kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

解放感

お久しぶりです。

やっと終わりました!

今日仕事の試験があって、この数カ月時間を作ってこまごま勉強していたのでブログを更新する時間が全くなかったのです。ブログどころか、家も荒れ放題だしご飯もお惣菜で済ませたりすることも。(逆に子供たちに喜ばれたりして微妙な気分になる)
それもやっと今日終わりました。

出来は全然で、この私が久しぶりの東京で試験の帰りにお買い物にも寄らずまっすぐ家に帰ったくらいで。。。
落ち込みましたが、一人で久しぶりにお酒を飲んで『アグリ・ベティ』を見たらなんだかまた明日から前向きに行こうという気持ちになりました。
今の日本に起きている色々なことを考えると、こんな試験に受からないくらい屁でもないという感じでしょうか。

『アグリ・ベティ』私のお気に入り海外ドラマです。

久しぶりにツタヤに行ったら新しいドラマがたくさん出ていて、また寝不足になりそう。

というわけで家事業もさぼれるだけさぼっている私ですが、子供たちは生きています。

また小出しに色々出していきます。
明日からまた月曜日、ぼちぼちがんばります。
試験が終わったら、、、と色々リストにしていたことを少しずつやっていきます。
[PR]
# by kumako-93 | 2011-08-08 00:00 | つぶやき

原発事故と私たちの生活

原発事故から2カ月。
今になって隠していた色々なことが明らかにされています。
事故当時「絶対大丈夫です。私が保証します。」とテレビで堂々と言っていたどこかの准教授、最近は全く見かけなくなりました。

テレビでもメルトダウンの事が出て少しまた原発事故の報道をするようになりましたが、当時に比べるとこっちがびっくりするくらいあっさりとした報道です。もう終わったことという認識なのか、何をどうやっても仕方ないというあきらめなのか。。。

色々なことが隠ぺいされていたり、現場では必要な検査もせずに過酷な環境の中作業員が働かされていたり。
日本は先進国と思っていましたが、この現実を目の当たりにすると本当に唖然としてしまいます。

関東地方でもお茶などから基準を超える放射性物質が検出されているにも関わらず、福島の野菜が規制解除されるというどう考えても矛盾することが起きています。
県によっては検査自体を拒否しているとか。
基準値以下の野菜も、これ以上ないっていうくらい洗浄してから検査しているのでしょう。

大体暫定基準値はいつ通常の基準値に戻るのでしょうか。


スーパーに行くと関東産の野菜や肉、果物がいつも通り並んでいます。
関東以外の野菜は欲しくても簡単には手に入りません。
せめて検出されたベクレル数を表示するとか(基準値以下でも)、他の地方のものも並べるとか、選択できるようにしてもらいたいと思います。

事故以降、子供に食べさせる野菜はなるべく西のものをと思い、週に1度宅配される野菜を注文しています。前から違うところで注文していましたが、その会社の対応は政府の規制に準じるということだったので今は他の会社に変えました。

空気中の放射線量が時々テレビでも報道されます。私たちの住んでいるところではすでに事故前の数値とほぼ同じということです。
でもこれもからくりがあって、下がっているのは地上20メートルのところで計測している数値です。
ただ私が住んでいる県は割と良心的だと思うのですが、県のHPで20メートルの数値の下のほうの分かりにくいところに、地上80cmの数値も載せています。
80cmではまだ事故前の2~2.5倍くらいの数値が続いています。
地表はもっと高いでしょう。

放射線は事故がなくても色々なところから受けているもので、0にする必要はないということは分かります。
空気中も、野菜も、魚も、単独では基準値以下ということですが、トータルいくらか、となると不安になります。以前ホウレンソウが規制されたとき「年間~キロのほうれん草を食べないと基準値以上にはなりません」といっている人がいましたが、あれを聞いて心底びっくりしました。
空気も吸わず水も飲まず、ほうれん草だけを食べている人っているのでしょうか。
0にしようとは思いませんが、いつまで続くか分からないのでマイナスの貯金というか、減らせるところでなるべく減らしたいと思っています。

200キロ離れているところでもそんな感じです。
考えると本当に疲れるので、半分はあきらめているという感じでしょうか。

昨日ニュースで、福島の方たちが独自で保育園の表土を入れ替えているというのを見ました。
大切な子供を、放射線の脅威にびくびくしながら育てなければいけない、その心労を思うと本当に気の毒で涙が出ました。
無茶な基準値にも納得いきませんが、基準値以下だからいいのではなくて、学校などは少しでも低くする努力をするべきと思います。

正直今3月11日に誰が何を言ったか言わなかったか、ほとんど興味がありません。
そんなことは終息した後に検証をすればいい問題と思います。

今は海を含めて汚染の程度がどのくらいかを隠さず公表し、生鮮食品はすべて放射線の検査を行い、値は表示する。
かなり長く続くことを想定すると基準値はもう暫定値を使わず元に戻し、基準を越えたものは出荷しない。農家には出荷できなかった分を補償する。
財政的に苦しいのはあるでしょうが、こうすることが数年後の日本の農業を救うことになると思います。

数年後、こうやって心配したことが杞憂に終わることを心から祈ります。
[PR]
# by kumako-93 | 2011-05-25 22:56 | つぶやき

女の終わり

タオルハンカチを使うようになったら女も終わりだ・・・・。


言いえて妙な格言である。・・・違うか。

他にも『女の終わり』を示唆することはいくつかある。
・お店の人に簡単に苦情が言える
・テレビに向かって一人でコメントする
・化粧をせずに外に出られる
・眉毛を書くのを忘れる
・『音姫』を使わずに用をたす
などなど。他には何でしょうか。

さて最近『女の終わり』というか『おばちゃんの始まり』であろうということを一つ見つけた。

それは
『デパートの北海道展が大好きなこと』だ。


私も数年前まではほとんど興味がなかったはずなのに、最近は『北海道展』の文字をみると妙に気持ちが高ぶる。
特に最近はビールをよく飲むので珍味系がお気に入り。
数の子入りのワサビ漬け、タコワサビ、ホッキ貝の海藻サラダ、いくらのしょうゆ漬け、たらこ、松前付け・・・。
こう書いているだけで唾がわき出てくる。
スーパーでも売ってるけど、全然味が違いますよね。

先日もそれが目的ではなかったけれど、デパートに行ったときに偶然『北海道展』のポスターを見て心から「ラッキー!」と思いました。
平日の10時過ぎに駐車場がほぼ満車って時から、「これはもしかして・・・。」と期待しておりました。
エレベーターに乗りこみ、まず最初に催物会場の階のボタンを迷わず押す私。
珍味はほとんど試食する。

上記の珍味系とぶっといアスパラ、おしゃぶり昆布(子供たちが大好き)、ROYCEのチョコがけポテトチップス、マルセイバターサンドを購入。
もちろんもっともっと欲しいものはあったけど、今自分もふぅちゃんもちょっと体重を気にしているので自制心を振り絞りやっとのことで会場を後にした。

雲丹とかカニとかいくらが乗った海鮮弁当が人気で、行列ができていたけど、あれってそんなに並ぶほどおいしいですか?
電車で食べると多分すごくおいしく感じるとは思うが、雲丹もカニももっと新鮮なほうがおいしいに決まってる。ビジュアルに負けて何度か買ったことはあるが、家で食べると期待はずれだった。

会場は人生の酸いも甘いも知り尽くしたような熟女たちでいっぱいでした。


北海道展。
アドレナリンに負けてけっこうな出費だ。
おいしいけどお値段もそれなり。
若者が少ない理由はそれもあるのかもしれない。
私なんか最近、どうせカロリーを摂取するならおいしいもの食べたいと半ば捨て鉢です。
[PR]
# by kumako-93 | 2011-05-15 23:40 | つぶやき

おじいちゃんのこと

おじいちゃんが亡くなりました。
95歳でした。

最後に会ったのは今年のお正月。普段は実家の近くの少人数の施設で生活していました。ゴールデンウィークで帰省していて、1回は会いに行っておこうと思っていましたが、それができなかったことがちょっと後悔です。

元々は京都で住んでいたので、正月とお盆に遊びに行ったことをよく思い出します。

父方の祖父母は福井にいて、多分同じくらいの頻度で帰省していたと思うのですが、なぜか京都のおじいちゃんの家のほうが思い出すことがたくさんあります。

遊びに行くと私たち兄弟を近くのショッピングセンターの本屋に必ず連れて行き、一人2冊ずつ本を買ってくれました。大きくなってから聞いたのですが、うちの父が「おもちゃは買うな、本ならいい」と言っていたそうです。
おじいちゃんの家のテレビはチャンネルがボタン式(ピッて押すもの)で、うちの家はまだ回すチャンネルだったので「すごい!!」って思った記憶があります。
お菓子が好きで、家にはいつもそばぼうろがありました。
家のお風呂の傾斜がけっこう強くて、すごい熱いお湯でそろそろ入っていたのにその傾斜のせいで滑って一気に首まで熱いお湯につかることになり息が止まりそうになったこと。
遊びに行くと近くに住んでいた同い年のいとこと一緒に遊ぶのがすごく楽しかったこと。
家の近くにできた喫茶店に連れて行ってもらい、『ピラフ』っていうものを初めて食べたこと。
成人式の着物も買ってもらいました。

すごいちゃっちゃかした人でうちの母としょっちゅう言い争いをしていたこと。


近い人のはずなのに、おじいちゃん自身の事はあまり知らなかったと改めて思いました。
貧乏な農家に生まれ、その貧しさから抜けようと一生懸命勉強したそうです。
戦争に行ったとき、「こんな戦争で死ねるか」と思い、できないのに「トラックの運転ができます」と志願し、前線を避けて後方支援隊になったということは亡くなった後で知りました。その時代そんな人がいたんだと驚きました。
おばあちゃんを早くに亡くし、色々と困難の多い人生であったようです。

小さい頃はたくさん遊んでもらったけど、歳をとってからは耳が遠くコミュニケーションを取れなかったということもあり、また憎まれ口ばかりをきいて自分の体調の事ばかりを言っていたので、最近は少し足が遠のいていました。

連休で帰省をしていたので、お通夜もお葬式もどちらも出られて最後に送ってあげられてよかった(よかったというのも変かもしれませんが)です。

95歳、長い間お疲れさまでした。
[PR]
# by kumako-93 | 2011-05-06 00:41 | つぶやき

うちのおじょうさん

子供たちが帰ってきました!

 原発の事故が立て続けに起こり、夫が心配して子供たちを春休み中だけでも神戸に行かせたいということで、この10日間くらい子供たちは神戸に。
 私も週末会いに行ったりはしたけど、考えてみたら王子様が生まれてからこんなに子供たちがいない生活は初めて。。。
 いるときは「一人になったらあれもしたいこれもしたい」といろいろやりたいことがあったけど、実際そうなってみると、しかも状況が状況なので全然楽しくもなんともなく。
 なんとなく自粛ムードだったので誰かと飲みに行ったり買い物をする気分にもなれず、結局ほとんど何もしないまま過ぎてしまった。
 子供たちは何でも好きにさせてくれるおばーちゃんがいて、ガミガミ口うるさいおかーさんがいないということでエンジョイしていたそうです。滞在中何度も明石公園に遊びに行ったとのこと。久しぶりに会ったふぅちゃんは、近頃テレビでよく見る原子力安全保安院のおじさんみたいに色が真っ黒になってました。。。

 おしゃべりもずいぶん達者になり、生意気になってます。
 どっちかという生真面目な王子様に対してふぅちゃんはかなりひょうきんな性格。(ひょうきんって・・・。死語ですか?)いろいろふざけてみせるのだが、それを披露するとき必ず「○○くん(王子様)、○○くん、みて!みて!!」と絶対に王子様に見せたがる。
 本人は面白いと思ってやってるんだけど、かなりの確率でほとんど面白くないことなので、王子様も特に見たいとも思わないらしくあさっての方向を向いて「わーすごいね。」と棒読みの反応。たとえば昨日は、「バイバーイ!」の手をパーの代わりにチョキにして「チョキチョーキ!」と言ってました。誰もその微妙なギャグに気づかず、かなりしつこく何度も。面白くないギャグを何度も言うなんて…!寒すぎる。。。
 女の子なので、おっとりかわいらしく育ったほうが、最近よく言われる『女子力』的にもいいと思ってるんだけど、そういう面白くないオリジナルのギャグを披露して誰が笑うより先に「がはははは!!!」と高笑いする。おっとり要素はゼロだ。
 そう思うと次の瞬間何かが気に入らず(それが何かは誰にも分からない)、ものすごい顔でギャーッと泣き出し、次はすねてソファの陰に隠れて声をかけても出てこない。そういう時は何を言ってもダメと最近わかってきたので、とりあえずいくつか声をかけてダメだった場合は放置することにしている。気が済むと涙でぬれた顔で「えへへ」とまた現れる。

 喜怒哀楽が激しくて大変だけど、最後は「も~、ふぅちゃんったら。。。」となんか笑っちゃうんですよね・・・。
[PR]
# by kumako-93 | 2011-04-08 21:09 | 育児

災害の事

未曽有の災害から2週間。

何度か更新しようとしてPCを開きましたが、どうしてもまとまらず書くことができませんでした。
毎日テレビに映し出される津波の映像と無残に破壊された原発の建物。
住んでいる地域の放射線レベルをチェックする毎日です。

16年前の阪神淡路大震災のときも、故郷に甚大な被害が出てショックを受けましたが、今母という立場でこの報道に触れると、子供や親や大切な人を失った方たちの悲しみがもちろん分かるというわけではないでしょうが、考えると胸が締め付けられます。

原発の事については人によってとらえ方は様々ですが、私はやはり母という立場もありかなり深刻に受け止めています。
テレビで色々と報道はされているけど、放射線量の比較方法なんかを見ているとなかなか納得するものはないというか、誰も一番知りたいことは教えてくれないという感じです。というか状況的には誰も今後の予測はできないというのが本当のところでしょうか。

大丈夫と言われても子供にはこの件以来外で遊ばせることがなくなり、水や食べ物に気を使う日々。
本当は彼らを安心させてあげることが親の役割だとは思いますが、なかなか普段通りというわけにはいきません。

子供たちにもできるだけ説明をしてはいますが、年齢的に理解は難しいようです。

東電に対する非難の声がよく聞かれますが、隠ぺい体質に対しては腹が立つけど、原発を建てたことに関しては結局自分たちが認めてしまったんですよね。
自分たちが選挙で選んだ政治家によって間接的にかもしれません。
原発についても、賛成という人は少数派でしょうけど、かといって強く反対して反対活動などをした人は少ないはず。そして知らず知らずのうちにその電力に頼っていたんですよね。東電の25%がこの福島原発からの電力と聞きました。


直接被害にあわれた方とは比べ物になりませんが、この先の見えない日々に非常に強く不安を感じます。
[PR]
# by kumako-93 | 2011-03-27 00:32 | つぶやき

おふくろの味

今朝の王子様、起きて一言目がこの言葉。

「大人になったらね、おかーさんにお子様ランチのお皿をご飯で作ってぇ~、鰹節かけてあげる!!」

昨日の夜クックパッドでお子様ランチを検索していたら、ご飯で新幹線を形作りお皿にして、その上に色々おかずがトッピングしてあるのがあって「すごいね~」なんて言ってたからだ。

おかーさんに作ってくれるのはうれしいけど、鰹節って・・・。もうちょっといいものを乗せていただきたいわ。。。


週末はいつも休日とは名ばかりで朝から子供たちのお相手で身も心もぐったりする。
出かけたりするとご飯の用意をする時間もない、というわけで外食をしたりお惣菜を買ってきたりすることが多いんだけど、昨日は何も思いつかず
「何食べたい~~?」
と王子様に聞いたのだ。
そしたら意外にも
「おかーさんの作ったお子様ランチが食べたい。」との返事。
王子様にそう言われたら作らないわけにはいかないじゃないですか・・・。

お子様ランチって何が乗ってたっけ・・・?
しかも今日は冷蔵庫にたいしたものがない。
困った時のソーセージすらないのだ。

そこでクックパッドを見ていたというわけだ。

クックパッドのなかった時代って、主婦はどうやって毎日の献立を決めていたんだろう?っていうくらいお世話になってます。


毎日ご飯の準備をするのって大変ですよね。。。
作らなくてもなぜかご飯係みたいになってるのでとにかく何を食べるのか考えなくてはいけない。夫婦だけの時は行き当たりばったりで特に考えたことはなかったなぁ。
たいして得意でもないのに毎日毎日やってるわけです。

しかもうちの夫、「おいしい」とかほとんど言わないんですよ。
私は食べることが好きなので、どうせ食べるんだったらおいしく食べたいと思うのだが、そこも考え方が違うみたいで。
例えば揚げものを食事の時間に合わせて揚げて「ごはんよ~」と言っても、後からできるやん、みたいな用事をしていてテーブルにつくのはすっかり冷めた頃ということがしばしば。
しかも「子供が欲しいっていうかもしれないから」とさらに自分のおかずを食べずに最後までとっておいてみたり。『食』に重きを置いていないのだと思います。

そんな状況下なのでご飯を作るということがますます億劫になってしまうのだが、王子様がそう言ってくれたのでおかーさん最後の力を振り絞り(って大げさか)昨夜はから揚げのお子様ランチを作りました。手抜きは手抜きでしたが。


前にテレビで見たんだけど、確かダウンタウンの松本さんの話で、松本さんがお母さんの作ったミートソースのスパゲッティが好きで、それを知った奥さんがお母さんにレシピを聞いたらしい。そしたらなんと、味付けがケチャップだけだったみたいで
「あんなにおいしいと思っていたミートスパゲッティの味付けがケチャップだけやったなんて!!」
とすごくびっくりしたとのこと。

どんなに手抜きでもおかーさんの味って子供にとってはおふくろの味なんだとその話に勇気をもらって私なりになんとかやってます。

でも女子はそこんところがちょっと違うんですよね。
女子は『まずいおふくろの味<おいしいお店の味』なんですよね。すごくシビアに。

うちの女子。女帝です。

a0079354_121996.jpg















a0079354_124892.jpg
[PR]
# by kumako-93 | 2011-01-31 01:05 | 育児

最近のふぅちゃん

最近のふぅちゃん。

ふぅちゃん・・・ふぅちゃん・・・・。

このことを書こうとするとため息が出るのはなぜなんだろう・・・。
あんなに寝てばっかりで手のかからない子だったのに。
あんなにふわふわしていて癒し系だったのに。。。


今やすっかり小悪魔系。
悪魔というより将軍様。


とりあえず口癖が『ふぅちゃんの!!!』と『にいにい、やめて!!!(ちなみに王子様は何もしていない)』。
王子様は今まで物に執着があまりなくて、お友達とおもちゃの取り合いをしたり、自分の物を貸してあげられなかったりということはほとんどなかった。
同じ環境で育ったはずなのに、この欲深さはどういうことなのか?
お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの。
まさにジャイアン的な思考だ。
ちょっとでも王子様が自分の物に触ろうとすると、どこからでも飛んできて金切り声をあげる。
ついでに王子様のものも自分のものだと言い張る。
それが聞き入れられなかったら、顔中くしゃくしゃにして地の底からのような声でぎゃーっと泣く。
 
そうかと思うところっと打って変わってキャハハと笑いだし、踊ったり歌ったり。
「にいにい、おててつなご!」とか言っている。

そして次の瞬間また何か気に入らないことがあり、今度はすねる。
すねたままソファの後ろに隠れていくら声をかけても出てこない。

そのスイッチは突然切り替わる。
スイッチのありかが分かればいいのだろうが、それが全く見当がつかない。

我が子ながら「あれ?今私地雷踏んだ??」とびくびくしているおかーさんです。


そんなふぅちゃん、最近は着る服にもちとうるさくなってきた。
よく聞きます。女子は2歳ですでに女だと。
かわいい服やピンクの服が大好きらしいですな。

でもふぅちゃん、うるさいのはそこではなく。。。
なぜかすべての服を腕まくりして着ている。ジャンパーまでも肘までたくしあげる。
そんなやる気をみせてどうしたいのか。
たまに手首のところがきつかったり、逆にゴムが入っていなかったりしてうまくまくれない服がありますよね。
そしたら泣いて断固拒否。

ふー、これはほんの一部です。

ただ最後にふと面白いことを言ったりするので「もー、ふぅちゃんったら。。。」となることが多いのですが。。。

これってもっと大きくなったらかわってくるものでしょうか?
「かわるよ」って誰か言ってください!!!
[PR]
# by kumako-93 | 2011-01-19 00:43 | 育児

最近の王子様

最近の子供たちの様子。

王子様
相変わらずポケモンに夢中。
この前外を歩いてて王子様が駐車場の上がったり下がったりするバーを触ろうとしたので触ってはダメと注意したら、「どうして?」と。
詳しく説明するのは面倒だし子供が触っただけで壊れたりするかどうかもよく分からなかったため適当に「ビリっとくるかも。」と答えてみたら
「えー、これ電気タイプなの?」と。
思考回路がすべてポケモンワールドになっているらしい。
ちなみに王子様自身のタイプは「水とノーマル」(自分で設定)。ふぅちゃんはドラゴンで防御が強い。これは当たってます。

ポケモンバトリオというゲームセンターなどにある子供用ゲームにもはまっている。一応回数は決めているけど多分頭の中半分以上はこのゲームで占められているでしょう。。。

12月ごろから朝マラソンをしている。マラソンと言っても家で待っている私がついつい「早っっ!!」って言ってしまいそうになるくらいすぐに戻ってくるんだけど、寒い朝に毎日外に出るだけでも意味があるのかなと。人に言うと「偉いね~」って絶対言われるんだけど、ちょっと裏があり・・・。7回走ると1個パック(ポケモンのゲームで使うコインみたいなもの。それをゲーム機にスキャンさせて機械と対戦させる)を買ってもらえるのだ。おとーさんもゲーム大好きな人だから、パソコンで色々探して一緒になって集めている。一応高価なものは買わないという約束はしているけれど。

テレビが大好きで見ていると夢中になってしまい、私の声が聞こえなくなり怒られることがしばしば。何度も何度も見たことのあるものになぜそんなに夢中になり、毎回毎回大笑いできるのか、おかーさんには理解できないよ。。。

言葉はずいぶんと上手になり、ついに先日言葉の教室を卒業しました!
3歳前後でやっと単語が出始めて、それからも発音できない音があったりしてずいぶん私も悩みました。でもあれは、今となっては意味があったことだと思っています。

臆病なところは基本的には変わっておらず、まだ色々できないことや食べられないものもあるけど、その中でも少しずつ進歩はしていてちょっと高いところからジャンプしてみたり、経験のないことでパニックになるということも少なくなってきた。

先日転んで歯が抜けて、笑うとすごく間抜けな顔になってしまったんだけど、そのころから少しキャラにも変化が。しょうもないダジャレとか、ふざけて変なことを言ったりするんだけどそれが全く面白くないんですよね。。。
しかも「おかーさん、面白いこと言うよ~~」って自分でハードルを上げといて、売れない芸人以下の寒い一発芸。
そこで笑ってあげるのがいいのか、「それ面白くないから」とはっきり言ってあげるのがいいのか、母としてどのように接するべきなのか悩みます。(ちっちゃい悩み。。。)



長くなったのでふぅちゃんはまた次回。
[PR]
# by kumako-93 | 2011-01-15 22:47

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます


遅すぎますよね・・・。

確かに4日から仕事始めでばたばたしているのだが、更新できなかった本当の理由はこれだ!!
a0079354_21533588.jpg





















正月実家に帰って、あまりに暇だったので(実家に帰ると親にすべてお任せするため)軽い気持ちで始めた編み物。これにはまってしまって寝る間も惜しんで作り上げた渾身の1枚。
実はその前から少しずつ編んでいて、この冬は子供たちにおそろいの帽子を編んでいたんだけど。

編み物って、洋裁と違って気楽というかちょっとした時間に少しずつあみあみできるのがいい。
テレビを見ながらあみあみ。
鍋を火にかけながらあみあみ。
ただ、O型の性格なためかなり適当ではある。
途中で目数が狂ってくるのは日常茶飯事。綴じたりするのもかなり適当。
でも編んだものって伸びるから。なんとかなるのがいいですわ。
本当ならゲージをはかって糸のきつさとか編み棒の太さとかを変えなくちゃいけないらしいんだけど、そんなことしてる暇があったらさっさと編み始めたい!ということでいつも適当。
入らないってことになると悲しいので、大きめで適当、ということにしている。
そしたら来年着られるかもしれないし。。。

これは実家に帰った時にホビーラホビーレという手芸屋さんにたまたま寄ったら見本が飾ってあって「かわい~」と思い立って始めてみたんだけど。これ、自分でだったら絶対やらないデザイン&色使い。子供に着せてみると意外とかわいいっていう色合いってあるんだなあと。

必死に編みあげたのはいいけれど、編み終わるとなんか目的を失ったような気持ちになり、毎日の少し空いた間が寂しくて寂しくて。
というわけで次は王子様のカーディガンに挑戦中です。

そうそう、私の悪いところをもう一つ。
初心者なのにマフラーとかの簡単なものを編もうとはせずいきなり大作に。。。
だって使わないものは編んでも楽しくないから。。。

というわけで、またしばらく更新が滞りそうな予感です。
[PR]
# by kumako-93 | 2011-01-15 22:12 | 手作り


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧