kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

王子様 衝撃の一言

王子様の幼稚園はお昼がお弁当だ。

始まって早2ヶ月。
すでにネタ切れです。

保育園のときから給食はいつも完食していた王子様。
お弁当もうれしいみたいで毎回全部食べてきてくれる。
帰ってくると「たくさん食べたよ。おかーさん見てみて。」
と空のお弁当を見せて得意顔だ。

仕事のある日もお弁当を持たせるので保育園時代よりはかなり早起きしてせっせと作っている。
手際が悪いせいか、余裕を持って起きたつもりでも最後はいつもバタバタして
「早く!早く!」
とNGワード(古いか?)を繰り返し言っている私。

王子様にリクエストを聞くと
「から揚げ。ソーセージ。カツ。」
と3種類を繰り返せ、というくらいに言われるのだが、こっちとしてはやはり毎回違ったものを食べさせたい。
王子様が嫌いじゃないもの。
一人でも食べやすいもの。
色合いがきれいなもの。
簡単に作れるもの。
栄養のバランスがいいもの。
毎回毎回頭をひねりつつメニューを考えている。


その日もいつもどおり空のお弁当箱を見せてくれた王子様。
ポツリと一言。

「次はおいしいものにしてね。」


かなりの衝撃を受けたおかーさんなのでありました。。。


もしかして毎日けっこうがんばって食べてくれてるの???
[PR]
by kumako-93 | 2009-05-30 23:28 | 育児

子供服を見るとなぜ「かわい~~」と高い声で叫んでしまうのだろう

女の子を持って初めて、お洋服の楽しみを知ってしまった私。
こんな世界知らなければ知らないほうがよかった・・・。

新宿伊勢丹に行くと「帰りたくない。ここんちの子になる」
と王子様のようなことを思ってしまう。
だって本当に最近の子供服はいっちょまえでかわいいんですもん。

王子様の時は服を買いに行っても
「高い!こんなん、着られても2年やのにもったいない!!」
と思い、とりあえず電車か働く車が描かれてある服を探して回ったものだが、今回は
「これで最後になるだろうから、思う存分かわいい服を着せよう」
と『末っ子トメコ』的な考えになりついついお財布のひもが緩んでしまうのだった。

同時にリバティのかわいい生地を買ったり、スモッキング刺繍をしてみたり、買うだけでは飽き足らず自分でも時間を見つけては作ったりもしている。

王子様にも車柄の生地があったので、パジャマでも作ってやるかと思っていたがなかなか時間がとれず、そろそろ半袖のパジャマが必要になったために先日N松屋に行ってみた。
そこで見つけた電車柄のパジャマ。
900円也。
制作意欲がいっぺんに萎えました。
柄もけっこうかわいいし、作りもしっかりしている。
恐るべしN松屋。
ふぅちゃん用のカットソーも399円也。
たまに掘り出し物があります。

老舗にファミリアという誰もが知っている子供服のブランドがある。
あまりにオーソドックスすぎるデザインや刺繍で、子供が生まれる前はあまり好きではなかった。
でも、あのブランドが長年愛される意味がやっと分かりました。
子供に着せてみると、
「かわいい子はよりかわいく、かわいくない子もそれなりに・・・」
なのです。
誰にでも似合い、どんな子でも無条件にいいとこの子に見えてしまうファミリアマジック。

そういえば来月でとうとうふぅちゃんも1歳の誕生日を迎える。
今日母が電話をしてきて、デパートに行ったらあまりにかわいい服があったのでちょっと早めだけど誕生日のプレゼントとして送った、とのこと。
ふぅちゃんの服は「かわいい~~」と衝動買いしたけれど、本来の目的であったおじーちゃんの靴は高くて買えず、結局地元のスーパーで買ったらしい。


そういうかわいいお洋服がふぅちゃんに似合うかどうか、そこまではあまり考えないようにしている。
[PR]
by kumako-93 | 2009-05-24 23:35 | 育児

信心深い王子様

普段は全く信心深くないくせに、困ったときだけ神様仏様それでもだめならアッラーの神、といういい加減な私だが、王子様の幼稚園はキリスト教系らしい。
(もちろんそれで決めたわけでは全くない)

最近新しく覚えてきた歌(音程めちゃくちゃなので歌というより詩吟みたいなんだけど)を家で披露してくれる。
子供って耳から聞いたことをそのまま覚えるので、時々意味不明の歌詞になっていたりする。

面白いから書き留めてみた。

その1

てんの かみさま
いま ここにいただく
おべんとう ありがとう
アメ~ いただきます

アメーはきっとアーメンのことだろう。
これは意味が分かった。お弁当を食べる前に唱えて(?)いるらしい。
歌っている間なぜか目をギュッと閉じてかなりおもろ顔。


その2

ことりたちはー ちいさく
わたしたちはー ちいさくてもー
ごめんなさい
おーかみさま

色々考えてみたけどまったく意味が分からん。
ことり?そして謝罪??
謎深いわ・・・。


おまけ

アメ アメ アーメン
ラーメンじゃないよ

こんな軽々しいアーメンを聞いたのは初めてでした。。。
[PR]
by kumako-93 | 2009-05-21 23:23 | 育児

懐かしの・・・

ある初夏の夜。
a0079354_23361069.jpg
[PR]
by kumako-93 | 2009-05-19 23:36 | 育児

我が家にロボットがやってきた

人間の欲というのは尽きることがない。

大昔、神から『知恵の実』を食べてはいけないと言われたのに誘惑に勝てず食べてしまったアダムは、楽園を追放されたという。

ドラえもんに出てきた空想の世界が現実になろうとしている。
たくさんの家電の出現で主婦の仕事は以前に比べてかなり楽になってきたのだろう。

それなのに、それなのに私はどこに行き着こうとしているのだろう・・・。

母の日にこんなものを買ってしまいました。。。

a0079354_22325243.jpg










自動お掃除ロボット。
ルンバ君です。

ちょっと前まで全然興味がなかったのだが、仕事が増えたり王子様が家にいる時間が増えて時間がますますなくなってきた。
ご飯を作らないわけには行かないのでどうしても掃除にしわ寄せがきて、視界の端にホコリがふわ~~なんてことがしばしば。
テレビを見ているときに掃除機をかけたりすると
「うるさい」
などと文句をおっしゃるジコチューな王子様。
「ホコリで死ぬことはない」と開き直ってしまえばいいんだけど、そこまでの覚悟もなく。
いつもいつも「掃除しないと」と思うことがストレスになっていった。

それでついに買っちまいました。

まだ留守宅を任せることは勇気がなくてしていないのだが、夕飯の準備と並行してお掃除ができるなんて・・・!すばらしいロボット君です。
腕前も上々。

ちなみに、「明日はロボットが来る」と楽しみにしていた王子様。
「ピポパ!ピポパ!!」と電子音を発しながら動き回るルンバにちょっと本気でビビッている。
わーとかキャーとか言いながら逃げ回ってます。

「ルンバはおもちゃとかを片付けないでそのままにしておくと全部吸い込んじゃうんだって。」
と真面目な顔で王子様に言うと、ハッとした表情になっていそいそとおもちゃを片付け始めた。

お~も~し~ろ~い~~
そして つ~か~え~る~~
私の毎日の叱責はなんだったんだろう。

慣れてきてちょっかいを出され、壊されないことを祈る。。。


誘惑に負けて罰を受けたアダムのように、私も何か罰を受けるのでしょうか。。。

それはそうと、掃除機だけじゃなくてお片付けもやってくれるロボットが売り出されないかなあ・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2009-05-13 22:56 | つぶやき

おかーさんのトラブル防御システム

自分の言動には責任を持たなければならない。

私は常にそのことに注意を払っている。

といっても、仕事や社会における重要なことにおいてではなく、王子様と接するときだ。
こう言ったら奴はこう返してくる、それにこう答えれば・・・
何かを発言するときは王子様の言動の裏の裏まで読んでから口を開くようにしている。

そう言うとなんだか大げさだが、たとえばご飯の前はおやつとかジュースとかの話題をできるだけ出さないとか、寝る前は魅力的なおもちゃをなるべく見つけないように行動するとか、そういった低レベルの話。。。
さっきも自分の飲んだリンゴジュースのパックをゴミ箱に捨てようとして
「待てよ、これを捨ててあるのを見て自分も飲むとか言い出すかも・・・」
と他のごみの下に紛れ込ませた。
しょうもないけどそういう細かいことを色々考えることで、その後のトラブルを回避することができるんです、けっこう。

私がちまちまと裏の裏まで読んでいるというのに、なぜ男は思ったことをたいして考えもせず口にするのだろう。
「王子様~、今日さ~王子様の好きなうまい棒買ってきたよ」
なぜ夕飯前にその会話なのだ。
「あ、これ新しいシールブック?」
ちょっと、もう歯磨いて寝るんですけどっっ。

思わず舌打ちしてしまう私を夫は気付いているだろうか。
っていうか気付いて改めてよ~~。
[PR]
by kumako-93 | 2009-05-10 00:22 | 育児

王子様の成長 ~GW編~

連休が終わってしまった。

神戸に帰省したり、白浜に遊びに行ったりと密度の濃い休日を過ごした私たちであるが、一番印象的だったのは在来線から新幹線へ3分で乗り換えるという偉業を達成したということだ。
しかも私ひとりで二人の子供と3個のカバンを持って・・・!

まー、私が慣れない駅で焦って反対方向の電車に乗ってしまったというのがそもそもの始まりであるんだけど。。。
逆方向へ進む電車の中でマッツァオの私。
調べてみると新幹線の発車時刻まで3分しかない。
そういえば元は15分ほどの乗り換え時間を考慮し、それでも「子供と荷物持って行けるかな・・・」などと心配していたのだった。
乗り遅れたら子供と荷物を持って緑の窓口に並び、指定券を変更したり、実家への到着時間が大幅に遅れるなあ・・・あー面倒くさい。

「さ、走るよ」

と王子様に一言。

普通電車を降りてから私は荷物を持ちふぅちゃんを抱っこして王子様をほとんど振り返ることもなく一心に走った。王子様もそんな私の気迫に押されたのか
「おかーさん!」「おかーさん!」
と何度も人の波に飲まれそうになりながらも一生懸命走ってついてきた。

おにーさんになったんだなぁ・・・。

変なところで感動。
それもこれも私のせいなわけだけど。。。
[PR]
by kumako-93 | 2009-05-07 22:51 | 育児


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧