kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93

<   2007年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ある女の日常 ~秘密~

女は『徹子の部屋』を見ながらちょっと遅めの昼食をとっていた。
いつもは朝炊いたご飯と昨夜の残り物や漬物なんかの簡単なもので済ませることが多いのだが、今日はなんと1780円の海鮮丼を前にしていた。

午前中たまたま寄ったデパートの地下で『北海道物産展』をしていたのだ。
チラシを読まない女はそんなことは知らなかったし、ちょっと夕飯のおかずを買いにという軽い気持ちで寄っただけなのだ。
しかしエレベーターに乗ったとき、女の手は自分の意思に反してB2階のボタンを押していた。

なぜ女というものは『物産展』が好きなのだろう。
冷静になるとそれほどおいしくないものもあったりするし、第一正直値段は安くないものが多い。ぼってりと太った辛子明太子は口の中で唾がたまりそうなほどおいしそうだし、コレでご飯3杯はいけるな、と思うのだが、2000円近くしたりする。もし同じものがスーパーに並んでいたら果たして買うだろうか。
答えは否である。
でも、あの特設会場に足を踏み入れたとたん女の心は北海道にトリップしていた。
北海道に飛行機で行って何泊か泊まることを思えば安いものかも・・・、女は自分に言い訳する。
そして会場を2周回ったときには両手にいっぱいのレジ袋を手にしていた。


夫は仕事に行っている。
子供は保育園に預けた。
一人で海鮮丼を平らげた女は、
「いつもがんばってるからコレくらいいいよね・・・」
誰に責められるわけでもないが、言い訳がましくつぶやく。
いつもそうだ、何か買い物をすると「がんばってる自分にご褒美」と理由をつけるのだが、ご褒美が多すぎるんじゃないかという気もする。
そして女は食べ終わって空いた容器を夫の目に付かぬよういつもより厳重に不透明のビニール袋に入れた。

夫は今日も職場でまとめて取る『あじさい亭 日替わり弁当』を食べていることだろう。
それを思い出したとき女の心は少し痛んだ。
でも仕方ない、もう全部胃袋の中なんだもの。

女というのは、立ち直りの早い生き物なのだ。
[PR]
by kumako-93 | 2007-09-28 14:55 | つぶやき

軽井沢の魅力に迫る 宿編

昨夜はお月見だったので、隣家に住むいとこを誘って夜少し散歩をした。
エリックカールの『パパお月さまとって』を読んでいる王子様は、お月様のことを一応認識しているらしく、
「王子君、お月さまとって~」
と言うと、一生懸命夜空に向かって腕を伸ばしていた。
う~ん、我が子ながらなんてかわいいの。


さて、軽井沢の魅力に鋭く迫る2回目。
今回私的にはメインは宿。
ずっと前から泊まりたかったのだが、この宿基本は2泊以上からでなかなか連休のない我が家は行けなかったのだ。
期待通り、すばらしいところでした。
a0079354_93755100.jpg













こういう独立した家のような部屋がいくつか集まって集落を作っている。
私たちが泊まったのは中2階のようなところ。
窓を開けない限り他の部屋の音はほとんど聞こえない。
すごく広くて王子様も遊び甲斐があったようだ。

a0079354_939421.jpg











意外と子連れが多い宿でした。
ダイニングはちょっと子連れでは行けない雰囲気だったが、ルームサービスでお子様弁当もあったし、リビングルームもかなり広いので他でお持ち帰りして部屋で食べることもできる。
テレビもなく携帯も圏外。
日常から離れてゆっくりしてください、という宿のコンセプトを無視してポータブルDVDプレーヤーを持っていった。
2日目、3日目と雨だったので、これは持って行って正解。
でもテレビといっても王子様の場合
「あ、トーマス走ってるよ。パーシーもいるね」
と絶えず実況中継していないとすっごくうるさいんです。
化粧しながらも片方の目は鏡、片方の目はテレビを見て口を動かすというかなり高度なテクでしゃべっている私。
一人で静かに見ててくれる日はいつ来るんだろう・・・。

2週間ほど前に台風が軽井沢を直撃した。
そのときちょうど友人と軽井沢に遊びに行く予定にしていたのだが、新幹線もストップ、高速も下道も通行止めで泣く泣く中止したのだ。
(そのときは違う宿を予定していたんだけど)
宿の人にそのときのことを聞いてみたら、
「キャンセルになるかと思ったんですけど、満室で。かえって予約が増えたくらいで。15時間ほど停電にもなって、キャンドルだけで過ごしていただきました」
とのこと。あの風雨の中を来る人ってどういう人たちなんだろう!?
間違いなく部屋でゆっくりはできるだろうけど・・・。

夫にはおかしいと言われるが、私は停電好き。
なんだかワクワクする。
最近は停電になっても数分ですぐ復旧してしまうのでチッとか思うけど、でもさすがに15時間はきついなあ。王子様がいたら絶対無理だろう。

偶然にも王子様が生まれた日にその宿はオープンしたらしい。

二日目、三日目はあいにくの雨でした。
a0079354_9545525.jpg
[PR]
by kumako-93 | 2007-09-26 10:06 | 育児

軽井沢の魅力に迫る その1

関西に住んでいたときは、『軽井沢』という地名は聞いたことはあったが自分にはまったく縁のないところと思っていた。
皇族やかなりのエエとこの人たちがゴルフやテニスをするところらしい、ということは本で読んだりテレビで見聞きして知っていた。

結婚して北関東に住むようになって軽井沢についてのちょっとした誤解に気付いた。
どうやらけっこう庶民でも遊びに行くようなところらしいのだ。

ゴルフもテニスもしないけれど、ちょっとどういうところなのか見に行ってみたい、という気持ちで今までに2度ほど行ったことがある。

ただ、2度行ってもどうしてもいまいち軽井沢の魅力というのが私には分からない。
夏場涼しいのはいい。
でもかなりジメジメしていて一度目に行ったコテージの中は虫さんがたくさんいて掃除が大変だった。夜は夏場でも涼しいというより寒い。
それにショッピングというが、なんだかどうでもいい雑貨屋とかパン屋が多くてわざわざ軽井沢まで行く意味が見出せない。
それなら東京に行ったほうが雑貨も服も食べ物もいいものがあると思うのだ。

それならどうして、という気もするのだが、どうしても泊まってみたい宿があったのでそのついでに今回こそ軽井沢の魅力について鋭く迫ってみることにした。

一日目。
軽井沢に行く途中に寄った碓氷峠鉄道文化むら。
天気もよく念願のミニSLやSLアプト君にも乗れて御満悦。
このミニSL、広場をぐるっと一回りするのだが、私はいつもの通りカメラ係に。
良い撮影スポットで写真を撮るためにSLよりも速い速度で移動しカメラを構える。
よく見ると私だけじゃなく何人かがカメラやビデオを片手に汽車の先を走る走る。
ホント子供に付き合うのって大変です。
a0079354_22292737.jpg














さすが鉄道文化むら。
トーマスに出てくるバスのバーティのバッテリーカーがあった。
こんなの初めて。
王子様も大喜びで一目散に走って行きました。
a0079354_22304573.jpg















王子様のため、と言いつつ、
「次は修善寺ロムニー鉄道に乗ってみたいなあ・・・」
とけっこう本気で思っている自分がちょっと怖い。。。
[PR]
by kumako-93 | 2007-09-24 22:32 | 育児

極楽にいけなかった後悔

ここのところ、毎晩夜中に
「あー、やっちまった・・・」
と後悔しきりの毎日だった。

私は元々『うたた寝』というのが大嫌いだ。
どうせ寝るんなら、歯を磨いて顔を洗ってパジャマに着替えて
「あ~、極楽極楽」と言いながら寝たほうが絶対気持ちいいと思うからだ。
どんなに酔っ払って帰ってきても、とりあえず寝る前の一通りはやると決めている。

それなのに、王子様に付き合って寝付かせていると、どうしても寝てしまうんです。。。
薄暗い部屋。疲労感。夕飯のときに飲んだビール。
これだけ条件がそろって寝てしまったからといって、誰が私を責められようか。

気がつけば夜中の12時過ぎ。
夫も川の字でうたた寝している。
(夫はうたた寝好きだからいいみたいだけど)

あー、2時間も無駄にしてしまった。
と後悔する。
それから2時間起きていればいいというものだが、もう目もしょぼしょぼだしなんだか今さら起きる気力もなく、ガックリと肩を落としながらとりあえず歯を磨き顔を洗う。

今日はがんばって起きていました。
たまたま王子様の寝付くのが早くて、私が熟睡する前だったのがよかった。

前通販のカタログ本をめくっていたら
「添い寝で寝てしまうママへ!子供に気付かれない目覚ましです!」
というもので耳に補聴器のようにつけるタイマーが載っていた。
アイデアというのは生活から生まれるものです。

明日からまた疲れる連休が始まる。
今日は自分の意思で早く寝よーっと。
[PR]
by kumako-93 | 2007-09-21 23:22 | つぶやき

おばさん化進む

先日テレビをつけたら、氷川きよしが出ていた。
私はきよしくんが好きだ。
もちろんコンサートに行ったりするほどではないが、テレビでみるとかわいいなと思ったりする。
それを前に友人に言ったら
「氷川きよしを好きなんて、おばさんちゃう?」
と言われた。

きよしくんは年上の女性(女性に限らないと思うんだけど)にやさしい。
さらりと「きれいですね。」と言ったりする。
それがわざとらしいというのだ。そういうキャラでいこう、というのがミエミエなんだって。

でも久しくきれいですね、なんて言われたことがない私は(というか今まで言われたことないと思うんだけど)、そんな言葉もわざとらしいとは感じない。

歌がうまいとか、顔が整っている人はおそらくたくさんいるだろう。
そんななかで女性の心をとらえて離さないのはやっぱりあのわざとらしいまでの優しさがあるからなんだろう。
決して自分ひとりにかけられた言葉ではないけれど、あの優しい言葉を聞くと
あわよくば私にもチャンスがあるんじゃないだろうか・・・
なんて心のどこかで思ったりするんだと思う。
ファン心理ってきっとそういうものですよね。

でもおそらく、テレビの前できよしくんを見ながら昨日の夕飯の残り物と卵ご飯をかきこむ私にはひとかけらのチャンスもないんだと思うんだけど・・・。

私は今をときめくジャズシンガー・小林桂が大好き。
(小椋桂じゃないですよ)
そういえばこの間、小林桂のことを『ジャズ界の氷川きよし』と形容した人がいた。
私のおばさん化は間違いないらしい。

王子様が生まれる前は、時々ライブなんかにも行っていたのだが、ホントあの熱気はすごいです。
客はほとんどが女性。
歌いだすと皆の目はハートに。。。
行き過ぎてちょっと怖いおばさまもいたりします。

あんな優雅な日々はいずこへ・・・。
今は『それいけ!テレビヒットソング集』を毎日一緒に聞いてます。

王子様、きよしくんみたいにおかーさんに優しい言葉をかけてくれる子になってね。
[PR]
by kumako-93 | 2007-09-19 22:55 | 育児

疲れる連休

休日の前になると私たちの間では
「明日どうするー」
という言葉が飛び交う。

前日から大体めぼしい遊び場をいくつかピックアップし、当日の王子様の体調、天気や気温により決定するというのが常だ。

天気予報では今日も暑くなりそう、ということだったので、水遊びのできる場所というのをテーマに選んでみた。
水遊びに電車もしくは汽車を絡められたら王子様的にサイコーだろう、ということで色々考えた結果、おとーさんと王子様は新幹線で一駅行き、おかーさんが車で駅まで迎えに行く。そこで合流して近くの水遊びができる公園へ、という輝かしいプランが出来上がった。
一緒に電車で行くという手もあるが、子連れで水遊びするとなるとそれなりの荷物があるし、大体昼頃まで遊びお昼を食べたら王子様は昼寝するので、車があったほうが絶対に便利なのだ。

そんなわけで私は一人で高速に乗った。
ここでもついつい童謡を聞いて一緒に歌ってしまう自分がいた。
そうだ、王子様はいないんだと気付きたまには自分の好きな曲を流してみる。

ほぼ同時に駅に着き、一緒に公園に向かう。
聞くと新幹線を外から見ていたときは喜んだが、乗ると興ざめしたのか怖くなったのか、中ではおとーさんにぺったり抱きつき、かたまっていたらしい。

今日行ったのは、冬場はスキー場が近くにあるような山間の『道の駅』似隣接する公園なのだが、スキーができるところとは思えないほど暑かった。
おそらく少し手を加えてあると思われる川が流れていて、下流の少し狭くなったところにゴミなんかを堰きとめる網状のものがあり、(浅いから流されるとは思えないが)もしものときも下流に流されると言うことがないようになっている。
すっごく水が冷たかったようだが、王子様は今日もさっさと自分から川に入り、ジャブジャブ歩いてぐずったりはしなかった。
本当にすごい進歩。

a0079354_17421227.jpg















a0079354_17423648.jpg















上流は滝みたいになっていたが、ここはさすがに音も大きく、少し近づいただけ。
マイナスイオンたっぷり。

a0079354_17433726.jpg














a0079354_17435737.jpg














川底に手を突っ込んで何をしているのかと思ったら、石を探していたらしい。
先のとんがった新幹線みたいな石を自分で連結させて遊んでいた。
a0079354_17445390.jpg











駅でこれを見たからだろう。

新幹線はちょっと空振りだったけど、それなりに楽しかった様子。
ただ私は、昨日の夜一人で飲んだワインで二日酔いで頭がガンガンしていて、とても川遊びをするようなコンディションではなかった。
マイナスイオンで二日酔いは治らない、ということが分かりました。

これからは休前日は飲まない、と心に決めましたが、この決心いつまで続くことやら・・・。

二日続きで本当に疲れた。
いくら経済効果があるとしても、できれば休みはくっつけないでいただきたい。。。
年増おかーさんの切なる願いです。
[PR]
by kumako-93 | 2007-09-17 17:53 | 育児

連休一日目 こどもの国へ

今週は連休。
連休とは言うが、うちの場合は休日は休める日ではなくむしろくたくたに疲れる日である。

たまにはおうちでまったりしたい・・・、という願望を私も夫も持ってはいるが、王子様がお喜びになるとあらばという気持ちで今週もまたがんばって出かけた。
多分おうちでテレビでも見せておけばなんとかなるとは思うが、王子様うちでは新幹線の名前を全部言わせたり、トーマスの名前を全部言わせたり、お絵かきしろと紙を持ってきたりでとにかくうるさいのだ。
外で体を使って遊ばせるほうがよっぽど静かでいい、というのが私たちのホンネ。
帰りの車の中でこてっと寝て、たっぷり昼寝をしてくれるのもいい。

一日目の日曜日は『こどもの国』という遊び場に行った。

9月ももう半ばというのに、暑い。ものすごく暑い。
こどもの国にはパノラマチェアとサマーボブスレーというのがあった。パノラマチェアで山の上まで行き、ボブスレーで一気に降りてくるというもの。
王子様にはまだ早いかなと思ったが、自分達がやってみたいという誘惑に負け、トライしてみた。
このパノラマチェア、とにかく暑かった。
炎天下の中、歩いたほうが早いんちゃう?というくらいのゆっくりとしたスピードでじりじり山を登る。あまりに暑くて王子様、早くもやや元気がなくなる。
熱中症にでもなったらヤバイ!!とおとーさんとおかーさんは力の限り持っているもので王子様を扇ぐ。よけいに暑くなった。
やっとのことで頂上まで行き、ボブスレーで降下。
これは風を切ってなかなか気持ちのいいものでした。
ただ王子様は泣きはしなかったものの、最初から最後までかたまっていたらしい。

遊具も色々あったけれど、あまりに暑かったので水遊び場へ。
ここが昨日は一番人気のようでした。

ビビリの王子様がよくぞここまで・・・、と思わず涙してしまうほど(多分汗だと思うけど)自分であっさりと水の中へ。
a0079354_15554999.jpg















a0079354_15574595.jpg
















いや~、夏の始めは水に足をつけるのがイヤで泣いていたのに・・・。
この日は私たちの帰ろうよという声にも耳を貸さず、ひたすら遊んでいた。
最後はプールサイドに転んで頭を打ちつけ、泣きながら帰ったのですが・・・。

a0079354_1685762.jpg


















「ボクはどこでもおやつさえ食べられたらいいねん。。。」
[PR]
by kumako-93 | 2007-09-16 16:05 | 育児

ギンガムチェックで

a0079354_23452713.jpg













自分の服に挑戦しました。
これなら普段着としてなら着られそう。
ワンピースではありません。ブラウスです。

少し固めの麻混の綿で作ったので、ギャザーの下がぼわっとしてしまった。
ギャザーも思ったよりたっぷりで夫に
「マタニティ用?」
と言われてしまった。
相変わらずデリカシーのない男め。

想定外に王子様が風邪を引いて家にいたりしたので、出来上がるまでに3日ほど要したが、失敗してほどいたりしなければ一日でできそう。

集中してないせいか、必ず1回は「なんでこんなところ・・・」というような基本的なことで失敗してしまう。ミシン目をほどくのって本当に面倒くさい。
そこで投げ出してしまいたくなります。

次はギャザーを少なめにして、違う生地でやってみよう。
[PR]
by kumako-93 | 2007-09-15 23:52 | 手作り

困った病後児

先週軽井沢に泊まりに行く予定がものすごい台風のせいで行けなくなったということを書きました。

その後、じゃあ来週にと延期し、行く気まんまんでお泊りの用意を前日の夜から玄関に出して準備万端だった私たち。
(ていうか、先週の荷物を解かずそのまま置いていただけなんだけど)

前日朝は雨が降っていたのに昼くらいに止み、日が差しはじめた。
「つきがまわってきたね~。」
と一緒に行く友人にメールを送る。
王子様もいつもどおり調子よく遊んでいた。


それなのに、それなのに・・・・。
夜、風呂から上がった王子様、体中がやけに熱い。
「お風呂に長く入っていたせいかな・・・」
と自分に言い聞かせ、しばらく待ってみたが、やはり熱い。
そのうちゴロゴロして息がハアハア荒くなってきた。

本気で厄払いに行こうかと思いました。

そんなわけでもちろん今回もキャンセル。
前日だったのでキャンセル料も発生するもよう。

どうせそんなに遠くないので今度は日帰りで、ということにした。

これから運動会とか遠足とか、いくつか行事があるようだが、そういう日に限って熱出してしまう子じゃないかとちと心配になってきた。

昨日は一日熱が高くてずっと寝ていた王子様。
(ご飯のときだけは起きてきて、熱のわりにバクバク食べていたが)
今日はやっと解熱し、二日分のパワーで動き回っている。
元気な子を安静に家の中で過ごさせるって本当に難しい。

仕方なくテレビを見たり、パズルをしたり、本を読んだり。
1つだけ言わせてもらいたい。

絵心のないおかーさんにあれ書けこれ書けって持ってこないで~~。
[PR]
by kumako-93 | 2007-09-14 15:52 | つぶやき

さわらぬ髪にたたりなし!?

髪をばっさり切った。

こんなに短いの、5~6年ぶりくらい。
いやーすっきりしました。

短いと寒いイメージがあるが、実はこれから寒くなってタートルネックを着たりマフラーを巻いたりする機会が増えると短いほうがやりやすい。
髪が長いといざとなればまとめればいいや、という安心感があり、ますます髪に気を遣わずどんどんおばさん化していく気がしたのだ。実際最近は起きてそのままの髪をただゴムで1つに縛るという髪型ばかりしていた。
このままではいかん、と思い立ち、思い立ったら即やらずにはいられない性格で早速美容院に行く。

いつも「そろえるくらいで」としか言わない私がばっさり切るというので美容師さんもびっくりしていた。

美容師さんとの会話の中で
「旦那さんは長いのと短いのとどっちが好きなんですか?」
と尋ねられたのだが、こう答えるしかなかった。
「・・・・知らない。。。」

私に関心がないとか家庭内別居とかそういうことではないのだが(王子様が生まれてからはその関心の大部分が王子様に移行したことは認めるけど)、夫はそういうことにまったく興味がない。
私が太ろうが痩せようが、髪を切ろうが伸ばそうが、極端な話外出するとき私が山下清スタイルでも
「じゃあ行くか」
と特段気にもしないに違いない。
昔、口の悪い上司と夫の乗っている車の話をしていて
「うちの夫、あんまりこだわりがないみたいなんですよね」
と言うと
「だからお前と結婚したんだよ」
と言われたことがある。自分でも妙に納得してしまうのが悔しいところだ。

そういえば結婚する前の話。
私が美容院でパーマをかけたのだが、自分でも失敗したなというくらい変な髪型になってしまったことがある。その頭を見て夫が、言葉は忘れたが私が思っていることをずばり言われ、一番言われたくなかったことを言われてしまったということでいきなり号泣したことがある。
私も若かった。
夫にしてみたら、特別ひどいことを言ったわけでもないのに急に私が泣き出しかなり驚いたらしい。
それ以来『妻の髪型』には意識的に近寄らないようにしているように思う。

案の定、今回の髪型を初めて見た夫。
「あー、短くなったね!」
と一言。

短くなってどうなのか、その先が聞きたいんですけどね・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2007-09-12 23:27 | つぶやき


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧