kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ドクターイエロー!

ドクターイエローを間近で見てきた王子様。
a0079354_2362933.jpg















一年に1回この時期にJRの工場が一般公開されるらしい。

うんと早起きしないと人数制限されて入れないかも、ということで6時台の新幹線に乗って出かけて行った。
いつも朝寝起きが悪くてずっとごろごろしているくせに、その日はシャキーンと目覚めて張り切っている。いつもこうならいいんですけどね~。

家に帰ってきてから「どうだった?楽しかった??」と質問攻めにしたが、本人はあっさりしたもので。
ドクターイエローが見られたのはうれしかったみたいだけど、それがどれだけ価値のあることかというのがイマイチ良く分かっていない様子。帰りに行った品川の水族館の話をたくさんしてくれた。
暑かったしね・・・。

私が見てみたかったなあ。。。
[PR]
by kumako-93 | 2010-07-26 23:12 | 育児

嗚呼夏休み

イヤほんまに暑いですな~。

先日昼間車で移動する際、車の温度計が49度をさしていて絶句。少し走ったら47度に下がってました。
夫の車なんて、ギア(っていうんですかね?パーキングとかバックとかに入れるやつ)の縁(ギアが入っている穴の周りでPとかってかいた板がはめこんでますよね)がそれごと外れたらしいです。元の位置に置いて上からゴンゴンって叩いたらまたハマったと言ってましたが。。。大丈夫かい。

まだ7月というのにこの暑さ。

そしてさらに夏休み。。。。。。。。

仕事してて本当に良かったと思える瞬間です。。。
夏休み一日目は幸いというか不幸にしてというか、私がお休みの日で子供たちの時間を満喫したのですが、一日目にして「夏休みって無理・・・」とつくづく思ってしまった。
王子様くらいになると大体話も通じるし、まあまあやりやすいんですけどふぅちゃんが・・・。
時々極悪人の顔になってます。
自分のもの(と自分で思いこんでいるものを含む)を王子様が触ったりすると
「ダメ~!」
あと「イヤ~!」「いらない!」なんかも言えるようになってきた魔の2歳児。
面倒なお年頃です。
調子のいい時はけらけら笑って面白いんですが、ひとつ気に入らないとギャーって般若のようなお顔で怒りだす。その境目がまさに紙一重で。。。

普段は物の取り合いをしたり、「ふぅちゃんが悪いんだよっ!」って言ったりすることもあるけど、私がふぅちゃんに怒ったりすると王子様は必ず「おかーさん、ふぅちゃんに怒らなくていいんだよ。」となだめ役。

夏休みを無事の乗りきっているおかー様方を心から尊敬申し上げます。。。
[PR]
by kumako-93 | 2010-07-26 16:28 | 育児

初キャンプ

初キャンプに行ってきました。

正確に言うと大人になってからは初キャンプ。
子供の時は時々行ったものです。

でも覚えているのは朝ごはんに母がカセットコンロで作ってくれるフレンチトースト。
不思議とテントの事とか夜ごはんの事とかは全然覚えてなくて、母が地面にしゃがんでフレンチトーストを焼いている背中だけが思い出される。


王子様の幼稚園のお友達3家族でキャンプへ。
キャンプ場も1時間足らずで行けるのです。

参加するのはうちが家族4人、あとの2家族は両方お父さんが仕事で来られなかったのでお母さんと子供一人ずつ。
しかもうちの夫も土曜日の仕事を終えてから遅れてくることになったので、先発隊は私ともう一人のお母さん(やっぱりキャンプ初心者)、そして子供たち3人。


早めの昼食を食べていざ先発隊はキャンプ場に。
連休ということもあって、キャンプ場はほぼ満員。
全員初心者で道具を持っていないため、『手ぶらでキャンプ』というのをレンタルしてみた。
キャンプ場に着くと半分くらいのグループがすでにテントを設営している。
見るとレンタルは私たちくらいで、ほとんどみんな2ルーム一体型の立派なテントを持ってらっしゃる。
とりあえず借りてはみたものの建て方もよく分からないし、子供たちも見ていないといけないしでなんだかとっても頼りない私たち。暑さと焦りで汗だかなんだか、変な汁がだらだら出た。見かねて施設の方がほとんどやってくださった。

とりあえずテントとタープは出来上がった。
ここでお菓子でも食べながらお茶を…と言いたいところだけどそろそろ夕飯の準備も始めないといけない。
あれこれ手際悪く準備していたら施設の方が「今日の夜から雨が強いらしいです。」と。

スクリーン付きの立派なタープだと少々の雨でも大丈夫だろうが、私たちが借りたタープでは大人4人子供4人が雨に濡れずにご飯を食べることなど到底無理だ。
子供たちはウロウロ歩き回るだろうし。

仕方なく、ここまで来て邪道だけど保険で借りておいたバンガローのテラスに移動しそこで夕飯を食べることに。

夕飯はBBQとカレー。
ま、王道ですな。。。

なんとか無事出来上がって、食べるころに強い雨と雷が鳴り出した。
ちょっと小高い場所にあるバンガローのテラスで雨にも濡れず見下ろすとたくさんのテントが見える。この雨の中、彼らはどうやって過ごしているのか。。。やっぱりあの2ルームのテントが欲しいっっ。

BBQ、カレーもおいしくできた。
寝る時間になって少し小降りにはなってきたが、やっぱり雨は続いていたので全員バンガローで寝ることに。
ゲジゲジがちらほらいたけど見えないってことで。。。

子供たちを寝かせてから母親3人で酒を飲みつつ語らい。
この時間が一番楽しかった。。。
子供の事やら仕事の愚痴やら。

翌日は梅雨も明けて快晴。
朝から暑い。

前日も泥んこになって遊び疲れていたはずの子供たちだが、日が変わるとリセットされるらしく朝から元気いっぱいで遊んでいた。
親は朝ごはんの準備と昨夜雨でほとんどそのままになっていたものの片づけ。

夜の間に雨宿りに来ていた無数のゲジゲジたちを見ないふりしながら雨にぬれたキャンプ道具たちをやっとのことですべて片づけ、チェックアウトをしたらもうお昼前。
前日大雨でシャワーにも行けなかったので近くの日帰り温泉に立ち寄った。

予定ではもう少し遊んで帰る予定だったんだけど、前日からはしゃぎまくってさすがに皆疲れたらしく、お風呂に入って隣の公園で少し遊んでから家路に着いた。
ふぅちゃんは帰りの車の中で寝てしまい、そのまま朝まで。
本当に疲れたのだろう。

『大自然に抱かれ日頃のストレスから解放される』というコンセプトには程遠かったけど(子連れでそれは無理だと分かった)、ちょっと思い描いていたものとは違ってしまったのでもう一度リベンジしたくなってきた。
ただどうやらそう思っているのは私と子供たちだけのようで。。。
働かされてもう嫌だと思ってる人に反対されそうです。。。
[PR]
by kumako-93 | 2010-07-21 00:01 | 育児

できない奥さんが欲しいもの

毎日忙しいながらもなんとか生きてます。

今の私の仕事は週に2日が半日(といってもたいてい午後までかかるんだけど)、後の2日が5時過ぎまで、平日一日と土日がお休みというシフト。

フルタイムと比べると当然時間に余裕があるはずなのですが、フルタイムの人ってどうやってやりくりしているんだろう?と本当に疑問に思ってしまうくらい毎日毎日バタバタで、子供たちを食べさせるのがやっとという感じ。

時間的にはしんどいし仕事の責任感というか緊張感はすごいけど、子供が生まれてからほとんど家にいて、「今日日本語の通じる人と話してない・・・」みたいな日々が続いていたことを思うとなんだか「生きてるな~~」という充実感があって楽しい。

ただどうしてもおろそかになるのは家の掃除で。。。
王子様に「大きくなったらお掃除してくれるロボット作ってね。」と言ってみた。
ちょっと前に購入したルンバ君は、お掃除好きの夫の手下として働いていたが、バッテリーの調子が悪くて、換えてもすぐに動かなくなっているらしく。。。労働条件の改善を求めるストライキか!?
ルンバ君、働きものだったけど正直掃除機だけじゃなくてお片づけもしてほしいな・・・。

あとご飯の用意もついでにしてくれたらなお良い。

神様仏様、今年の誕生日のプレゼントに『できる奥さん』が欲しいです。
ひとつよろしく。
[PR]
by kumako-93 | 2010-07-18 22:14 | つぶやき

親バカ劇場

『魔の2歳児』とは本当に言い当てたもので・・・。

2歳の誕生日の少し前あたりから急に難しくなってきたふぅちゃん。
なんでも自分でやりたくて、でもできなくて「ギャー!」。
自分のもの(と自分で思っているもの)を王子様が持とうものなら遠くから走ってきて「ギャー!」。
なんか分からないけど「ママ―、ママー」と甘えんぼアピール。
ちょっと転ぼうものならすぐに走ってきて「ここー!ここー!」と痛いアピール。(「痛かったねーよしよし」って大げさにしてやると「オッケ~~」と軽ーく言ってまた走って行ってしまいますが)
ご飯も食べむらが出てきて、ほとんど食べないことも。おやつは100%食べますが。

とにかくちょっと気に入らないとギャーギャーうるさいので王子様に我慢してもらうこともしばしば。

でも考えてみたら、王子様も突然ご飯を食べなくなったり、こっちがダメということばかりしたり、すぐにギャーギャーうるさかったのは今のふぅちゃんと似たような感じだったかも。
そうすると、4歳とか5歳になると王子様のようにやりやすくなるんですよね、きっと。

そう思って王子様に
「ふぅちゃん、今はごんたさんを言う年頃だけど、王子様ももっと小さい頃はそうだったから、もう少しするとお利口になるんだよね。それまで少し我慢すればいいのかな。。。」
と言ってみたら(半分は自分に言い聞かせた)
「ふぅちゃんの面倒はボクが見るから、お母さんは大丈夫だよ。我慢しなくてもいいからね。」
と。。。

ちょっとっっ、奥さんっっ!
聞きました??

こんないい子に誰が育てたんでしょ。
親の顔が見てみたいというもの。


仕事も育児も大変だけど、こういう瞬間に癒されます。


ところで王子様、申し出の通り『魔のふぅちゃん』のこと、全面的にお任せしていいでしょうかね。。。
[PR]
by kumako-93 | 2010-07-01 00:53 | 育児


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧