感じでした。

王子様も冒頭ぐーちょこの4人が登場し、歌って踊るところでは何が起こっているのか分からずにじっと前を見据えて固まっていた。
まあまあ楽しんでいたが、30分過ぎた頃から飽きて帰りたいモードに。
しかし通路から遠い席だったので簡単には出られず、なだめたりすかしたり、こちらは疲れました。

大体、1時間しかないんだから知っているノリの良い曲ばかりをかけてくれたらいいのに、半分くらいは知らない曲で、最後にはおさむお兄さん(結局誰だったのか分からずじまい)の新曲らしい『お母さんの結婚』という1歳の子相手にそれってどうなの?という曲でしめた。
(題名から想像できるように、お父さんと離婚したか死に別れたかした親子の歌。今までは私のことだけを考えていたけど、今度はお母さん、あなたが幸せになって、というような内容)

ちょっと~、おさむお兄さん、会場のザワザワ歌聞いてない雰囲気を察してくれ!

どうにか我慢してもらって帰宅の路についた。

帰りたがってごそごそしたりもぞもぞしたりはしたが、今までのように思い通りにならないとすぐにギャーッと泣くというのではなく、少し我慢ができるようになったことに少し成長を感じた。
コンサートのあと外に出たら、我慢していた気持ちが開放されたためか走り回り、追いかけるのが大変でしたけどね・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2007-06-18 23:51 | 育児


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧