kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

振り回される私

しばらく忙しくて更新が滞っておりました。

何で忙しかったかというと・・・


アイフォンなのですよ。。。


元々携帯サイトはほとんど使っていなかったし、そろそろ携帯も買い時だし、アプリとかで色々遊べそうだし、音楽聴くのもよさそうだし、なんかよく分からないけどとにかく楽しそうじゃないの?と軽い気持ちで買ってしまった。


買って一番驚いたこと。

取扱説明書がない。箱の底とか探してみたけどやっぱりない。考えてみたら政治家のわいろじゃないんだから、そんなとこにあるわけないか。
ネットであるらしいんだけど、パソコンの画面で見てるより本で見たほうが分かりやすい、と思ってしまった私は(ここからすでにアイフォンは無理なんじゃないかと・・・)とりあえずガイド本なるものを買いました。

普通に電話として話すのは問題なし。メールもとりあえず使えるようになって一安心。
ここでちょっと待てよ、と。
電話とメールだけなら普通の携帯以下じゃないか。
ただ画面がきれいで指でシャーっとかやるのがかっこいいだけで。

ここからがけっこう悪戦苦闘でした。
まずパソコンのメールを見られるようにする設定とかいうのがよく分からず。
ソフトバンクやらKDDIやらに電話しまくったりして。
みなさん本当にご親切に教えていただいたのですが、電話しながらアイフォンを一緒に操作するのは本当に焦ります!
「この欄にナントカカントカを入力してください」
そのナントカカントカが12ケタの数字とアルファベットだったりするとまだタップの仕方も慣れていない私は電話口で汗だく。。。
パスワードとかIDとか、なんだかたくさんありすぎてどれがどれか分からない。
けどまあ色々な人に助けられ、ようやくメールチェックできるように。

あとやりたかったのは、着信音の変更。
アイフォンって着メロがしょうもないんですよね。今時びっくりするくらい。
自分の好きな曲から作ることはできるのですが、それにまた一苦労。

子供たちと遊ぶために魚を飼うアプリをダウンロードしてみました。
最初は面白がって遊んでいた子供たちですが、そのうちに二人で取り合いをし、最後には飽きて私一人でお世話したり魚の売り買いをしたり。

大失敗がひとつ。

とりあえずこのピカピカの本体を皮脂とかで汚したり傷をつけては大変と、ネットでケースを注文した。届いたケースを早速本体に装着!とやってみたのだが、なんかフィットしない。後ろが浮いている状態で側面のボタンが押せない。こんな風にやるの、なんか違う気がするなあ、とは思いつつ思いっきりぎーぎー押してみたけど入らない。
「何これ!?不良品やんっっ。電話しなきゃ。」と思ったけどすでに夜中。
明日仕事が終わったら電話してやろうと鼻息も荒く職場でその話をしたら
「それってもしかしてアイフォン3Gのケースじゃないですか?ちょっと形違いますよ」と後輩。
「え~、でも画面のここに(上のところ)3Gって書いてあるよ!」
「それは電波のことじゃないですか・・・」(唇の端で冷笑する後輩)


「こいつにアイフォン持たせるの、絶対間違い・・・」
と思われた私でした。。。

a0079354_0361578.jpg
[PR]
# by kumako-93 | 2010-09-01 00:36 | つぶやき

暑すぎる夏

子供たちがいなかった数日間。
得体の知れない喪失感に苛まれた私。

やっぱり私には子供たちがかけがえのない存在だったんだ・・・なんて。。。



あの日々はいつの日のことだったのでしょうか。



確かに感じた喪失感はいずこへ・・・。
再会して1週間も経たないというのに、
「暑い、うるさい、面倒くさい」

いつものおかーさんに戻ってしまいました。


大体、この暑さが悪いんだ。
こんな環境でいつでもニッコリ優しいおかーさんがいたら連れてきてほしい。(けっこういらっしゃる?)
あまりに暑くて当然外では遊ばせられぬ。
どこかへ行こうにもホームのあのバラストの照り返しでむっとした暑さを想像すると電車で移動も行きたくなくなってしまう。
最近ふぅちゃんが難しいお年頃に突入したので、下手したらこのくそ暑い中、移動中ずっと抱っこという惨事になりかねない。
実家に帰省中なので適当な遊び場が分からない。
夏休み中に「みなしごハッチ」の映画を見に行こうと言ってたんだけど、どうやら去年のアンパンマンで怖かったということを思い出したらしく、直前になって「絶対行かない」と。
もー、アンパンマンなんていつもワンパターンの展開なのに何が怖いというの。。。

色々検索してみたけど、
・ 子供が楽しい
・ 親が楽
この2点に重点を置いて探してみたところまだ最適な遊び場は見つかっていない。

家に帰るまでに見つかるのだろうか。。。
[PR]
# by kumako-93 | 2010-08-19 23:55 | 育児

ネグレクト!?

ふぅちゃんが夫と神戸に行く日、私は仕事が休みだったので半日ふぅちゃんに付き合ったのだが、お昼ご飯作るのも面倒だし、図書館に本を返しに行くついでにお弁当でも買ってくか、とスーパーに立ち寄った。

ふぅちゃんが食べたいと言った納豆巻きと焼きそばの入ったお弁当。
子どもたちがいないから隠れて食べることもないカップ麺も買っちゃえ。
カップ麺と言わず、今夜はジャンキーにスナック菓子でも食べてやろう、とすっかり抑制がとれてお買い物。
生鮮食品はもうすぐ私も帰省するから買わなかった。

レジに並んでふと自分のかごを見ると
お弁当、スナック菓子、カップ麺、子どものおやつ。

例のいたましい事件がつい先日あったばかりなので
「私、もしかして虐待と思われる?」
とかごを隠すようにレジを済ませ、いつもよりやさしくふぅちゃんに話しかけた私。

違いますよ~~。

ま、かなり怖いおかーさんには違いないだろうけど・・・。
[PR]
# by kumako-93 | 2010-08-15 00:32 | 育児

粘着質な母性

夏休みが同じ時期に取れなかったため、kumako家は時間差で神戸に帰省することにした。
まずは王子様が月曜日におじーちゃんおばーちゃんと一緒に。
水曜日に夫とふぅちゃんが帰省。
そして金曜日の午前中の仕事を終えた私が最後に。

そうすると、私水曜日の夜から金曜日合流するまで、なんと・・・なんと・・・




自由だ。。。


そのプランが決まってから私、すごくすごくこの自由の日が楽しみで、何をしようかななんてウキウキ考えたり、早速友人と飲む約束をしたり。
すごく楽しみにしていたんですね~。
母性は持っているけど、あまり粘着質じゃないと思ってて。
仕事のときなんか、夕方終わるまで子どもたちのことを思い出すことは正直あまりない。
終わって「あー、今から晩御飯の準備どうしよう!!」って思うくらいで。


それなのに、王子様が行ってしまったあとのこの喪失感って何・・・??
考えてみたら、私が子どもたちを置いて仕事とかちょっとお出かけとか、そういうことは何度もあって子どもがいなくてさびしい、なんて思いはしたことがなかったんだけど、そういえば子どもが私をおいて行ってしまうということは今までで初めてで。

時間がなくて見られなかった海外ドラマとかをビール飲みながらゆっくり見てても全然楽しくない。

さびしくて王子様に電話をしたらひとしきりおしゃべりした後
「もうお話しすることがないからこの辺で切るね」
とあっさりガチャ。

水曜日にふぅちゃんが行ってしまったあとなんかもう私ぐだぐだ。
職場の街灯に買ったばかりの車をぶつけるわ、夜は一人飲みでうたた寝、気がついたら夜中で、何もできなかったことに後悔しつつもう一度寝て起きたら朝の9時過ぎでびっくり。
幸い早く行かなくてもいい日だったので助かったが、なんかとにかく普段だったらありえない失敗を次々に。

家族っていう抑制はけっこう必要なんじゃないかと思いました。

大体もし一人暮らしなら、掃除や洗濯、もちろん料理もしないだろうなあ。
適当につまみを買ってワイン飲んで半裸で寝る生活だろう。


一方子どもたちは、特に王子様は私がいなくても全然平気で、むしろ怒られる人がいないから羽根を伸ばしまくってたみたい。
「オレが」とか「おーい、○○するなよ」などとすっかり男になってました。

ただ、久しぶりに子どもたちとみっちり過ごした私は、寂しさはないものの疲れてぐったり・・・。
あー、この中間くらいがいいんですけど・・・。

a0079354_011998.jpg
[PR]
# by kumako-93 | 2010-08-15 00:19 | 育児

夏休み 経過報告

夏休みですよ、夏休み・・・。

子供は毎日毎日遊び倒して真黒になり元気に過ごしているが、私は日一日と疲労感がたまっていくのが分かる。
幸いおばあちゃんが来てくれているので楽ではあるが、それでも仕事から帰ると二人が「おかえり~~」と出迎え、そこから息つく間もなくおしゃべりが始まり、時にはけんかし、眠くなるとハイになり眠るまでの数時間を共にするだけでぐったりしてしまうのですよ。。。

特に王子様、すごいおしゃべりで一言一言に力を込めて話すので、聞いているだけでなぜか疲れてしまう。
ふぅちゃんはふぅちゃんでどこで覚えてきたのか「ガク~~!」「行ってらっしゃいウンチ!」「ダメ!」「い~や~だ~~」などを連発。

a0079354_022716.jpg














ほとんど毎日やっている水遊び。
イチゴ好きなふぅちゃんのためにイチゴ柄の水泳帽を買ったんだけど、なぜか給食のおばさん風。
一緒に遊ぶのはおばあちゃん。
レストランごっこでプールの水を「ハイ!おこさまランチです!」と言われ食べるふりをしたり、意味もなくあーでもないこーでもないとお水をジャージャーやっているのにほぼエンドレスで付き合っている。

私は将来ふぅちゃんに
「仕事があるから夏休み来て」
って言われても、丁重にお断りしようと思います。。。
[PR]
# by kumako-93 | 2010-08-08 00:09 | 育児

ドクターイエロー!

ドクターイエローを間近で見てきた王子様。
a0079354_2362933.jpg















一年に1回この時期にJRの工場が一般公開されるらしい。

うんと早起きしないと人数制限されて入れないかも、ということで6時台の新幹線に乗って出かけて行った。
いつも朝寝起きが悪くてずっとごろごろしているくせに、その日はシャキーンと目覚めて張り切っている。いつもこうならいいんですけどね~。

家に帰ってきてから「どうだった?楽しかった??」と質問攻めにしたが、本人はあっさりしたもので。
ドクターイエローが見られたのはうれしかったみたいだけど、それがどれだけ価値のあることかというのがイマイチ良く分かっていない様子。帰りに行った品川の水族館の話をたくさんしてくれた。
暑かったしね・・・。

私が見てみたかったなあ。。。
[PR]
# by kumako-93 | 2010-07-26 23:12 | 育児

嗚呼夏休み

イヤほんまに暑いですな~。

先日昼間車で移動する際、車の温度計が49度をさしていて絶句。少し走ったら47度に下がってました。
夫の車なんて、ギア(っていうんですかね?パーキングとかバックとかに入れるやつ)の縁(ギアが入っている穴の周りでPとかってかいた板がはめこんでますよね)がそれごと外れたらしいです。元の位置に置いて上からゴンゴンって叩いたらまたハマったと言ってましたが。。。大丈夫かい。

まだ7月というのにこの暑さ。

そしてさらに夏休み。。。。。。。。

仕事してて本当に良かったと思える瞬間です。。。
夏休み一日目は幸いというか不幸にしてというか、私がお休みの日で子供たちの時間を満喫したのですが、一日目にして「夏休みって無理・・・」とつくづく思ってしまった。
王子様くらいになると大体話も通じるし、まあまあやりやすいんですけどふぅちゃんが・・・。
時々極悪人の顔になってます。
自分のもの(と自分で思いこんでいるものを含む)を王子様が触ったりすると
「ダメ~!」
あと「イヤ~!」「いらない!」なんかも言えるようになってきた魔の2歳児。
面倒なお年頃です。
調子のいい時はけらけら笑って面白いんですが、ひとつ気に入らないとギャーって般若のようなお顔で怒りだす。その境目がまさに紙一重で。。。

普段は物の取り合いをしたり、「ふぅちゃんが悪いんだよっ!」って言ったりすることもあるけど、私がふぅちゃんに怒ったりすると王子様は必ず「おかーさん、ふぅちゃんに怒らなくていいんだよ。」となだめ役。

夏休みを無事の乗りきっているおかー様方を心から尊敬申し上げます。。。
[PR]
# by kumako-93 | 2010-07-26 16:28 | 育児

初キャンプ

初キャンプに行ってきました。

正確に言うと大人になってからは初キャンプ。
子供の時は時々行ったものです。

でも覚えているのは朝ごはんに母がカセットコンロで作ってくれるフレンチトースト。
不思議とテントの事とか夜ごはんの事とかは全然覚えてなくて、母が地面にしゃがんでフレンチトーストを焼いている背中だけが思い出される。


王子様の幼稚園のお友達3家族でキャンプへ。
キャンプ場も1時間足らずで行けるのです。

参加するのはうちが家族4人、あとの2家族は両方お父さんが仕事で来られなかったのでお母さんと子供一人ずつ。
しかもうちの夫も土曜日の仕事を終えてから遅れてくることになったので、先発隊は私ともう一人のお母さん(やっぱりキャンプ初心者)、そして子供たち3人。


早めの昼食を食べていざ先発隊はキャンプ場に。
連休ということもあって、キャンプ場はほぼ満員。
全員初心者で道具を持っていないため、『手ぶらでキャンプ』というのをレンタルしてみた。
キャンプ場に着くと半分くらいのグループがすでにテントを設営している。
見るとレンタルは私たちくらいで、ほとんどみんな2ルーム一体型の立派なテントを持ってらっしゃる。
とりあえず借りてはみたものの建て方もよく分からないし、子供たちも見ていないといけないしでなんだかとっても頼りない私たち。暑さと焦りで汗だかなんだか、変な汁がだらだら出た。見かねて施設の方がほとんどやってくださった。

とりあえずテントとタープは出来上がった。
ここでお菓子でも食べながらお茶を…と言いたいところだけどそろそろ夕飯の準備も始めないといけない。
あれこれ手際悪く準備していたら施設の方が「今日の夜から雨が強いらしいです。」と。

スクリーン付きの立派なタープだと少々の雨でも大丈夫だろうが、私たちが借りたタープでは大人4人子供4人が雨に濡れずにご飯を食べることなど到底無理だ。
子供たちはウロウロ歩き回るだろうし。

仕方なく、ここまで来て邪道だけど保険で借りておいたバンガローのテラスに移動しそこで夕飯を食べることに。

夕飯はBBQとカレー。
ま、王道ですな。。。

なんとか無事出来上がって、食べるころに強い雨と雷が鳴り出した。
ちょっと小高い場所にあるバンガローのテラスで雨にも濡れず見下ろすとたくさんのテントが見える。この雨の中、彼らはどうやって過ごしているのか。。。やっぱりあの2ルームのテントが欲しいっっ。

BBQ、カレーもおいしくできた。
寝る時間になって少し小降りにはなってきたが、やっぱり雨は続いていたので全員バンガローで寝ることに。
ゲジゲジがちらほらいたけど見えないってことで。。。

子供たちを寝かせてから母親3人で酒を飲みつつ語らい。
この時間が一番楽しかった。。。
子供の事やら仕事の愚痴やら。

翌日は梅雨も明けて快晴。
朝から暑い。

前日も泥んこになって遊び疲れていたはずの子供たちだが、日が変わるとリセットされるらしく朝から元気いっぱいで遊んでいた。
親は朝ごはんの準備と昨夜雨でほとんどそのままになっていたものの片づけ。

夜の間に雨宿りに来ていた無数のゲジゲジたちを見ないふりしながら雨にぬれたキャンプ道具たちをやっとのことですべて片づけ、チェックアウトをしたらもうお昼前。
前日大雨でシャワーにも行けなかったので近くの日帰り温泉に立ち寄った。

予定ではもう少し遊んで帰る予定だったんだけど、前日からはしゃぎまくってさすがに皆疲れたらしく、お風呂に入って隣の公園で少し遊んでから家路に着いた。
ふぅちゃんは帰りの車の中で寝てしまい、そのまま朝まで。
本当に疲れたのだろう。

『大自然に抱かれ日頃のストレスから解放される』というコンセプトには程遠かったけど(子連れでそれは無理だと分かった)、ちょっと思い描いていたものとは違ってしまったのでもう一度リベンジしたくなってきた。
ただどうやらそう思っているのは私と子供たちだけのようで。。。
働かされてもう嫌だと思ってる人に反対されそうです。。。
[PR]
# by kumako-93 | 2010-07-21 00:01 | 育児

できない奥さんが欲しいもの

毎日忙しいながらもなんとか生きてます。

今の私の仕事は週に2日が半日(といってもたいてい午後までかかるんだけど)、後の2日が5時過ぎまで、平日一日と土日がお休みというシフト。

フルタイムと比べると当然時間に余裕があるはずなのですが、フルタイムの人ってどうやってやりくりしているんだろう?と本当に疑問に思ってしまうくらい毎日毎日バタバタで、子供たちを食べさせるのがやっとという感じ。

時間的にはしんどいし仕事の責任感というか緊張感はすごいけど、子供が生まれてからほとんど家にいて、「今日日本語の通じる人と話してない・・・」みたいな日々が続いていたことを思うとなんだか「生きてるな~~」という充実感があって楽しい。

ただどうしてもおろそかになるのは家の掃除で。。。
王子様に「大きくなったらお掃除してくれるロボット作ってね。」と言ってみた。
ちょっと前に購入したルンバ君は、お掃除好きの夫の手下として働いていたが、バッテリーの調子が悪くて、換えてもすぐに動かなくなっているらしく。。。労働条件の改善を求めるストライキか!?
ルンバ君、働きものだったけど正直掃除機だけじゃなくてお片づけもしてほしいな・・・。

あとご飯の用意もついでにしてくれたらなお良い。

神様仏様、今年の誕生日のプレゼントに『できる奥さん』が欲しいです。
ひとつよろしく。
[PR]
# by kumako-93 | 2010-07-18 22:14 | つぶやき

親バカ劇場

『魔の2歳児』とは本当に言い当てたもので・・・。

2歳の誕生日の少し前あたりから急に難しくなってきたふぅちゃん。
なんでも自分でやりたくて、でもできなくて「ギャー!」。
自分のもの(と自分で思っているもの)を王子様が持とうものなら遠くから走ってきて「ギャー!」。
なんか分からないけど「ママ―、ママー」と甘えんぼアピール。
ちょっと転ぼうものならすぐに走ってきて「ここー!ここー!」と痛いアピール。(「痛かったねーよしよし」って大げさにしてやると「オッケ~~」と軽ーく言ってまた走って行ってしまいますが)
ご飯も食べむらが出てきて、ほとんど食べないことも。おやつは100%食べますが。

とにかくちょっと気に入らないとギャーギャーうるさいので王子様に我慢してもらうこともしばしば。

でも考えてみたら、王子様も突然ご飯を食べなくなったり、こっちがダメということばかりしたり、すぐにギャーギャーうるさかったのは今のふぅちゃんと似たような感じだったかも。
そうすると、4歳とか5歳になると王子様のようにやりやすくなるんですよね、きっと。

そう思って王子様に
「ふぅちゃん、今はごんたさんを言う年頃だけど、王子様ももっと小さい頃はそうだったから、もう少しするとお利口になるんだよね。それまで少し我慢すればいいのかな。。。」
と言ってみたら(半分は自分に言い聞かせた)
「ふぅちゃんの面倒はボクが見るから、お母さんは大丈夫だよ。我慢しなくてもいいからね。」
と。。。

ちょっとっっ、奥さんっっ!
聞きました??

こんないい子に誰が育てたんでしょ。
親の顔が見てみたいというもの。


仕事も育児も大変だけど、こういう瞬間に癒されます。


ところで王子様、申し出の通り『魔のふぅちゃん』のこと、全面的にお任せしていいでしょうかね。。。
[PR]
# by kumako-93 | 2010-07-01 00:53 | 育児


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧