kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

海と私とボンボンの夫

海に行った続きです。

二日目は天気予報が幸い外れて青空が見られた。
気温も上がってきたのでなんとか泳げるコンディションに。
でも波が高く、海の家に入るなり(まだ荷物も置いてないのに)自ら裸になり「泳ぐ~~」と張り切っていた王子様だったが少し波にザッパーン!とやられただけで
「い~~や~~だ~~~~!!」
と絶叫し一目散に砂浜に退散した。
そのあとは海には全く入らず砂浜で穴掘ったり山を作ったり。

これなら近所の公園でいいんでは・・・。

一方、「泣くだろうな~」とダメもとで波打ち際に降ろしてみたふぅちゃん。
全く平気な御様子。
王子様はこれくらいのとき砂浜に足を付けるのもイヤでぎゃんすか泣いていたのに。
時々高い波に倒されそうになったり顔にしぶきがかかったりするのだが、少し怪訝な顔をするだけ。食べなれないプレーンのヨーグルトを食べさせたとき「何これ、すっぱいやん・・・」と少し顔をしかめる、それと同じくらいの表情でした。

a0079354_23115981.jpg














a0079354_23121242.jpg













海水浴は本当に久しぶりだ。
海の近くで育ったが、考えてみれば海水浴に行った記憶があまりない。
夫は海なし県に育ったが、毎年新潟の海に遊びに行ったという。
ボンボン育ちの夫は浜茶屋でカレーを食べるのが好きだったそうな。
中の中の家庭で育った私は、海の家というものを利用したことがなかった。
もちろん水筒でお茶を、クーラーボックスでお弁当を持参した。
パラソルや椅子を借りるなんてまずありえなかった。
海に行った帰りはその辺の冷たいホースの水でざっと海水を落とし、車の後部座席にバスタオルを敷いて水着のまま乗り込んだ。
だから今でも海といえばなんかべたべたしてひりひりしてじゃりじゃりする、というイメージなのだ。
あの頃海で温かいシャワーといえば200円ほどコインを投入して使うがすぐに時間切れで止まってしまうものしかなかったですよね。
今は個室じゃなければ温かいシャワーがただで使えるんです!!
これはかなりびっくりしました。

王子様がそれほど楽しんでいなかったので昼過ぎに帰宅の途に付いた。

こんなに毎日お出かけやら買い物やらに付き合わされて、お疲れかな~~と心配したが、帰ってからもこの笑顔です。
a0079354_23233121.jpg
[PR]
by kumako-93 | 2009-07-23 23:26 | 育児

家族の性格分析

王子様は割と寝起きがいいほうだと思う。

少し寝足りないとか、起きるタイミングが悪かったりすると起きてからしばらくゴロゴロしていたりご飯がなかなか食べられなかったりするが、たいてい「おはよう!」とさわやかに起きて一人で階段を降りてきたりすることもある。

そんな王子様で親としては助かっているのだが、ふぅちゃんはそんな王子様よりもさらに寝起きがいい。

パチッッ!(目を開く)
ムクッッ!(起き上がる)

以上。
a0079354_23135785.jpg













これが起きて3分以内の写真。
普段と違うのは髪の毛が重力を無視していることくらいだろうか。
あ、それも普段どおりかも。。。


生まれてから今まで、体調さえ良ければとにかくよく笑うし、それほどぐずることもないし、私が仕事のとき頼んでいるシッターさんが口をそろえて「やりやすい子ですね~~」と言ってくれているほどふぅちゃんは手のかからない子だと思う。
そういえば夜泣きもなくて夜中のドライブもしたことがない。
王子様のときは寒い中よく連れて行ったっけ・・・。

それで終わるわけはないとは思っていたが、最近少しずつ、イヤ思いっきり自我が芽生えてきたようで。。。

夜中でも「お外行く~~」というように玄関で靴を放してくれなかったり、まだ少し歩けるようになったばかりなのに階段を全部自分で登って私が「危ないから降りよう」と手を出そうとすると首を振ってイヤイヤをし、私の手を払いのけその上「フン!」とそっぽを向く。
海苔とか自分の好きなものは何が何でも手に入れようとする。
「もうないよ」とか言おうものなら確実にこっちが後悔する騒ぎに。
私の携帯をいじるのも大好きで、止めさせようとするとあまりにうるさいからあきらめて触らせていたらついに携帯の音がならなくなってしまった。

この性格、どっかで見たことあるわ~~。。。


うちの家族の性格:

おとーさん: 石橋を叩きすぎて割ってしまう、あるいはあまりに長く慎重に叩いている間に橋が老朽化し結局渡れなくなってしまう、あるいは「こっちに安全な橋がある」と遠回りするが、途中工事中の渋滞に巻き込まれ動けなくなるタイプ

王子様: 石橋をまず渡るのが恐くて近寄れず。やっとのことで渡ろうと思い立つが「誰か~~。叩いてみて~~」と親にやらせるタイプ。

おかーさん: 石橋にひびが入っていても「ま、大丈夫でしょ」と渡ろうとし、壊れそうになったことを人のせいにするタイプ。ただし最後には渡りきって「ホラ。大丈夫やん」と偉そうに言う。

さてふぅちゃんはどういう子になるのでしょうか。。。
石橋の下を泳いで渡ると言ってきかないような気がする・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2009-07-22 23:43 | 育児

海へ ~その1~

夏休みが始まった。

私にとってはまさしく試練の40日間だ。

夏休みの目標を決めてみた。

「イライラしない」。

この一見簡単に見える目標を達成するのがいかに難しいことか・・・。
一応今のところそれほどイライラはしてません。
・・・多分・・・。

さて、海の日の連休。
暦に忠実に新潟の海に行ってきました。

せっかくの連休なのにあいにくのお天気。
雨が降ったりやんだりの中やっと目的地周辺に到着し、海沿いをうろうろしていると、なぜか一斉に人々が帰り支度をして車に乗り込んだり歩いて宿に向かったり。
どうやら遊泳禁止になったようだ。
パトカーや救急車がサイレンを鳴らしながら走っていたりして物々しい雰囲気。

こんな中泳ぐわけにもいかないので一日目は少し離れたところにある水族館へ。

言ったらなんですけど、田舎の小さい水族館なのでたいしたことないだろうな~と内心思いつつ出かけた。
ところがこの水族館、なかなか『良い水族館』でした。

水族館・動物園好きな王子様に付き合って水族館は何か所か行ったことがある。
不思議なもので、水族館や動物園って大規模だからと言って良い園かというとそうでもないことも多い。
動物の種類も多ければいいっていうものでもないし、メジャー種類でも少なすぎると面白くない。
イルカやアシカのショーも王子様的にはそれほど興味のあるものでもないようだ。
(確かに何度か見てるとやることはたいてい一緒でそんなに何度も見たいものでもないように思う)
展示の仕方も園のテクニックが大きいというか、必ずしもお金をかけた大水槽がなくても面白いものが作れるように思う。
個人的には最近王子様が気に入っている『スイスイ フィジー』に出てくるお魚たちをひとつの水槽に入れたら面白いんじゃないかなあと思ったり。
ちなみに王子様の好きな魚はメガネモチノウオ、ウツボ、チンアナゴ、イトウなどなど。

ふぅちゃんも何が楽しいのか水槽にべったりくっついて意外にも楽しんでいた。

悪天候で楽しめないんじゃないかと心配していたが、意外なことが重なってまずまずの一日目でした。


続く・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2009-07-21 17:18 | 育児

いたずら電話

いたずら電話って普通夜中とかにかかってきませんか?

その電話がかかってきたのは夜の7時ごろ。
まさしく我が家が戦場と化している時間帯だ。
お腹がすいて野獣化したお二人様が「あー」とか「ぎゃー」とか叫び、足もとにまとわりついてくるお嬢さんをなんとかなだめつつ夕食の準備をする。
夕飯食べながら「眠い~~今すぐお風呂!」などとおっしゃるお坊ちゃまのためにお風呂も沸かす。
そうしている間にも「お茶入れて!」「牛乳!!」「おかずこれだけ??」と空腹のために切れるナイフと化したお坊ちゃまの声が・・・。
大体してもらってる立場なのにどうしてこんなに偉そうなのだ!?
(人のこと言えませんが)

主婦のこの時間は大抵こんなものだということをご存じか?(うちだけ??)

携帯にいたずら電話って久しぶりだったんだけど、テレビ電話でいかがわしい動画付き。
「キャー!」とかいう初々しい反応を期待してたら100%その期待を裏切ったと思われる。
しかしまあ、テレビ電話でこういうことができる時代になったのですね。変なところで感心。
非通知からの着信を拒否していればよかったんだけど、おばちゃんの携帯ほぼ買った時の設定のままなので。急いで着信拒否にしようとしたけど、どこをどういじればよかったのかオロオロする。

しばらく何度もかかってきていたが、用事が済んだためかこちらがやっと着信拒否にしたためか、ぷっつりとかかってこなくなった。
そして足もとには野獣たちだけが残る…。
ちょっとー、どうしてくれんの。。。

いやらしいいたずら電話でこちらを赤面させようという目的は100%果たせなかったが、文字通り単なる迷惑電話だったのならお見事成功されました。

いつも後から思うのだが、
「逆探知成功!」とか
「この番号か・・・」
とか、相手がちょっとビビるような一言を言い返してやりたいんだけどとっさに出てこないのと、こちらの個人情報をどこまで知っているかが分からないのでむやみやたらなことも言えない。

今後はもう少し若くて初々しい人を狙ってください。。。
[PR]
by kumako-93 | 2009-07-17 00:42 | つぶやき

かぐわしいアノ香り

突然ですが、私は子供の頭の臭いが好きです。。。


決していい匂いではない。
しかし一度嗅ぐと中毒性を持ち、抱っこするたびにクンクンと鼻を近づけ
「あー臭い」と再確認する。
暑くなって汗をかき出すこの季節はサイコーなのです。
ますます臭いが強烈に・・・。

同じ子供でも微妙に臭いが違うようだ。
王子様は皮脂の匂いがやや強く、それにすっぱい臭いが混じっていたように記憶している。
ふぅちゃんは・・・。

数日前気付いたのだが、お風呂に入る前くらい(一日のうちで一番臭いが強い時間帯)の時間になるとなんと三杯酢の臭いがする!
抱っこしていて「うん?あんた隠れてところてん食べた??」と思ったくらいだ。
(実際時々食材を入れた棚をごそごそしている)

ヒジョーに残念なことにこの頭の臭いは年齢とともに弱くなっていくらしい。
今年王子様の頭を臭って愕然とした。
あのかぐわしい臭いがほとんどしないではないか・・・!!

私が大好きなこの臭いをかげるのもあと2~3年というところでしょうか。。。
そう思うとますますクンクンやってしまうおかーさんでした。。。
[PR]
by kumako-93 | 2009-07-14 21:55 | 育児

もうすぐ4歳!

ちょっと早めですが王子様の誕生日会をしました。

今月で4歳になります。。。
a0079354_075614.jpg















幼稚園にもすっかり慣れて毎日楽しく通園している。
成長の証だけど時々生意気を言ったりすることも。
おしゃべりが大好き。
毎日面白いことを言って楽しませてくれます。

お弁当が大好きで毎日完食して
「ホラ!ピカピカだよ!!」(きれいに食べたよ)と見せてくれる。
アイスクリームなど相変わらず食わず嫌いのものは多いけど、昔に比べたらずいぶん食べられるものは多くなった。

最初は少し気が進まなかったプールもこの頃では好きになり、園に迎えに来るバスに大きい組の子たちと乗り込み一人でお着替えもしているようだ。

誕生日のプレゼントは『ハイパーガーディアン エクスガイナー』。
私的には全然うれしくないものだけど、ずいぶん前からずっと欲しいと言っていてぶれなかったのでまあいいかと。

今年も元気で過ごせますように。
ふぅちゃんとも仲良くね。

このおねーさん、最近自己主張が強くなってきて、負けてません。
a0079354_017314.jpg













お誕生日のごちそうはお決まりの手巻き寿司。
だって楽なんですもの。。。

ケーキは王子様のリクエストどおり
「何も付いてないケーキ」。
クリームもチョコレートの文字もイヤだって。
4本のろうそくと名前を書いたプレート、マジパンのクマだけを並べた地味~~なケーキでした。

「いい子にしてないとエクスガイナー買ってもらえないな~~」
この魔法の言葉の効力が切れてしまった。
クリスマスを使うにはまだ早すぎるし。
やっぱお化けの力を借りるしかないかな。。。
[PR]
by kumako-93 | 2009-07-14 00:22 | 育児

20年後・・・

東京ドームに行ってきました。

サイモン&ガーファンクル。

もちろん実際活躍していた時代は知らない。
15年以上も前、友人が貸してくれたベスト盤のCDが私がサイモン&ガーファンクルを知った始めだった。
ドラマの主題歌になったりもしていた。

16年ぶりに来日というニュースをたまたま目にしてダメもとで先行抽選というのに応募してみたら当選したのだ。

子供たちをおばーちゃんとおじーちゃんに預けて、久々に夫と二人でお出かけ。
二人とも良い子でいてくれたので、帰りに上野で焼き肉まで食べることができた。

当然だけど、中高年の多さにびっくりしました。
後ろの席のおばちゃまたちは
「先週裕次郎の○回忌行ってきたわよ~~」
などという会話をされていました。。。

3塁側の後ろのほうの席ということもあって、二人は豆粒みたいに小さくしか見えなかったけれど、十分楽しめました。
写真とか動画とか文章とか色々あるが、音楽ほど一瞬にして過去に戻れる手段はないのではないだろうか。
声の質とか歌い方とかが昔とは変わっていて、それを聞いて周りの方たちは懐かしく昔を思い出し、そして経た年月の大きさを感じるんだろう。

20年後私は誰の音楽を聴いて今の私に戻るのだろう。
アンパンマン?おかあさんといっしょの歌たち??

好きな音楽を聴きたいと思った瞬間でした。。。
[PR]
by kumako-93 | 2009-07-13 01:06 | つぶやき

幼稚園ごっこ

その”遊び”は突然始まった。

おそらく多くの子供たちが先生を真似して家で遊んでいるんだろう。そういう話は聞いたことがある。

でも、あの王子様でもこういう遊びをするんだ~と初めて見たときはかなり驚いた。

ピアノに向かい、私を生徒にして後ろに座らせる。
「今日は○○の歌を歌います。ハイッッ!」
かなり唐突だ。
その○○の歌、知らないんですけど・・・。
しかも時々は自分で創作したでたらめの歌だったり。。。
童謡もうろ覚えだったりして「なんとかの~なんとかで~~」とか適当に歌っていると
「違うでしょ。なんとかじゃないよ!」
と厳しく注意されます。
a0079354_23365787.jpg












ここにもう一人先生になろうとしている人を発見。
a0079354_2338162.jpg











譲らない二人の攻防戦がこのあと延々と続くのでした・・・。
[PR]
by kumako-93 | 2009-07-06 23:39 | 育児

七夕の願い事

最近幼稚園で七夕にむけて短冊を書いたり飾り付けをしたりしているようだ。

「さーさーのーはー さーらーさーらーーー」
例の浪曲が延々続く。
(まだ曲が分かるだけマシで、ABCの歌なんかはD以降すべてテキトーな歌詞と音程。そしてなぜかエンドレスでまたABCに戻るというリピート機能付き)

幼稚園に送っていく車の中で「帰ったら家でも願い事書こうね~」と約束。
確かに約束はしたが、なぜかいつもふぅちゃんを寝かしつけているときとか、ご飯の用意で手が離せないときとかに「おかーさん、あれやろう!」と言い出すんだろう。

「ちょっと待ってよ!」
と怒られつつ用事を済ませ、やっと短冊を書き始めた。

「トーマスみたいに強くなりたい」
「あんぱんまんみたいに強くなりたい」

これ、多分幼稚園で誰かが言いだしてそれをぱくったもの。
先日参観日に行ったときお友達が同じこと言ってたから。

「おかーさんのは?」

うーん、なんだろう。
スーパーじゃなくて東京あたりに買い物に行けますように、かなあ。。。
もしくは一日でいいからあなたたちのお世話をせずに自由な時間をくださいかなあ。。。
いや、友人と飲みに行きたいかなあ。。。
いやいや、独身時代に戻って人生をやり直したいかも。。。
エンドレスに願い事が思い浮かぶ。
しかし母としてふさわしくないと思いなおして
「王子様がご飯をたくさん食べますように」
と書いた。それも本心ですからね。
ふぅちゃんは
「おにーちゃんのおもちゃで遊べますように」
いつもいつも「ダメ!ふぅちゃん来ないで!!」と言われているから。

「おとーさんは何にする?」
と王子様に聞いたところ、
「(王子様に)お土産をいつも買えますように、じゃない?」
だと。それは自分の願い事でしょ~~。
おとーさんが仕事から帰ってくるとおかえりも言わずに「おとーさん、お土産ある?」と毎日おみやを要求する王子様。

どこまでもジコチューB型な男でした。
[PR]
by kumako-93 | 2009-07-04 11:17 | 育児

天然なんだけど

思えば1年前、単語はいくつか出るようになったけどまだ単語を羅列していただけだった王子様。
最近ずいぶん上手におしゃべりできるようになった。

誰のまねか分からないが、「~~なんだけど」というのが口癖。
今テレビ見てるんだけど。食べたくないんだけど。まだねんねしたくないんだけど。おやつが食べたいんだけど。まだお腹すいてないんだけど。

「けど、なんなのっっ!」
イライラしてる時にケドを連発されるとむかっときます。

幼児教育センターの先生の勧めがあったりして、今言語聴覚士の先生の外来に通っている。
器質的な異常はないが、舌とか唇の使い方を間違えて覚えてしまっていて、音が鼻に抜けて発音できなかったり、他の音に置き換えて使っているらしい。
私たちはある程度予測して理解することができるが、初めての人が聞くと分かりにくいようだ。

先日その外来に行った時のこと。

いろんな絵を指さして名前を言わせたり、先生の言葉を真似して言って練習するのだが、
「じゃあね、先生の行ったことを真似してね。うさぎ」
「うさぎ」
「うま」
「うま」・・・
その日はウ列音の練習だった。
いくつか順調に真似をしていた王子様だったが、先生が
「うえ」
と言った後、なぜか
「・・・の!」
と。
連想ゲームじゃないんだから・・・。しかも上野って。電車オタクなことをここでも披露。

練習してもなかなか上手になるものでもないですが、大きな子供病院でおもちゃやら絵本やらがたくさんあるので『山の病院』と命名して喜んで行っています。

いつか上手におしゃべりできる日がくるといいなあ。
[PR]
by kumako-93 | 2009-07-01 15:13 | 育児


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧