kumako's diary


王子様6歳、ふぅちゃん3歳。
by kumako-93
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:テレビ ( 5 ) タグの人気記事

恋の記憶

昔から好きだったんだけど、またはまりかけてます。

それは・・・、海外ドラマ。
ちょっと前には韓流が流行っていたが、それは1つもみていない。

思い起こせば、始まりは『ビバリーヒルズ高校白書』。
見始めたのは確か、大学生の頃。
周りにコンビニが1軒ある他は見渡す限りの田んぼ地帯で大学生活を始めた18歳の春。
飲み会といえば誰かの家に集まり、学校が終われば車の教習所に向かう。
そんな憧れのキャンパスライフとは程遠い生活を送っていた私にとって、高校生にしてなんでもありのビバヒルがなんと輝いて見えたことか・・・。

あの頃は純粋なのもあったと思うんだけど、次の週が楽しみで楽しみで仕方なかった。


今見ているのは『The OC』というドラマ。
ポスト ビバヒルと言われているらしい。
それは言い過ぎと思うけど、出てくる人みんな初々しくて笑っちゃうくらいだ。
お互い好き→会うと気持ちとは裏腹に喧嘩→後悔→・・・
今第9話まで見たが、結局はずっとそれの繰り返しだ。
思わず「またかよ!」って突っ込んでしまった。
主人公はビバヒルのディラン並みにかっこつけだし、「そんなやつおらんやろ~」っていう突っ込みどころは満載で、日本のドラマだったら恥ずかしくて見てられないと思うんだけど、海外ドラマはなぜか許せてしまう。
ただ、あまりにすれ違いが多すぎて話が全然進まず、主人公達がうまくいくまで私がお付き合いできるかどうか・・・。ビバヒルの場合はもうちょっと展開が速かったしいろんなことが起こって面白かったような気がする。

でもなんか、若いっていいですね。
恋ってこういう感じだったんだわ。。。

ちなみに私はビバヒルの中ではブランドンが好きでした。
[PR]
by kumako-93 | 2007-07-03 23:50 | つぶやき

告発

私昨日見てしまいました・・・。

毎朝見ている「おかあさんといっしょ」の中のコーナー、「音の研究所」。
ゆうぞうお兄さんとしょうこお姉さんが音の博士に扮して子供たちにクイズを出すあれだ。
あれ、時々大人の私にも難しいことがあったりする。
でも子供たちは鋭い観察力で毎回正解するのだ。
しかしそれが「やらせ」だったことが判明。
昨日はすずめの鳴き声をあてるという比較的簡単な問題であったが、子供たちはまず写真を見てすずめだということがいまいち分かっていない様子であった。
でもあの角度からの写真だと、私も「すずめ?」っていうくらいにしか分からなかった。
正解は黄色の箱だったのだが、ゆうぞう博士が「さあ、みんなで大きな声で何色の箱か言ってみよう!」と言ったときにちょうど体操のお兄さんが画面の端に移った。
その口は音声は発していなかったが間違いなく子供たちに向かって「きいろ、きいろ」と言っていた。
答えを教えていたのだ。
確かに毎回毎回正解でおかしいとは思ったが、体操のお兄さんが教えていたなんて・・・。
せめて画面には映らないADの人とかにしてほしかったわ。

夫に「たいへん、たいへん!!」と報告すると、「そんなん当然じゃない。絶対教えてると思ったよ。」と特に感動はなし。
そうしないと番組が進行しないとのことだ。

教えるくらいならもっと簡単な問題にして子供に考えさせればいいし、みんなが正解しなくてもいいのに。。。
あの『ヤッターマン』でさえ「ブタもおだてりゃ」の悪者(名前なんでしたっけ?)に負けたことがあると私は記憶している。

薄汚れた大人の世界を垣間見てしまった永遠の少女、kumakoなのでした・・・。

送信してから思ったんですけど、ホントどうでもいい話でした。
[PR]
by kumako-93 | 2006-11-07 23:23 | 育児

小ネタですけど・・・

面白い記事があったので。

出身地を推測できる「ばんそうこう」

そういえば子供のとき絆創膏のことなんて呼んでたっけ。
やっぱりバンドエイドかなあ。

私は18まで神戸に住んでいたが、その後は大学で北陸に行き、北関東へお嫁に来た。
父は北陸で母は京都で育った。
夫は北関東の出身で、学生時代を東京で過ごした。
兄は学生時代を北陸で、その後北海道、沖縄と転々としている。
北陸の大学でも、地元出身の人は少なく、日本中のさまざまなところから集まっていた。

だからなのか、ばんそうこうとも言うし、バンドエイドとも言う。サビオとも呼んでいた気がする。キズバンもカットバンもなんか聞いたことがある。さすがにリバテープとは言わなかったが。

地図を見てみると、北陸はばんそうこうなので、父が言ってるのを聞いていたのかもしれない。
でもどうして奈良はぽっかりそこだけリバテープなんだ?

赤ちゃんの夜泣き薬は『樋屋奇応丸』。
カンムシシシハキコマッタナ~♪ヒヤヒヤヒヤノヒヤッキオーガン♪
大人になってからやっと意味が分かった。

ちなみに、仏壇は「お仏壇~の~浜や~~♪」っていうのが普通だと思っていたが、夫に言わせると「おぶつだん~は~はせがわ~~♪」が常識だそうだ。
でもこれ、微妙にメロディーというか調子が似ている。
こういう波長を聞くとお仏壇を買いたくなるのだろうか。

昔好きだった『探偵ナイトスクープ』という番組で、アホとバカの境界はどこか、というテーマで取材していて、確か愛知県のあたりでここの家はアホだけど、隣はバカで、ここが境界だ~という結論に至っていた。
けっこう面白くて、確かその年の放送なんとか賞なんかを受賞していたと思う。
あの番組、毎週見てたけど、小枝のパラダイスシリーズっていうのが特に好きだった。
もしかしてそっちでまだやってます?
関東ではたぶん放送していないと思うんですけど。

こういうどうでもいいことを追ってる人って仕事が面白いだろう。
ピタゴラスイッチの仕掛け作ってる人とか。
[PR]
by kumako-93 | 2006-09-22 12:17 | つぶやき

捕らぬタヌキの・・・

みなさん、子供のテレビってどうされてますか?

乳幼児に長時間テレビを見せると言葉が出るのが遅いとか、テレビ脳なんていう言葉もよく聞いたりする。日本小児科学会もテレビを長時間見せないようにという呼びかけをしているらしい。

うちもなるべく見せないようにしているが、家にいるときは朝の『おかあさんといっしょ』と夕方の『ゆうがたクインテット』は見せている。

朝は自分の化粧の時間、夕方は夕飯の準備のためである。

お兄さんとお姉さんの歌を聞かせつつ、急いで化粧をしてぱわわっぷ体操は私も参加。(むすこは参加しないが)スプラッヒスプラッハも全力で踊る。
この前夏休みの企画化なにかで、舞台の上に子供と親を呼んでズーズーダンスをするというのを見たが、親が恥ずかしがってちょろちょろっと手を動かしているくらいだった。
「そこーーっ、そんなんじゃだめだぁーー!!」とテレビに向かって叫んだ手前、いつ壇上に呼ばれてもいいように毎日練習を重ねている。
親が『サッカーするカラス』を一生懸命踊っている横でクールに画面を見つめる息子。
動きが大きくて、時々息子を蹴飛ばしてしまったりする。

テレビを一心不乱に見つめるあの顔を見ると、『テレビ脳テレビ脳テレビ脳』ということばがスクリーンセーバーのように私の頭の中をめぐり、焦ってしまう。
最近知恵がついてきた息子は自分でリモコンをいじってつけたり、これから意思表示がはっきりしてきたらもっと見たい見たいで大変なんだろうなあ・・・。

私も小さいとき親からテレビを制限されていた。私が今すごくテレビ好きなのはその反動だと思う。
うちは家族4人がそれぞれ1週間に1時間ずつという持ち時間を与えられていて、お父さんは大河ドラマで1時間、お母さんはクイズ面白ゼミナールで1時間、私と兄は30分ずつ相談して決めていた。
どうしても見たい番組があったりすると、自分の部屋でこっそりラジオでテレビ放送の音だけ聞いたりしていた。アンテナの微調整が必要で、けっこう難しい。
北朝鮮のスパイのようだ。


そうそう、うちの息子、ゆうがたクインテットのクラシックの演奏が終わると誰も教えていないのに拍手をするんです。

サッカー選手じゃなくて、ピアニストにさせるかな。
でもピアニストって儲かるのかしら・・・。
私が演奏会のチケットとかさばかないといけないのかしら?
[PR]
by kumako-93 | 2006-08-31 21:38 | 育児

邪念多き母

ついに歩きました!!
歩いたというか、前方に倒れこむときに足が左右に動いた、というようなよたよたした歩き方だったが、確かに3歩歩いた。

来週はもう誕生日。
この1年、早いような遅いような。
正確に言うと、6ヶ月くらいまでは時計の秒針の音が聞こえそうなほど時間が経つのが遅かったが、それ以降はあっという間だった。


子供にテレビを見せるのはダメだと一般的に言われているらしいが、うちは朝と夕方子供向け番組を見ている。
そうしないと家事ができないし、夕方はぐずぐず言いかけるのをまぎらわすため。

朝は「おかあさんといっしょ」を見ているのだが、私は色々なことを考えてしまう。
「お兄さんとお姉さんはホントに仲がいいのかしら、仲が良すぎて実は付き合ってたりしないのかしら」
「みんながぱわわっぷ体操で踊っているときに、後ろのほうでかたくなに踊ろうとしない数人の子が気になる~~」
「お姉さん、こう見えてけっこう年とってるんじゃないかしら」
「休憩時間、裏でタバコとかふかしてるんじゃないかしら」
等々である。

息子は私と違って素直ないい子に育ってほしいものだ。
[PR]
by kumako-93 | 2006-07-14 16:56 | 育児


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
マイクロダイエット始めま..
from 面白いモノ見つけた!!!
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
少女が豊胸手術を決意する..
from 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
不思議な自動販売機
from マイ・つるかわ・生活~鶴川住..
■世界最強の金儲けパック!
from ■世界最強の金儲けパック!
ベビーザらスでスリングを。
from ベビーザらスを子育てに有効活..
みんなちゃんとイカせてる..
from 女性をイカせるセックステクニック
少女が豊胸手術を決意するとき
from 茨城高三の日常ブログ
やわらか戦車 (日本のメ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧